スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

旅行会社の顔をした詐欺師

konekochankiwotukete.jpg


悪いやつに出会わないために。
ちょっとでも、気にしてみるといいかもしれないお話。

今週、テレビや新聞で報道されていますが、
旅行会社が倒産したお話。

よくあること・・・。と、思わないで下さい。
これは、たぶん、普通の倒産ではありません
おそらく、会社を設立したときから、こうなる「シナリオ」があったのです。

この会社が「トラベル遊」なので、ちょっと人事じゃなくなりました。
つまり、当社と名前がちょっぴり似てるんですね~。

「トラベルユアーズ」とトラベルユー

おととい、1件だけですが、間違いで電話がかかってきました。
なんでも、NTTの番号案内が似てる名前の会社を教えたそうです。
(迷惑!)
被害にあわれた方、お気の毒です。

この会社はJATAの正会員だそうですから、
まずは、JATAにご相談してみてください。


なぜ、計画倒産なのか? 


まず、この会社は私たちと同じ第3種旅行会社です。
このカテゴリーは「パッケージ旅行」が組めない決まりです。

格安航空券のみ、扱う会社には3種は多く、
これだけで危ないとはいえません。

ただ、「団体パッケージツアー用チケット」以下の料金の航空券は
自社では直接仕入れができません。

必要以上に安ければ、それは利益を割って売っているケースがありえます。

なぜ、必要以上に安くしてまで売るのか?
それは、「負債」を負っている場合に限りありえます。
よくいう自転車操業ですね。
つまり、ある日突然倒産することがあるんです。


3種で、インターネットを中心に「手広く」販売

(手広く!ですよ。
普通にやっている分には問題ないです。)

私たちは通常現金商売をしているので、
お客様から預かったお金をそのまま、飛行機のチケット代として支払います。

けれど、「店舗」や「インターネット」の整備に多額の投資をしていたら、
そこに、多額の「負債」があるはずです。

新しい、出来立ての会社が東京都内に3店舗も構え、
かつインターネットで「手広く」商売を始める。

これは、私から見たら、怪しい会社です。
ただし、バックに企業がついている場合は別です。

だって、インターネット主力なら、店舗は都心に3店舗もいらないです
これも、お客様に「大きい会社」と見せかける「わな」でしょう。


「3種なのに、JATAの正会員になる」

これは、本来信頼のポイントです。

でも今回は、あえて、信頼させるため、JATAを利用した節があり、
みえみえです。

JATAに入っている会社と入っていない会社
どちらが信頼できますか?

実は、JATAに入っていない会社のほうが、
「政府に預ける供託金」は多いんです。

JATAに入ることで、20%の供託金で営業OKになります。

つまり、寝かしておくべきお金がない会社
  長年営業する気がない会社

と言うことが実際はありえるんです。


どんなに、安くお客様に売っても、
その代金を持ち逃げするつもりなら
原価割れだって儲かりますよね。

偽装マンションもそうですが、

安すぎるものを疑うべき時代になりつつあるのではないでしょうか?

今、逆バブルになっちゃってませんか?

安さばかり追求していると、いつの間にか、
いいものが作れなくなる。
そんな世の中になりそうでちょっと心配です。
スポンサーサイト

続きを読む>>

2005-12-29(Thu)
 

ニコライ堂のクリスマス

nikoraidaiseidou.jpg

お約束。ニコライ堂です

クリスマス、いかがお過ごしでしたか?
クリスマスパーティーという名目の飲み会の間隙を縫って(?)
クリスマス・イブには、いざ、教会へ行ってきました。

独身時代以降、この教会へは行っていませんでした。

ひさびさのクリスマス・ミサですが、どうでしょう?

この教会は、教会建築として、デザインが好きで、
御茶ノ水という土地とも調和しているように思います。

湯島聖堂といい、神田明神といい、時代や歴史の流れを感じさせる
名所の多い町ですね。

この教会については正式には以下の通り

nikoraidou.jpg

クリックしてみてください。

ギリシャ正教は、ローマンカトリックと並ぶ、2大キリスト教だと思いますが、
日本では、ロシアから渡ってきたイメージで、ちょっとマイナーです。

私がとても、面白く思うのは、(不謹慎でごめんなさい)
司祭たちの装束です。
長い髪、長いひげ、トルコ風の帽子
全員ではありませんが、こんな、異国情緒たっぷりのお姿。

カトリックの司祭は、まず、このようなお姿ではありませんよね?


