FC2ブログ

戌年だから? 犬吠埼

inuboulight.jpg

このきらきらはなんでしょうか?

ミュージアムのアートです。といっても通用すると思いません?

これは、灯台のレンズなんです。

ここは 『犬吠埼灯台』  資料展示館です。

このレンズは『初代フランス製レンズ』
犬吠埼灯台は、明治5年着工、明治7年完成、点燈したので、
たいへん歴史の旧いレンズということになりますね。

太平洋戦争で被災し、下部は喪失し、後に復元され展示されています。

今も充分美しい光をたたえたレンズ、この大きさにしばし見とれます。

光り物が好きなので、もっとぼーっと眺めていたいくらいです。


20060414180929.jpg


灯台自体も歴史的な建築です。
白色円形レンガ造り。
私たちが、灯台というと絵にイメージしてしまう、この姿です。
やっぱ、こうじゃなくっちゃ。

イギリスから招いた技師、ヘンリー・ブラントンによる設計、施行、監督。
レンガは19万3千枚が使用されているそうです。
  (犬吠埼灯台、パンフレットより)


灯台内部は長い螺旋階段。のぼりだしたら休憩なし。
ぜんぶで99段。というので、数えながら登ります。

ご親切に今何段。と書いてくれています。
数えなくっちゃいけないってことね。

富士山も最後の1合が長いというじゃありませんか、
ここの灯台にも、ちゃんと仕掛けがありましたよ。

確かに99段の石段。
その先に鉄の階段。  うそっ。

ようやく見晴らしの露台へ出られました。
風、かなり強し。

20060414180941.jpg


上から見下ろすとこんな景色です。
荒々しい海の姿がここにあります。

お天気は悪かったのですが、ここでは、かえってお似合いの景色かも知れません。

犬が吠えるような波と風の音。
犬吠埼にはそんなイメージがお似合いなんです。

続きを読む>>

2006-04-14(Fri)
 
プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -