スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ルフトハンザ の ツル

ドイツのフラッグ・キャリア≪ルフトハンザ ドイツ航空≫は
今年2011年1月24日で日本就航50周年だそうですが、
 
ルフトのシンボルマークも 『鶴』 なのです。

1926年、会社創設以来のシンボルになっていて、
イメージ・バードとして大切されています。

ルフトハンザのシンボルロゴ

Kranich von Lufthansa,
Design: Otto Firle, 1918.


The Airbus A380 #8211; Lufthansa
AIRBUS-A380



ルフトハンザは企業活動として、1970年代以来 
ツルの保護に取り組む団体やプロジェクトを支援しているそうです。


ツルをシンボルとして選んだ理由は以下の通り

『ツルは、世界中のおとぎ話や神話で、幸運のシンボル、
  また神秘的な鳥として描かれています』


JALや日本の専売特許ではなかったんですね~。


さて、こちらの ロゴ のほうですが 
このロゴはデザインを専門にされている方からは大変評価の高いロゴデザイン

ルフトハンザのロゴ

20世紀ドイツを代表するグラフィックデザイナー、タイポグラファー(書体デザイナー)
オトル・アイヒャー(Otl Aicher) の作品

新書体ローティス(Rotis)も彼の作品です。


アイヒャーの仕事で他に特に有名なのは 
1972年 ミュンヘン・オリンピックの総合デザインでしょう。

アイヒャーは、ミュンヘン・オリンピックのデザインリーダーで、
現在では公共標識でも広く使われている絵記号(ピクトグラム)を広めたのです。

また、オリンピック・マスコットを公式に初めてデザインしたことも有名。
waldi_olympic_mascot.jpg
今では、当たり前になっている「オリンピック・マスコット」ですが、第一号はこちら。

ワルディー(ヴァルディ)【Waldi】という名前の、縞のダックスフント犬です。

ヴァルディ1972

ぬいぐるみになったり、さまざまな活躍をしてくれたヴァルディ君

この子のおかげで、『オリンピックにはマスコット』という流れができたのですね。

waldi400.jpg

といっても、ヴァルディ君は、
「等身大になって、二足歩行をしたりは決してしなかった!」

そうです。

確かに、最近のマスコットはなんか、「やりすぎ」かもしれませんね。

こういう、記憶に残るマスコットは貴重です。
確かにGoodデザインだと思います。
私も、今でも買えるならヴァルディ、欲しいですもん。

Waldi かわいいな と思ったら

どうぞご協力よろしくお願いします。

banner_21.gif ←いつもありがとうございます<(_ _)>
スポンサーサイト
2011-02-17(Thu)
 

JAL『鶴丸』復活!

日本航空は 2011年4月よりは赤い鶴をかたどった「鶴丸」のロゴマークを
約3年ぶりに復活させると発表しました。
JAL新ロゴ

「JALパック」復活に続き、鶴丸も復活! ということですね。

JALパックというツアーブランドも姿を消していたんですよ。(1991年)
富裕層や常連客向けの「I’ll(アイル)」と、一般客向けの「AVA(アヴァ)」
という2つに別れ、社名だけ、株式会社ジャルパックとして残っていました。

昨年2010年4月から 「JALパック」ブランドが19年ぶりに復活しました。

『JALブランド』そのものが、価値を無くしている昨今ですけれどね。

そこで、担ぎ出されたのが 鶴のマーク ということなんでしょう。

実は「海外で鶴丸をみるとほっとする」という往年のファンは意外に多いのです。

JAL新しい飛行機のイメージ

新デザインのイメージ・・・ですが、単に懐かしいだけ?だったりしません?