(参考に『エロイカより愛をこめて「メテオラな日々」』
青池保子氏著 秋田書店 を見ていただくとイメージが涌くかと思います。)
注:漫画です。ご存知??

shorou.jpg


6時半からのミサの始まりを告げる鐘楼の鐘の音が鳴り響き、
人々が集まってきました。

教会内にはキャンドルを購入して入りました。
賛美歌の歌声と、読経とお祈りが始まります。

高いドーム天井にひびく音の綺麗なこと!
ミサが始まりました。

続きを読む>>

2005-12-26(Mon)
 

資格のお話し

snowman.jpg

銀座のMr.スノーマン登場!

年末も差し迫ってまいりました。事実上、多忙です。
やらなくっちゃならないことが、いっぱいあるんだけど。

せめて、クリスマスムードでも感じて、景気付け!


昨日、窓にクリスマス・ディスプレーなぞやってみました。
(ほとんど目立たないの、トホホ・・・)
来年はもうちょっと派手にしましょう。


さて、やっと話せる大ニュースが!

『総合旅程管理業務主任者』
の資格試験、無事通過!です。

自分で言うのもなんだけど、結構いい成績で合格です。
(ほっ)

これで、大見得を切って海外添乗できますわ。

添乗員専門の派遣社員にだってなれるかもぉ!!!

実は、業界の中に異変がございまして、
旅行業法が今年変わったことによるんです。
やれやれ、お上のやることは・・・。

続きを読む>>

2005-12-22(Thu)
 

市ヶ谷の社窓から

20051219201539.jpg


東京の秋ももう終わりですね。
このあたりが最後の紅葉かしら?

今日は我が会社の窓外の景色をご覧に入れましょう。

この紅葉はプラタナス(鈴かけの木)です。
今年は黄色が強くて、あまり赤くなりませんでした。
ちょっと残念。


あと、数日で、この葉も落ちてしまうことでしょう。

この事務所のもっともウレシイ点はこの景観です。
東京のまさにど真ん中の事務所にしてはのどかだと思いませんか?

madokara1.jpg


お堀の向こうに中央線快速の列車が走っていますね。
普通電車の黄色い色も重なるともっときれいです。

お堀のおかげで、対岸のビル群までの距離が相当あるので、
高いビルに囲まれた閉塞感はありません。

うちの会社は2階なのですが、かえって、
街路樹やお堀がデスクに「座りながら」見えるので、和みます。


suzume.jpg


ほら、ときどきスズメが遊びに来ます。

ほとんど葉っぱに隠れて見えませんが、
確かにいるんだから。わかります?

カメラが悪いせいです。私の腕のせいじゃありません。


このお堀は桜の名所でもあります。
桜の季節は絶品です。
春の報告ができるまでは、しばし、お時間がかかりそうですが、
そのときをお楽しみに。
2005-12-19(Mon)
 

クリスマス計画

ginza.jpg

銀座通りもすっかりクリスマス・デコレーションに彩られ、
町歩きが楽しいこのごろです。

fijiyanopeco.jpg

不二家のペコちゃんも、サンタクロースの衣装を着てお迎えです。

皆さんは、このクリスマス、どう過ごされますか?
めったにない 3連休ですよぉ

『クリスマスの思い出』といえば、
最近数年ご無沙汰しておりますが、にわかクリスチャンになって、
教会へ行く事!

教会はもともとオープンなものですが、信者ではない私には
普段は狭き門・・・というか、敷居が高い。

でも、この季節。この日は。特別。
ミニコンサートやイベントをやっていることもありますよね。

過去、いくつか訪れていますが、
放火事件で被害にあった横浜の「山手教会」
とても、カジュアルでフレンドリーです。
目白の「カテドラル大聖堂」 さすが「大本山」
人の出もすごいし、聖歌の気合も違ってます。

宗派が違うので当然といえば当然ですが、
この2つは、両極端なほど、違っていて
たいへん興味深い思いがしました。

でも、私の一番のお気に入りは
御茶ノ水の「ニコライ大聖堂」なんです。
ここは、ビザンチンスタイルの教会で、
「ギリシャ正教」の流れを汲む教会です。

ここの教会もね!
イギリスの建築家、ジョナサン・コンドル氏が建てたんですよ。
現存の建物は消失後の修復された物だそうですが・・・。

キリスト教でも、とてもエキゾチックな、ちょっと異教的なムードの教会。
行われるミサも独特で、演劇を見るような気がします。

暗い聖堂内に、お灯明のロウソクが灯り、
しらずしらず、その世界に引き込まれるんです。

こんな、観光客気分ではほんとうはいけないんでしょうけれど、
たった一日でも、気持ちが洗われるためにだけでも、
足を運んで参加することで許されるかな。と。

やはり日本人「信心はしていなくても、初詣」です。

今年はひさびさに、「あのころ」に戻って、行ってみようかな。
「ニコライ堂」
もし行けたら、ブログにアップします。
待っててください。
・・・・って、宣言しちゃっていいんだろうか・・・。
2005-12-16(Fri)
 

