スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

汽車に会いたい

kisha.jpg


『レトロな蒸気機関車に会いに、中国大陸へ行く』

こんな、旅はいかがでしょうか?

またまた、お友達のイッツワールドさんからいただいた耳より情報

(いつも人のネタばかり。といわれちゃいそうですね。
でも、ちょっとめずらしいお話なんですよ。)

以下ご紹介です。
       
現在、中国国内で現役中の古いタイプの蒸気機関車は内モンゴルしか見られません。
辺鄙な地域で主に石炭を運ぶために活躍しています。
ジュンガル旗は中国有名な盆地で、わずか全長約70KMの鉄道ですが、平野、山岳地帯、大橋、曲がり道と坂道などの風景が見られ、
短い沿線にこのような変化の多い景色があるというのは国内でも非常に珍しいです。

理想的な撮影場所もあちこちにあります。
鉄道管理部門の情報によると、現在走っている蒸気機関車は
2008年末までに退役する予定です。
これはSL撮影愛好者にとって今後三年間はラストチャンスと言えましょう。

今のところ一日3本~5本ぐらいの蒸気機関車が運行していますが、
具体的な時間はその都度、一番近い周家湾駅から知らされます。
最も良い撮影の時期は12月中旬―2月下旬で、寒ければ寒いほど、
しかも風のない晴れた天気で撮った写真は抜群です。
是非お勧めします。

      

内モンゴル自治区 フフホト市とジュンガル旗 呼准鉄道
こんなところがキーワードでしょうか。

確かに、SLの煙たなびく全景や、雪原のなかの列車を撮影したいなら
すごい環境なのは間違いなさそうです。

鉄道ファンのかた!絶対いかなくっちゃ!!

しかも、現役の貨物列車です。

これが引退ということは、
「失われた風景」が、またひとつ増えるわけですね。

中国も、日本がたどってきた道のように、古いものをすべて打ち壊しています。
しかも、日本以上の恐ろしいスピードです。
民間力でなく国家の力で進めるからです。
北京、上海も、町並みがあっという間に変わったのは、
そこに住んでいる人が、問答無用で強制退去させられるからです。
もともと、私有財産権はないという建前ですから簡単なんですね。きっと。

私たちが中国を愛し、憧憬するのは、歴史やアジア人の原点の風景が
たぶんそこに見出されるからではないでしょうか?

古いから、昔っぽいからではなく。

そりゃあ、保存され、大事にしまわれた蒸気機関車より、
もくもく煙をはく、現役の機関車に、会いたいものですね。
観光のため、管理された列車より、使い古された本物の汽車。

おそらく、大陸のなかでこそ似つかわしい風景でしょう。
スポンサーサイト

続きを読む>>

2005-11-25(Fri)
 

ミラコスタに泊るTDS満喫のHoliday

TDS.jpg

ディズニーシーのオープン時、こんな特集雑誌が出ていました。

こんな本も、お勉強のため、購入。

今回は『ミラコスタ宿泊体験記』を、

当社のVIP特派員にレポートしてもらいました。

(うそ、VIPのお客様のご感想です)

先日、私がお手配させていただいたのですが、いつも送っていただくご感想が
たいへん文章としても、素敵なので、
ご本人の了解を得て、ご紹介することにいたしました。

以下、chappyさまからのご投稿をアレンジしたものです。


ミラコスタ、とても好みでした。
「シー」の一部になっているのですね。

落ち着いた雰囲気と内装が上品なのと、
部屋からの眺めが「シー」で、素敵でした。

(景色そのものは、ベネチアサイドの方が、私は好み。
ほんとに外国に居るみたいだった)

部屋の中のディズニーキャラクターが、
さり気なく織り込んであったりして、センスいい!

国内外問わず、好きなホテルのひとつになりました。


2時30分のショーを『ミラコスタ』のホテルのロビー付近から見ました。
このショーは、音なしなので、
海側の部屋から観るのとは、ある意味別物。

それまでの少しの時間を、外のベンチで、
シーの音楽をバックに、青空を眺めて過ごしました。

夕日をどこで見るかが、大問題。
モノレールから海に沈むのを見る。というのが、一番絵になりそうでしたが、結局、
(訳あって)ディズニーランドに向かうデッキの上から。


朝食は、レストランに一番乗りして、特等席に。

(管理人注:ミラコスタのホテルでは朝食は優先案内権が予約制です)

