スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

四万たむら 館内潜入レポ

四万温泉の老舗旅館のひとつ、『四万たむら』

今回は、館内をご案内しましょう。

フロントではなく【帳場】と呼びたい
たむら帳場

かやぶきの玄関を入ると、土間でまず靴を脱ぐ。

下足の係の方が靴を預かってくれて、畳の間へ。

そこが、この帳場のあるスペース

木造家屋のしっとりとした空気感に高い天井のゆとり。

正面の和室には、季節の飾りとして、私が行ったときには雛人形が飾られてた。


たむら木造部分

その和室をぐるりと板張の廊下が囲む。

この光景を懐かしいと思えるのも、どの世代までになるだろうか?

今や、このような旅館にしか、和風建築は残されていないのでは、と心配になる。


「四万たむら」でも、日本建築の部分はエントランスのみで、他の部分は鉄筋建築。
じゅうたんやフローリングをスリッパで歩く。
増改築を経て、かなり大型化しているため、やむをえない。

防火の立場から、新築としては大型の木造建築を認めていないから。

ロビーから宿泊棟への通路の天井には木造のムードを取り入れていた。

たむら天井 部分

四万たむらのお風呂は館内のあちこちに数多く作られている。

姉妹館の「四万グランドホテル」とも、お風呂を共有しているため

2館の間で「たむらの森・湯めぐり」ができる。

全部オープンしている場合で10箇所もある。
(よくある、「湯船の数」ではないですよ。大浴場の数が。です)

総湧出量毎分約1,600ℓという豊富な湯量があってこその、
ぜいたくなかけ流しの湯を楽しめます。

『森のこだま』 一番人気の露天風呂
たむら露天風呂森のこだま

たむらの一番奥にあるお風呂で川に面して作られている
ムードたっぷりの露天風呂

弁天の滝を眺めながらの景色がステキですね。

この写真は女風呂からの景色です。
残念ながら、男風呂には入れないので自分で撮った写真が無い。

男風呂のほうがお風呂も大きいしいい景色なので、
四万たむらさんのページから借りてきました。
こちらも見てみてください。

森のこだま男

新緑の光の中での入浴もステキ。

今度は、グリーンシーズンに。と思います。


森のこだま脱衣所

『森のこだま』のネーミング通り、脱衣所も木をふんだんに使った脱衣所

夜明け前の図。です。

『甍の湯』
 最も規模の大きな大浴場
たむら甍の湯

湯船はもちろん、洗い場から脱衣所まで、たっぷりのスペースを持つ メインのお風呂

なんと男湯が1階、女湯が2階の2層吹き抜けの構造になっている。

エントランスの前の木製の大階段が気に入りました。

木のぬくもりは、湯上りにやさしいですね。



四万グランドメルヘンの湯
四万グランドメルヘンの湯

モノトーンのように写っていますが、白黒写真ではありません。

湯船も意外と大きいので、かなりゆったりと入れます。

人がいないときを狙っているため、夜中です。
だから、外が真っ暗ですけれど、本当は唯一景色が眺められる展望風呂なんです。

四万グランドホテルの7階にあります。

お外が見えるお時間帯にお入りください。


で、どこが「メルヘン」かといいうと・・・入り口に7人の小人がいたりですね~。
なんだか、そんな程度のメルヘンさなんですよ。う~~む。


全部のお風呂は紹介できませんでしたので、あとは、ご自身でどうぞ。

お問い合わせは トラベルユアーズへ(*^▽^*)


まだ雪景色かい?!と、お思いでしょうが、
banner_21.gif ←ご協力くださるとうれしいです。
スポンサーサイト
2010-03-27(Sat)
 

貸切風呂の贅沢

日本人は世界一の≪お風呂好き≫ でしょう。

今回は 『貸切り風呂の贅沢』 の すすめです。


貸切ジャグジー1

やわらかく、魅惑的な光を放つお湯の美しさ

静岡県 舘山寺温泉 『鞠水亭(きくすいてい)』 さんの 貸切風呂 ゆらら から

『たわむれの湯』  ジャグジーの露天風呂をご紹介します。

貸切ジャグジー

スパ浴槽メーカーとして世界トップの 「Sundance Spas(サンダンススパ社)」 の

本格ジャグジーを採用

この規模(宿泊者数200人以下)の旅館さんで、これだけのスパを持っているところは

そう多くないはずです。

世界の一流リゾートホテルで 有料で入る「SPA」のレベルです。

貸切ジャグジー湯船

4人で入っても充分な広さの贅沢な湯船 

ジェットで、多彩なバリエーションの水流が楽しめます。

かなりすごいパワーの水流なのです。

この写真だとわかりにくいかもしれませんね。すみません。 
実際に体験してみてください。^_^;


貸切風呂脱衣所

脱衣スペースもオシャレで手を抜きません。

カウンター上のライトは湯船のそばまでお持ちください。


貸切風呂アメニティ

アメニティーも考えられています。

お風呂の鍵の手書き文字が素朴ですね。

貸切ジャグジー2

実際に貸切風呂体験をしてきました!