いちご狩り 始まってます

ichigo.jpg

いちご狩り 始まってます。

世の中は年の暮れ。クリスマス
で、盛り上がっていることと思います。

が、今日、私の元にとどいたのは、春の香り  でした。

栃木市の観光農園 「アグリの郷」 さんからの 贈り物です。

赤く熟したジューシーな果汁たっぷりのいちご。

さっそく、いただきました。 もち、おいしいです
大粒で、実もほどよいやわらかさ&歯ごたえでした。

いちごの生産量日本一のいちご王国。栃木県。

鮮やかな赤色と大きくて甘さの強い「とちおとめ」は誰もが知ってる人気品種ですね。

「とちおとめ」はもちろんですが、「アグリの郷」さんでは、
「とちひめ」という新品種をはじめました。
これは、市場に流通させないので、今のところ、現地に行かないと食べられないそうです。

「とちひめ」希望の場合は予約も必要です。

千葉のイチゴ狩りは、2月の土曜日など、すでに、
団体の予約ができない観光農園もあります。
東京が近いから、ほとんど日帰り団体が中心だと思われます。

ichigoimg.jpg


いちごの本場の栃木でいちご狩りはいかかですか?

栃木はいちご農園が多いせいもあって、まだ、ご予約は可能です。

1泊旅行の観光コースに
日帰りバス旅行に

ぜひ!お勧めです。

続きを読む>>

2005-12-14(Wed)
 

ラクーアのイルミネーション

Laquamini.jpg


『ラクーア La Qua』
です。

東京の観光もお知らせして行こうと思います。

かつての「後楽園遊園地」は、今や、フリーゲートの
レジャー&ショッピング・スポット
明るく開放的な空間に生まれ変わっています。

最近、メリーゴーラウンドも「復活」
ゾウ、トラ、ライオン、パンダも走る、風変わりなメリーです。

piramid.jpg

今、 『ルミナスタウン』というイベントを開催中。
光と音のコラボレーションが楽しめます。

laqu-a.jpg

画像はクリックしてみてくださいね。

「光マンダラ・ドーム」(変な名前?)は、約10万個の発光ダイオードが使用されています。

mandara.jpg


今のシーズンはもちろん、クリスマスアレンジです。
オルゴールの音色の音楽が、光のパターンとあいまって、
幻想的な夜を演出。

パッフェルベルのカノンや「聖しこの夜」など
イベントは1日3回、1回約15分です。

hikarimandaradome.jpg

クリックしてみてね。

目の前いっぱいに広がる光の映像がとても気持ちいいんです。
もちろん、フリー(無料)で楽しめますよ。

続きを読む>>

2005-12-13(Tue)
 

ニューヨークの食を極める!

20051207193831.gif

ニューヨークのレストラン 食べ歩き 

おいしいもの制覇の旅

なんて、オプショナルツアーはいかがでしょう?

さっき、ハンバーガーのコメントを書いたもので、
『高級ハンバーガーの視察ツアー』の第2弾で、こんなツアーをご紹介します。

いまどきのニューヨークを本当に極めたい方向き。

フリーの旅行者にお勧めする、というよりも、
限られた時間の中、本当に今の情報を、効率的に知りたいかた。

プロのコーディネーターがチョイスしたお店にご案内つき、
専用車で回るスペシャルなツアーなんです。


有名デリ、スターシェフのレストラン、カジュアルなビストロ、
バーカウンターまで、多種多様。


「ニューヨーク・グルメの旅」なんていう添乗員付きのパッケージツアーがあったとして、
(たぶんないはずですが・・・)
そんな旅行に参加するよりは、安く、本格的な体験ができます。

オプショナルツアーだから、その他の旅はご自身でアレンジしても良いのです。

お友達のうちへ行くもよし、格安ツアーを使うもよし、
マイレージでタダ券!!があれば、それもよし。

安全で、しかも、最新の取材ができる。

ビジネスチャンスとして、考えれば、ニューヨークほど、
ビッグチャンスの発見ができる町は、世界のどこを探してもない。
と言って、過言ではないでしょう。

あの、ピザの宅配で有名なP-La社も、
もともとアメリカのビジネスからヒントを得ています。

あなたも、ニュービジネスにチャレンジしてみてはいかが?