改めて見てみると、かなりシンプルで、いい感じです。

最新流行のスタイルはあっという間に古くなり、
かえって時代を感じさせてしまうものです。

たかがロゴというなかれ。です。

とは、いうものの、あまりにも、変わってなさすぎのような気が・・・

これで 『新ロゴ』 と 言ってしまってよいのだろうか・・・。

JAL旧鶴丸マークmini
ちなみに、こちら 旧ロゴの鶴丸です。


さよなら鶴丸  鶴丸使用期間 1959~2008  1989~JALロゴ変更あり



JALB787

こちらが現在使用されている航空機のデザインです。



このJALのロゴデザインには、否定的な意見が多かったのです。

JALの経営がおかしくなったのはロゴのせい!とまで言う意見があるくらい。

(実はウチの社長もそうなんですけどね。)

ジャルロゴ現デザイン
 
2004年から使用されている現在のJALのロゴです。

・Aの字が『血塗られた刀』でぶった切られていて縁起が悪い

・JALとJASの統合がうまくいかず、分断されているのを示している

   (確かに事実ですが)

・カラーリングがノースウエスト航空のものだ。(現在はデルタ航空に併合)

・尾翼の日の丸も、欠けていて縁起が悪い。 落日のイメージだ。

               等々。 散々です。


JALによると http://www.jal.com/ja/jasnews/021114-2.htm

■テーマ:
  「The Arc of the Sun (太陽のアーク)」

 ダイナミックに空に向かって上昇していくアーク(円弧)は輝ける太陽をモチーフ
 お客様に感じていただく『よろこび』の高揚感と、
 新「JALグループ」の『空への想い』の強さを意味しています。
 ロゴ書体は変革に向けての“強い意志”を表現しています。



デザインしたのはアメリカ合衆国の大手デザイン会社ランドーアソシエイツ



JAL旧ロゴ


1989年日本航空の完全民営化に伴い、新しくなった旧ロゴです。


こちらも同社の手によるものらしい。

こっちも、JALのイメージと違う・・・という印象でしたっけ。



鶴のマーク。いいね。と思った方も 今更ね。と思った方も 

どうぞご協力よろしくお願いします。

banner_21.gif ←いつもありがとうございます<(_ _)>

続きを読む>>

2011-01-20(Thu)
 

羽田空港に行ってきました ②

今年の年末はきっと多くのお客様が 羽田空港から海外へと旅立つことでしょうね。

お待たせいたしました。羽田空港国際線ターミナルのご案内です。 

羽田国際線ターミナル3F

≪3階 出発ロビー≫ 

ゆとりの空間を感じる非常に明るい吹き抜けの空間が印象的。

“すじ雲”をイメージしたドーム式の大屋根とガラス張りの開放感。

現代的な建築スタイルです。


航空カウンター国際

航空会社のカウンターですが、非常に整然として、カウンターの数がそもそも少ない。

航空券がEチケット化し、Webチェックインが増えている流れを組むものでしょう。


それにしてもカウンターに人があまりいませんね。

羽田国際線出発ロビー3F

近づくとカウンターはこんな感じ。 ↑クリックで大きくできます。

カウンターは並行に並んでA~Jまで

通路のスペースが充分とられている上に、見通しがきく構造のため、
大変すっきりしてみえます。


ロビー正面奥には≪EDOマーケットプレイス≫の4階部分とカフェが目に入ります。

商業エリアは4・5階部分になります。


羽田空港 国際ターミナルは、交通アクセスがよいのが最大のウリですが、

今回新しくオープンした東京モノレールの新駅 「羽田空港国際線ビル」

なんと、3階出発ロビーに直結!

羽田アクセスホール

≪出発ロビー アクセスホール≫

改札から、チェックインカウンターまでまっすぐ1分で到着!

なんという便利さ!


*あれれ?セキュリティーチェックは? パスポートもチェック無し?

成田空港はすごく厳しいんですが・・・。

こんなに誰でも自由に入れてしまっていいんでしょうか? と ちょっと思う。

羽田モノレール駅

東京モノレール : 
 浜松町駅始発 空港快速に乗ると「羽田空港国際線ビル」駅まで 所要 13分!
 今までの国内線のターミナルより手前に駅が作られています。
 運賃 470円

浜松町へのお帰りは2階の到着ロビーから3階ホームへエスカレーターで上がります。


京急線 : 
 品川駅 ほか、乗り入れ列車が多種にわたる為、新橋、三田、蒲田、横浜など 
 多くの駅から直結する利便性のよさがあります。

 運賃 品川からは400円    京急本線(エアポート急行)で 19分
  
 駅名は 「羽田空港国際線ターミナル」
  
 東京モノレール「羽田空港国際線ビル」と名前が異なるので注意!