湯船からの目線で撮ってみました。 (ちょっと湯気でくもっています)

LEDライトがさまざまな色に変化し、「滝」を彩ります。


ジャグジーの湯jpg

お湯の中が宇宙空間みたいです

本当に広いでしょう?

これを一人占めは、あまりにも贅沢だと思いました。

50分 2,100円

4人なら一人500円の贅沢 

これは、それ以上の価値があると言えるでしょう。 お勧めです。


最近、露天風呂つき客室が大変な人気なんです。

そういうお部屋をご用意している旅館さんもすごく増えました。


でも、そういうお部屋は 通常客室より数千円からあるいは万単位で 宿泊料金がお高い!

それは、特別なお部屋なのですから、当たり前です。


でも、こんな、貸切風呂なら、一般客室の方でも、平等にご利用いただけますね。

しかも、「鞠水亭」さんのような貸切風呂なら

普通の旅館さんの「露天つき客室」についている風呂よりも、

もっと 大きくてずっと贅沢なお風呂にお入りいただける訳です。


貸切風呂の贅沢。 ぜひ一度 お試しください。  

よい宿のご相談は トラベルユアーズへ。


ジャグジーだけじゃない。 和風のお風呂も!

続きを読む>>

2009-02-28(Sat)
 

赤湯温泉 いきかえりの宿 瀧波

20060323112430.jpg


日本の宿に泊まりませんか?

春の色濃くなりつつある最近です。
会社の窓の外でも、開花宣言に併せるように、いくつかの桜が花開き始めました。
そこで!・・・あえて、冬景色をお届けしましょう。
日本は広い。
今回お勧めの旅館さんは。まだ、雪のちらつくという東北は山形です。

実は昨日、仲良しの営業さんが現地から見えました。
ちょうどよいきっかけですので、アップしますね。


赤湯温泉 『いきかえりの宿 瀧波』 さん

これは、3月初頭の景色になります。

雪国らしい傾斜の大きい屋根
この戸をくぐると中にもうひとつの玄関があります。

20060323112445.jpg


日本の宿を守る会 の会員です。
 ↑
こちらの記事もご参照下さい。

20060323112502.jpg


本格的な庄屋造りの建物を移築し、本館部分に利用しています。
フロントから、ロビー周りはどっしりした木のぬくもりと高い天井。太い梁。
偽者(コピー)では出ないムードがあるのですね。
しばし、たたずみ。その場にとどまりたい雰囲気です。


お風呂は、源泉の湯やひば造りの湯もありますが、私がとても気に入っているのは
露天大石風呂です。

大きな石をくり貫いて庭に据えたお風呂です。
天然石のぬくもりと大きさ。とても気持ちのよいお風呂です。

写真を撮るのはちょっとできませんでしたので、紹介ページで見てね。
実際は、かなり大きいです。

20060323112534.jpg


そして、瀧波名物は朝ごはん。

毎朝、宿泊客を大広間に集めて、餅つき大会が開かれます。

お客様も途中で参加し、自慢の腕力を披露したり、
和やかムードのうちお餅がつきあがり、スタッフ総出で餅をとりわけます。
極力速やかに、全員に搗き立てお餅を配らなければなりません。
なれたものですが、手際はお見事です。

きな粉餅、ずんだもち、あんこ餅、納豆餅そして雑煮、と、餅が主役。
素朴な朝ごはんです。


20060323112644.jpg


朝ごはんの後は、お客様のご出発のラッシュとなります。
このときにはすでに、玄関先にはきちんと靴がそろえられていて、
ご出発の準備はOKです。

私は、この靴に、旅館のサービスが象徴されているように、最近思えるのです。

靴のまま部屋まで入る旅館がもっぱら、一般的になっていますね。
これは、お客様も楽かもしれませんが、宿が一番楽なのですよね。

この旅館は「建物」に価値のある宿のため、もちろん、下足は不可欠。

でも、そういう物理的なことではなく、お客様のご出発をお見送りする。
ありがとうの気持ちを表すために、靴をおそろえしますよ。
という、気持ちが伝わってくるように思えたのです。

すごく、段取りが良く、「一分足りとお待たせしません。」
という、宿ではないです。
名旅館といわれる、超高級旅館のそつのない、洗練されたサービス。
贅を尽くした豪華さは、ありません。
むしろ、「人」がやっている暖かさを見てやって欲しいな。
という宿だと思います。

話しかければ、きっと、仲良くなれる。またきてみようか。
そんな、日本の宿。

続きを読む>>

2006-03-23(Thu)
 
プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。