ニューヨークに行くと思わずそんな大胆な夢までみられそうです。

続きを読む>>

2005-12-07(Wed)
 

イルカの海

dolphin.jpg

海の中から現れたこの背びれは
船で行く私の後を追うようにスピードを保ちついてくる。

irukanoumi2.jpg


もちろん、かわいいいるかたち

ここは『イルカの海』

親子に仲間。いるいるイルカ。
潮を吹いて、顔を見せてくれるイルカもいます。

ここは、天草の島から、船ですぐの海。
穏やかで天敵のいない、水のきれいな有明の海。

このイルカたちは、この有明湾の中を住処に選んで、
ここで生活しています。

ここは本当に『イルカの海』なのです。

イルカウォッチングのクルーズ船は、イルカに餌をやるわけではありません。

イルカからこうして、遊びに来てくれるのです。
付かず離れず、船と同じ方向に、伴走するかのように、
イルカたちが泳いでいます。

irukanoumi1.jpg


この日はあいにくの雨交じりの空模様。
でも、イルカたちは姿を見せてくれました。

なんでも、ここのクルーズは、イルカを見られる確立は90%以上とか。
ホエールウォッチングの確立の低さとは大違いです。
このクルーズは、漁船ではなく、本格的なクルーザー使用。
船の快適さも抜群ですね!


marisol.jpg


このたび、お世話になりました。クルーズ船『マリソル号』の船長さん。
ステキな船の旅をどうもありがとうございました。

続きを読む>>

2005-12-05(Mon)
 

東京の名所もステキです♪

furukawatei.jpg

旧古河庭園

心の求める景色に出会うのが『旅』のひとつの目的なら、

ほんのご近所にだって、心の旅を味わえるスポットがあるでしょう。
わが町東京にも、歴史や紅葉の名所は実はたくさんあります。

今回は私のお気に入りの『旧古河庭園』のお話。

先日の新聞報道で知りましたが、11月18日、この「旧古河庭園」が
近江八幡の水郷、金平成園、慶雲館庭園、などとともに、
『重要文化的景観』に指定されることになったそうです。

今年4月1日に試行された文化財保護法に則り「文化審議会」が答申を出したもので、
第1回めの選定。

難しいお話はおしまい。

この洋館は、「ジョサイア・コンドル氏」というイギリスの建築家が設計。
足元に、バラ園がひろがり、綺麗に刈り込まれ、手入れされた、
洋式の庭園があります。

rose.jpg


この洋館とバラ園はとても「絵になる」ため、さまざまなロケにも使われているんですよ。

古くはcharさんのレコードジャケット(知る人はいるだろうか?)
最近では、草薙 剛さんのドラマ「恋におちたら」が記憶に新しいですね。

余談ですが、このドラマは近所で犬のお散歩してたら、
草薙さんたちのロケ現場に偶然出くわしました。和菓子屋の前です。

けれど、ここの良いところはそれだけじゃないんです

今回の「景観」に選ばれたのも、『和洋ミックス』ってところが
実はポイントなんですよ。
(と、庭園の職員のかたもおっしゃっておりました)

このさらに下手には、回遊式の和風庭園があり、
作者がまた、著名な京都の庭師「小川 治兵衛氏」であること。
小規模ながら、完成度の高い庭園なんです。

20051130201759.jpg


うんちくを調べれば、いろいろ逸話があるようですが、
この庭園の景観をお楽しみいただきたいですね。

今年は例年になく、紅葉が綺麗な年になっています。

komorebi.jpg

カメラが低レベルなので、よい画像がお届けできませんが、
本当に綺麗です。

furukawateien.jpg


屋敷のある芝生広場では、この日はアコーディオンのミニコンサートが催され、
芝生に腰を下ろしての鑑賞もできました。
この広場の位置は最も高台に当たるため、紅葉を見下ろす景色も楽しめ、
角度によってさまざまな顔を見せてくれます。

写真ファンにはたまらないんじゃないでしょうか?

紅葉満喫の午後でした。

続きを読む>>

2005-12-01(Thu)
 
プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。