スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

雪の館でランチ



旭川の 『雪の美術館』 の地下に広がる音楽堂の青空です。
ステージ上には、白いグランドピアノとハープ。

この天井画は、7人の画家が精魂こめて描いた『北の空』(28,000号)
という作品です。

ぜひ、お見逃しなく。

大きく開けた空間に圧倒されますが、圧迫感もなく、
ひたすら明るい気分になれます。

雪のデザインがあちらこちらにあるので、気をつけて見つけてくださいね。

ここで、結婚式が挙げられるのです。
キリスト教会式の結婚式も可能。
北海道の雪の館で結婚式。 なかなかいいムードだと思います。

夏時期なら、美術館の庭園にも出られるので、
写真的にも絵になりそうですね。

これから、をお考えの方、ぜひどうぞ。


20070822192205.jpg

エントランス・ロビーのシャンデリア。

繊細でゴージャスです。

この美術館では、上を見上げるのをお忘れなく。(笑)


20070822184729.jpg

 『雪の館』で 楽しむランチ 

10名さま以上のグループ旅行なら、この、『雪の館』のパーティールームで
エレガントな気分でお食事を楽しんでいただくことができます。

今回ご覧いただいたのは、洋食ですが、和食も可能です。

グループ旅行なら、個人でできないことをしてみなくっちゃ。ですね。


おいしくいただきました。

が、ひとつ難を言うとボリュームには欠けました。
ご飯が少ないような気がしました。
ご飯、お替り自由なら、もっとありがたいんですが・・・。

個人の方には、カフェでおくつろぎいただけます。
こちらも、こぢんまりしていますが、落ち着けていいですよ。


昼間は観光三昧。
夜は、旭川の「夜の顔」を堪能する。
というのが、おそらく定番。なんでしょうね~。
なんでも、すごい「いい店」があるのだとか。
ビジネスの男性も多い町ですから~。

ごゆっくり、お楽しみ下さいませ 
スポンサーサイト

続きを読む>>

2007-08-22(Wed)
 

真夏にみる雪の夢

猛暑が続く日本列島ですが、お元気でお過ごしですか?

せめて、見た目だけでも涼しげに、 真夏に見る雪の夢をどうぞ。



『クリスタルルーム』 にて

雪の結晶をその代表的な形状から「六花」ともいいます。

ひとつとして同じものがないという雪の結晶

その美を写真で楽しめる空間です。


ここは、旭川の 雪の美術館 です。

施設の 大部分は地下18mの巨大な空間にあります。
ミステリアス?

20070817200952.jpg


六角堂の螺旋階段を降りて見上げると

天空に雪の結晶が・・・


階段手すりも雪の結晶のデザインが施されていてかわいいです。




20070817201021.jpg

氷の回廊 

ガラスの向こうは 氷点下の世界

氷室と回廊の温度差は40度にもなるそうです。

だんだん涼しくなってきましたか?


20070817201104.jpg

ビザンチン洋式を取り入れた、かわいい美術館です。

雪の館 地下の大ホールに、音楽堂。
画廊やボウルルームもあり、様々なイベントも開けます。


【雪の美術館】

住所 : 北海道旭川市南が丘3丁目
TEL: 0166-63-2211 
入場料: 大人     600円
     高校・大学生 400円
     小・中学生  300円

開館時間は季節により異なります。  12月、1月は休館  
お問い合わせの上お越し下さい。



結婚式にも力を入れているようです。

雪の館で結婚式、なかなか、ロマンチックです。


さて、涼しくなっていただけたでしょうか?

まだ、足りないですか?

続きを読む>>

2007-08-18(Sat)
 

帯広は「食」がお勧め

帯広で、一番有名なもの。 

それはたぶん 豚丼 です。

帯広に行ったら、牛丼は食べられない と思ってください。

郷に行ったら郷にしたがえ。です。

なので、私も豚丼体験してきました。

20070807200558.jpg

これです!

