スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

1島1リゾートとは

一島一リゾート

世界中を探せば、こんな贅沢な夢をかなえてくれるリゾートがたくさんあります。

フィジーの「ワンディギアイランド」のように、
『島にお迎えするゲストはたった一組のみ』  という徹底したリゾートもあります。

島をまるごと貸し切りで使え、専属のシェフやバトラー(執事)たちが
すべてのお世話をしてくれる。
食事のメニューや場所など、お好みでサービスしてくれるという、
王女様のようなひと時・・・

私の場合、想像するだけで、くらくらしちゃいます。
ココまで行くと、ちょっと高望みかも。


その夢をぐっと身近にしてくれたのが、モルディヴでしょう。

20071020145459.jpg


なんといっても、1190の島のうちの およそ90の島々

1島1リゾートを実現 したのですから


つまり。 ホテル選び=島選び  なのです。

そんなの、あたりまえじゃない。 と、思う方。 チョット待ってください。


つまり、ホテル(島)によって、 自然環境やアクセスが違うということなんです。

遠浅の白砂のビーチに水上コテージ をお好みの方。

ダイビング&シュノーケリング三昧で過ごしたい。
できれば、お魚のたくさんいるハウスリーフがすぐ近くにあるといいな。

という方。

選ぶ島は自ずと別の島になってくるはずだからです。


遠浅の海は、海の色が美しく、ホテルのお部屋から眺めているのに最適。

一方、リーフエッジから急に水深が深くなる島ようなでは、
美しい珊瑚礁が見られ、海の中の景色がお勧め。


体験ダイビングがしたい。という方には、大抵、どこのホテルにも、
ダイビングやシュノーケリングのアクティビティーが用意されていますので、
どちらを選ばれても心配はありませんよ。 ご安心ください。


次に、モルディブの地理 についてのお話しです。

(あ、難しくないですから、大丈夫ですよ。)

モルディヴは赤道をまたいで、南北に860km にも渡って点在している
群島国です。

rw_mdv040303.jpg

★は首都マーレですが、その隣、空港だけの島(フルレ島)になっています。

ですから、空港に着くと、どこに行くにしても、船等で移動しなければなりません。

空港から近くの島にあるリゾートでは、スピードボートやドーニで移動。
ホテルのスタッフがお迎えに来てくれます。

遠い島の場合、エアタクシーと呼ばれる、水上飛行機で移動します。

20071020150245.jpg
《マーレ・フルレ国際空港》


ところで、モルディヴのフルレ空港に到着するのは、各航空会社とも夜間です。

エアタクシーは有視界飛行のため日中のみの運行なので、
隣島のマーレのホテル または空港島の フルレ・アイランドホテル に一泊して、
翌朝、飛行機で、目指すリゾートへ Go! となります。


日程の短めな日本のお客様の多くは全泊リゾートを希望される方が多く。
空港から近い 南マーレ、または北マーレ環礁のリゾートをチョイスするケースが
多いようです。

そりゃ、誰だってそう思うよね? と、思うでしょ?

でも、遠い島にはこんなよさもあるんです。

Mor005.jpg

それは、水上飛行機で、低空からモルディヴを眺められる特権!です。
こんな景色をその目で見たいなら。
ホテル移動したっていい。

という方も、多いんですよ。

時間のロスは、ありますけれどね。

悩みませんか? 
スポンサーサイト

続きを読む>>

2007-10-19(Fri)
 

モルディヴに行こう と思い立ったら



インド洋の宝石、モルディヴに行ってみたい。

そう思ったとして、旅行に行くまでのシュミレーションをしてみましょう。


まず、一番初めに考えること。 旅行日 です。

当たり前?
でも、これ、意外にとても重要なことなんですよ。


というのは、モルディブへは、2007年現在は、ですが、
飛行機が毎日は就航していない からです。
(お話は、とりあえず、成田出発ということで進めさせてくださいね。)


何曜日に出発するかによって、何日間のパターンで旅行が組めるかが、
限定されてきます。

ですから希望日を考える時、できれば、出発日、帰国日に
それぞれ1日2日の遊びがあるといいですね。

旅行期間は一般的には5日~9日間くらいが多いようです。


それと連動して 航空会社 の選択です。

モルディヴへのフライトとして、エアラインは3社考えられます。

シンガポール航空(SQ)、マレーシア航空(MH)
そして、スリランカ航空(UL)です。

この中で、一番お勧めなのはスリランカ航空です。

現在のダイヤについて言えば、日によってノンストップのダイレクト便が飛んでいますので、
断然便利で時間のロスも最も少ない便です。
(フライトスケジュールはよく変更されますのでその都度ご確認をお願いします。)

料金も比較的お安め。


また、スリランカ航空の運営には、あの超金持ちアラブ首長国連邦の
エミレーツ航空の資本が半分くらいはいっているというのも、
付け加えておきましょう。
日本線では、全クラス全席大型液晶TV(タッチスクリーン可)とパーソナル電話が設置!など。
機材のメンテナンスもエミレーツが行っているという話です。
ローカルなエアラインと馬鹿にできません。

これが、エアランカ航空のエアバス(A340型)です。

Srilankan.a340.arp.750pix.jpg



もうひとつ、全泊リゾートステイがいいか。
コロンボやシンガポールにも、立ち寄ってみたいか。
というチョイスもポイントです。

モルディヴでは、ショッピングはまず無理!なので、
観光とショッピングにシンガポールに寄り道したいという方も多いのです。

その場合、シンガポール航空をチョイスしていただくことになります。

日程優先か、目的優先か、エアラインで選ぶか。それは、どうぞご自由に!


次に、リゾートへの旅のメイン! ホテル選びです。

泊まりたいホテルを心に決めていて、予算も充分。
迷いの無い方は、お好みのツアーを見つけて申し込むだけ。です。

そうでない方は。

旅行会社に相談してみましょう!(PR!)


私たちのお役目は、旅行を作り上げていくお手伝いをすることです。

お客様とお話しながら、希望の旅行をデザインしていく んですよ。

そして、お話しの中で、自分の希望がはっきり見えてきたりするものです。

モルディブイメージ



一番大事な

『ホテル選びと旅行代金』

このお話は、長~くなるので 次回!

続きを読む>>

2007-10-15(Mon)
 
プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。