 京急線の空港駅は地下2階にあります。 

ホームからロビーへは大型エレベーターを多数設置


空港エレベータ←京急さんから借りてきた写真

 ・・・してあるのですが、特にお帰りのほうは、
 エレベーターの位置がロビーのアクセスホールから見えにくい場所にあるため、
 手前のエスカレーターが目立ってしまいます。
 駅の案内係のおねえさんが懸命にエレベーターのご利用を呼びかけ誘導してやっと乗る。
 そんな光景が目立っていたりして。

  皆様、京急利用の際は、エレベーターを使ってあげてくださいね。



羽田に行くのだけど、ちょうどよかった、と思った方へ

どうぞご協力よろしくお願いします。

banner_21.gif ←いつもありがとうございます<(_ _)>

続きを読む>>

2010-12-25(Sat)
 

羽田空港に行ってきました①

羽田空港へ行ってきました。

2タミのクリスマスツリー

大きなクリスマスツリーがお迎えしてくれるのは 第2ターミナル


国際線の新ターミナルビルオープンに伴い、カウンターに変更があったり

増設部分ができていたりします。


ビル中央の円蓋のあるロビーは、第2ターミナルの顔。

羽田空港2タミ天井

以前アップした写真ですが、こんなモダンなイメージの吹き抜け。

(誰ですか、目玉だなんて思っている人は



さて、今回はニッチな需要ですが、待ち合わせに便利な情報。

出発路ロビーで直接待ち合わせするには、時計 を目印にします。


第1ターミナルビル(JALに乗る場合)

中国・四国・九州・沖縄 方面にいらっしゃる場合 
南ウイング からの搭乗です

団体での待ち合わせは、この 【1番時計】前  でお願いしています。


1タミ1番時計

団体受付けカウンターが この近くの14番カウンターになります。

今回 10番⇒14番 に 番号が変わり、
レイアウトも以前よりちょっとだけ わかりやすくなりました。

JAL団体14番

このように、JALの『団体カウンター』 は少し目立たない感じに引っ込んでいます。

グループでご旅行される 『団券』をご利用のお客様用です。

添乗員同行の場合は添乗員がチェックインするので、お客様は立ち寄る必要はありません。


旅行会社のパッケージなどの参加者は この横の16番カウンター

1タミJAL団体旅行会社用カウンター

申し込まれたツアーのツアー名とご自分の名前を告げて搭乗券を受け取ります。

このカウンターには、普通、センディングサービスの係員(多くは派遣)がいるので、
JALカウンターですが、JALの社員ではないケースがほとんどだと思います。


北海道・東北・北陸・近畿 方面に向かう方は、 
右手の 北ウイング
お待ち合わせは 【7番時計】 前 でお願いします。

団体カウンターは 78番  ツアーカウンターは76番です。



第2ターミナルビルANAに乗る場合)

2タミ1番時計

こちら、 1番時計 です。

この奥は 羽田エクセルホテル東急

ホテルからダイレクトに 第2ターミナルに入れるリッチなホテルです。
ちょっと高いけど、外国のお客様で国内で線移動される方には最適でしょう。


2タミカウンター

第2ターミナル 全日空の 『団体カウンター』 5番


少し見えにくいですが、隣の4番カウンターは 『手荷物受付』 カウンターです。

それをはさんで3番カウンターが 『旅行会社受付カウンター』


ANAでは、方面別にカウンターがわかれていませんので、

どのカウンターでチェックインされてもいいです。

(今はほとんど自動チェックイン機で手続きすることが多いのですが)


国際線オープンに先駆け、第2ターミナルの南ウイング部分が増設され

新しく設置された保安検査場【C・D】のご利用することで、
南側搭乗口(63~70、700~703番)までの移動距離が短縮されます。

新コンセプトの商業施設のほか、アートデザインを意識した世界のチェアやテーブルの導入
国内空港初となるミュージアムのオープン


いつか、こちらの方もゆっくり視察してきたいと思います。


こういう空港情報、あまりなかったよね。と思われたなら。
どうぞご協力よろしくお願いします。
 ↓
banner_21.gif  いつもありがとうございます<(_ _)>


続きを読む>>

2010-11-27(Sat)
 
プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。