真正面にシーを眺めながら、ゆっくり、いただきました。
素材一つ一つも、味付けも、申し分なし。


TDSの主要なアトラクションは、網羅しました。

小さめのショーも、穴場(自称)から、ばっちり!
これが、キャラクターが一人一人紹介されて、すごく楽しかった。
外のショーは3つ、しっかり見た、というわけです。



フロリダのディズニーワールドとの比較。

日本の方が、細部にこだわって、造りこんであるらしい。
また、同じものも、二番煎じでない、印象的なものに、仕上がっているとか。


でも、車椅子の人、多くはなかったです。
障害がある人も一緒に楽しむ感覚が、アメリカは成熟しているらしいです。

初めてのシーで、ミラコスタに泊まる。
なんか、いつもながら、贅沢な気分に浸りました。



chappyさん、どうもありがとうございました。
私が、同じ体験をしても、こんなレポートはかけないと思うの。
新鮮な感動を届けていただき、夢のかけらをいただいたような気持ちです。
minny.jpg

続きを読む>>

2005-11-22(Tue)
 

添乗員の見た景色 Part 2

20051115195032.jpg


さて、これは何でしょう?
また、なぞなぞになってしまいました。


tujishima.jpg


こんな、のどかなところに行ってきました。
(普通、添乗員がお客様を連れて行くところじゃ、まずないです)

天草諸島の通詞島と言う島です。
ここにいったい何があるのか?
釣りが目的か?まさか、風力発電でも見学に行くのか?


soltfarm.jpg


なんと、薪の燃え盛る1件の建物。
火の勢いは強く、近づくとかなり暑い。
いったいこの中に何があるというのか?

futtou.jpg


もうもうと湯気の立ち上る大きな風呂桶のようなものが・・・。
湯気で視界が利かないが煮えたぎる水の中にはさらに白い物体が。

ここでいったい何が行われているのだろう?

続きを読む>>

2005-11-15(Tue)
 

添乗員の見た景色 Part 1

heartstone.jpg

Heart Stone

これは、どこでしょう?
ハートの石です。結構、有名。

探して、うまく見つかると恋の願いがかなうとか・・・

oomurawan.jpg


ここへ、行ってきました。

海。ですが、湾になっています。
対岸のうっすら見えている、平らな島影は『空港』です。

11月1日から行った添乗先ですが。
もう、わかりましたか?

続きを読む>>

2005-11-09(Wed)
 

榛名湖の紅葉と竹久夢二

harunako.jpg

紅葉の榛名湖と榛名富士

ええ、先の添乗のお話をする前に、旬の情報なので、紅葉の報告を。
5日、土曜日に日帰りで伊香保温泉の旅行に添乗で行って来ました。

取れたての映像です。
ちょっとかすんでますが。榛名富士です。

紅葉といえば関東では日光が一番メジャー。
榛名山が紅葉の名所とはあまり知られていません。はず!だったのに。
TVが放送してしまったからさあ、たいへんです。
土曜日が晴れたのも久々なので、マイカーが多いこと。
伊香保街道も、榛名山の山道もかつてないほどの大渋滞になってしまいました。

観光ポイントをカットしようかとも思いましたが、
お客様のご希望ですべてこなすことに・・・。

日が落ちる、美術館が閉まる。

きわどいところでセーフでしたが、ちょっとハードだったかも。

秋の週末は決して侮ってはいけないのでした。
ちょっと反省です。

でも、にぎわう観光地っていうのもなかなかいいものです。
最近は、人が少なくて、お土産やさんの閉店した観光地などを見ていますので、
そんな感慨もあります。

たとえば、水沢観音寺です。
参拝客が何時になく多く、白いお線香の煙がもうもうとしています。
この日は「坂東札所巡り」の巡礼のかたの団体さんが来ていました。

mizusawakannon.jpg

画面の中に白い装束の人がたくさんいるのがわかりますか?

お遍路さんのように、杖を持ち、鈴を下げて、白装束でのお参りです。
こういう風景と出会うのも珍しいかもしれません。


竹久夢二伊香保記念館では、閉館までぎりぎりご案内していただき、
私たちのグループのために臨時のオルゴール演奏もしていただきました。
ご迷惑をおかけしましたが、気持ちよく応じていただき、感謝しております。

ここは、竹久夢二のデザイングッズが豊富で、ファンならずとも
ちょっと手にとって見たくなる商品が多いです。
ハンカチ、スカーフ、風呂敷、ネクタイ。
結構、使えそうなものが多いですよ。
入館料はちょっと高めですが、一見の価値はある美術館です。
一度お出かけ下さい。

・・・館内撮影禁止なので映像はありません。あしからず。

今、すごい忙しいので、11月1日の添乗報告は必ずや、追っていたします。
乞うご期待。
・・・って、だれも期待してないか。まっ、いいや。
2005-11-07(Mon)
 
プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。