『ぶたはげ』 さんの豚丼。

帯広駅の駅ビル「エスタ」の中にある店舗でいただきました。

これは、ハーフ(小盛り・豚2枚のせ 620円)です。
スタンダードの豚丼はお肉が4枚のっています。(895円)
特豚丼は6枚(1,155円)

おいしいです
ロースの柔らかい肉を独特の甘みのあるタレで焼き上げています。
あっという間に食べられます。

チェーン店で、牛肉騒動のあったあのころ、巷に出回っていた豚丼とは
全く違います。
同じ名前で呼んでは申し訳ない。
よく、クレームがつかなかったものだと思います。


20070807200612.jpg

お店は、こんなかんじ。

開放的な作りで、一人でも、(女でも!)気軽に入れます。
並ばないし。
「すぐおいいしい。すごくおいしい。」です。
ありがたいです~。


帯広には豚丼のお店がたくさんあり、
『豚丼マップ』も作っています。
『お菓子マップ』同様、観光案内所でもらえます。

サイトにものっています。

『豚丼マップ』はこんなかんじ ←クリックしてね


20070807200636.jpg

「ぶたはげ」さんと「桔梗」さんはお隣同士。
豚丼密度がいかに高いかお分かりでしょう。


『元祖』 として、一番有名なお店は

『ぱんちょう』さん。

ばんちょう(BANCHO)ではありません。ぱんちょう(PANCHO)です。

ガイドブックに必ず載っており、あまりに人気が高く、行列ができる店なので、
添乗員としては、そこまでして、店に入るわけにはいきません。

お客さんが行きたいって言って、ご案内していくなら、いいんだけどね。

というわけで、取材できませんでした。

メニューは、豚丼と椀、そして飲み物のみ。
松、竹、梅、華と肉の料で料金が違います。
甘辛の秘伝のタレで味付けされた十勝産の上質なお肉が炭火焼で出されます。

おいしいそうです。
ご自分で確かめてきていただくのが一番かと思います。



AND 夜もお楽しみ♪

続きを読む>>

2007-08-10(Fri)
 

お菓子な街・帯広

先の記事のお菓子工場だけではありません。
実は、帯広は『お菓子な街』なんです。

帯広といえば。

20070801200025.jpg


そう、きっと誰もが知っている 『六花亭』 さん。

『マルセイバターサンド』は今でも、北海道土産の一番人気の商品です。

私のような古い人間はですね。
『六花亭』といえば、ホワイトチョコレートなんですけどね。

20070801200103.jpg


この、『六花亭(ろっかてい)』の本店が、帯広市にあります。

お店にはシンプルでゆったりしたスペースに喫茶コーナーがあり、
帯広でしか販売していない「サクサクパイ」が食べられます。

とても人気なので夕方には売り切れちゃっています。
ひとつ125円というのも、うれしいお手ごろ価格。

私が行ったときも売り切れてしまっていましたので、
ふわふわなシフォンケーキをいただいてきました。

20070801200045.jpg


きめがこまかく、くせのない、あっさり自然な風味のシフォンです。
やっぱりお安いです。
1ピース110円

ホールでも450円だとか。

札幌等の喫茶室ではケーキセットがあるのですが、
喫茶室によってはコーヒー無料!のお店があるんです。
ケーキをオーダーして、その場でコーヒーをいただきながら
食べられるわけ。

品質も、よいですが、接客もよい。お店に工夫もある。

地元民にも愛される店には、それなりの、理由があるってことですね。


帯広には、他にも、地元の有名店や評判のお菓子屋さんがあり、
なんと、
  『お菓子マップ』 というのを作っているのです。

20070801200133.jpg



観光客が、お目当てのお菓子屋さんにたどり着くのに、
これは、とてもありがたいアイディアです


『クランベリー』 さんという洋菓子専門店も地元では人気店。
「六花亭」「柳月」「クランベリー」が三大名菓子店だそうです。
大きなスイートポテトが看板商品です。
モンブランなども評判のお店だそうです。



全国の観光協会さん。コレは、見習ってくださいね!
ヘンに箱物でお金を掛けなくっても、観光は成り立つんですよ。


【六花亭 本店 (ろっかてい)】
住所:帯広市西二条南9-6
TEL :0155‐24‐6666
営業:9:00~20:00 [喫茶室] 10:30~18:00
(無休) 



おや?これは?



続きを読む>>

2007-08-01(Wed)
 
プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。