スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

横浜異人館めぐり

横浜は観光地です

関東に住んでいるとそういう感覚はないかもしれませんが、れっきとした観光地。
お休みに遠くから旅行にこられる方も多いです。

明日から(多くの方は今日から)ゴールデンウイークですね。
もし、横浜散策を考えていらっしゃる方がいたら、
山手西洋館にも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?



 『ブラフ18番館』 

山手西洋館めぐりのスタートは、こちらからどうぞ。

JR石川町の駅からも元町商店街からも中華街からも近いです。

歩き方やマップはこちら、横浜市緑の協会のページへ。

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/park/youkan.html

〈ダイニングルーム〉
20070427120334.jpg

「ブラフ18番館」は、復元された家です。
内装は当時の色などを忠実に再現したそうです。

注目して欲しいのは、家具。

これは、復元家具です。
当時、使われていた「横浜家具」を再現したというもの。

再現できる。ということは、当時の職人の高い技術が今に受け継がれているということ。
素晴らしいですね。

嬉しいのは、家具に手を触れてもよいことでしょう。
この家の一員になったような気分になれますね。


もうひとつ特徴的だったのは、窓。
スタイルはベイウインドというそうですが、窓が通常より多いのです。

室内の窓枠の木のフレームにパステル系のグリーンが使われていて、
これが柔らかくてとてもいい印象です。

どうやら、外見より家の中の居住性からデザインされたように思えます。

私としては住みやすそうで好みです。


〈サンルーム〉
20070427120358.jpg

シンプルで優しくて甘くなりすぎない。いいテイストです。

庭には芝生が広がり、桜の木が茂り。
2階の窓やテラスから、あふれるような桜の花を見ることができます。
お花見に訪れてもよさそうです。


隣接した洋館は、 外交官の家

20070427120425.jpg

玄関扉のガラス窓。

国重要文化財です。内装もぐっとシックで、高級感が有ります。
建築的にも美しく堂々とした立派な洋館といえるでしょう。

20070427120522.jpg

館内のそこここに施されたステンドグラスが印象的でした。
本物の品。

〈山手イタリア山庭園〉
20070427120611.jpg

外交官の家はこの庭園に面して建っています。
これは、2階の窓からの景色です。
高台にあるので、その先にはベイブリッジやMM21地区がよく見え、
お勧めビューポイントになっています。

近代的な景色がこの庭に似合うと言うなら。ですが。

と言うわけで、私はカットしてます。
実際の景色はご自分で確認してくださいね。

 記事内の太字は、オリジナルのホームページにリンクしています。
クリックでご覧いただけると、もっとイメージが湧くと思います。
スポンサーサイト

続きを読む>>

2007-04-27(Fri)
 

横浜の洋館。ベーリック・ホール

20070414144706.jpg

ウクライナのイースター・エッグ 『Pysabky(ピサンキ)』

私が横浜に出かけたのは、4月8日
2007年のイースター(復活祭)の日にあたっていました。
 
思いがけず、 『ベーリック・ホール』のダイニングのテーブルディスプレーとして
飾られていた、イースターエッグに出会って、感動のひと時。

今日は、横浜の山手西洋館7館 の中から

    『ベーリック・ホール』 
をご紹介します。


入り口はこちら。 さあ、どうぞ。

20070414144819.jpg

白と黒の市松模様の床。

スペインのコロニアル風の建築様式を取り入れた、気品のある館です。

イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅。
設計者は、アメリカ人建築家J.H.モーガン氏。

山手外国人住宅の中では最大規模の住宅で、一時は寄宿舎として
使われていたこともあるそうです。


20070414144728.jpg

アーチを多用したエントランスが印象的ですが、外観はシンプルな位。
前庭の広い芝生が開放的でステキ。

クワットレフォイルと呼ばれる小窓に暖炉の煙突。

20070414154834.jpg

小窓はお部屋の中からみると装飾的でとても印象に残ります。


大ホールの窓も、 やはりアーチが印象的。
中には大ホールとその向こうにつづくパーム・ルームが見えます。

どうぞ、のぞいてみてください。

 20070414155644.jpg

内装は豪華で品があり、しかも、空間が広い。

こんな、広間でパーティー・・・

どんな人が集い、どんなお食事が饗され、どんな会話がなされていたことでしょう。

・・・思わず妄想が広がってしまいました。


この建物で最も特徴的なのがこのパームルームでしょう。

20070414144753.jpg

パティオのようなサンルームのような、不思議な空間。
もともとは、ライオンさんの口から本当に水が流れていたのでしょう。
エキゾチックですね。

暮らしてみたい洋館でした。


余談ですが、ベッドルームのクローゼットの機能的なこと。
日本の大工さん、見習ってください!


ああ、この空間が自分の物だったら。  と、思いませんか?


続きを読む>>

2007-04-14(Sat)
 

ゴンドラのケーキ

20070406192954.jpg

 ソメイヨシノとは、そろそろお別れです。
 桜も葉桜になってきました。
 八重桜も咲き始め、今年は、桜が長く楽しめそう。

<もみじの若葉と散る桜の図>
20070406192129.jpg

靖国神社にて

・・・と、いうより、このように、桜と新緑が同時に楽しめるというのは、
通常ではありえません。
東京が東北・北海道化してしまったかのようです。


桜もいいですが、やはり花ときたら、食べ物がないと。

お待たせしました! とっておきの 『おいしいもの』 のご案内。

20070406192143.jpg

地域では有名な名店です。友人のお勧めで知りました。

 『洋菓子のゴンドラ』 

昭和8年創業の、3代にわたる老舗洋菓子店です。
お店は、靖国通り沿い。靖国神社の南門の対面にあります。

20070406194556.jpg

こちらが、評判のお菓子です。
なんでも、宮内庁御用達とか・・・。

20070406194621.jpg

開けますよ。

ふふ、ひっぱりますね。

20070406194707.jpg

缶入りですかっ!ゴージャスです。
これなら、保存にも耐え、ご贈答にもぴったりですね。

さて、おまたせしました。

これが、噂の

続きを読む>>

2007-04-07(Sat)
 

靖国神社でお花見って、どうでしょう?

20070404181852.jpg

桜咲く、春爛漫の東京。 日本武道館を望む 「牛ヶ淵」の桜です。

千代田区は全国的にも有名な桜の名所が多いところです。

わけても、千鳥ヶ淵を初めとした皇居周辺のエリアには、
桜のビューポイントが多く。

先の週末には、驚くほどの人出が桜の花を求めて繰り出してきました。

外国からの観光のお客様もお見かけしました。


しかし、駅から道路は全て、警察による交通整理と規制がかかり、
花を見るのか人を見るのか全くわからない状態。

「千鳥ヶ淵 最後尾」 なんて、プラカードまで登場。

いったい、どうしちゃったんだ。
最近の桜フィーバーは?


通りを隔てた所には、かの有名な  『靖国神社』 があります。

神社に桜はつき物ですね。

そして、この靖国神社。 実は、上野公園に勝るとも劣らない
 「お花見のメッカ」だということを、ご存知でしょうか?

20070404185443.jpg

鳥居と桜

美しいです。時を忘れて見惚れそう・・・。 

ですが、
この私の足元には、何百人と言う花見客が宴会を繰り広げているんですね~~。

驚くなかれ、

20070404185425.jpg

この人出ですから!

ここは、通勤ラッシュの新宿駅ですか?ディズニーランドの入場ゲートですか?
なんてね。いいたくもなります。

20070404185508.jpg

たくさんの屋台のなかには、レトロに金魚すくいや射的なども。

そして、さらに、ここには
20070404185527.jpg

居酒屋が出店する

これが、靖国をお花見のメッカにしている理由だったりして・・・。

もちろん、これは、昼間ですよ。

夜はもっとすごい、らしい。

20070404185544.jpg

なかには、こんなに奥行きを持つ、アジアンな飲み屋さんまで!

いったい。ここは、どこ? 



20070404185719.jpg

この花の下にもいちめんにブルーシートと「むしろ」が敷き詰められ。
楽しいお花見の宴が・・・。

「むしろ」の貸し出し、1枚300円でした。

思わず思い出したのは 「海の家」海水浴場 でした。



外宮の喧騒を抜けると、内宮へ。
こちらはお花見「禁止」です。

20070404185605.jpg

ここでも、人々が行列を作って参拝です。

お正月さながらの光景。

お花見に来て、そんなにまでして、お賽銭をあげたいのか?
律儀な日本人でございます。

20070404185620.jpg

さすがに、内宮には、すこし穏やかな空気が流れています。

桜ちるちる。 花吹雪。

私の、ここでのベストショットは
20070404185949.jpg

これかな。

靖国神社のお花見は「4月5日まで」 明日で終わりですよ
2007-04-04(Wed)
 

インド祭に行ってきました。

インド大使館で開かれた『サクラ・チャリティー・バザー』のご報告です。

まず、女性にお勧めは 『サリーの着付け』

20070402204025.jpg

お気に入りのサリーを選び。着付けをしていただきます。
誰でも、あっという間に、インド美人に変身できますよ。

仕上がったら、記念写真をぜひ。 カメラはご持参くださいね。

インドシルクも購入いただけます。刺繍が見事なショールなど。多数。



当イベントはチャリティー・バザーです。
バザーの売り上げはインドと日本のこどもたちや女性に寄付されます。


さて、バックヤードは、お料理やドリンクの露天がひしめく
大イベント会場に早変わり!

20070402201017.jpg

カレーも熱いが、人の熱気はさらに熱い!です。

なんと、あそこでも、ここでも聞いたことのある。
インド料理の名店がずらりと競合しているではありませんかっ!!!

しかも、カレーは一律700円

各店舗、ご自慢のカレーをご賞味いただける、とても貴重なチャンス。

この機会に食べ比べてみてください。

タンドリーチキンやサモサ、そのほか、いろいろなお料理が並びます。

20070402201045.jpg

食べられる量には限界があり。
・・・こんな時、大食い選手が羨ましいです。

大勢で来て食べ比べるべきでした。残念。

20070402201101.jpg

ふっくら、熱々。焼き立てナンが目の前で出来上がります。
ナンをさばく手つきがプロですね。


食べてばかりもいられません。
インドのミュージカル映画(タミル映画)でおなじみの、インド・ダンシング。
日本の愛好家のみなさんの公演が始まりました。

Dance.jpg


リズムに乗って踊る踊る踊る
いっぱいの躍動感と楽しさがあふれるステキな表情のダンス。
観ているほうもハッピーになる。そんなダンスです。

躍動感は、生で観ていただかないと
きっと、もっともっと魅力的ですよ。

ダンサーの バングラ・クイーン sanjoさんのご承認で写真、アップさせていただきました。
          
sanjoさんのブログには、もっとダンスの写真がアップされていますので
観てみてくださいね。

インド祭りをもっと見たい方は 

続きを読む>>

2007-04-02(Mon)
 
プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。