スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

姫路菓子博 ○と×

【姫路菓子博】 20年4月18日~5月11日 
お客様の入りは予想70万人→90万人超 と、 大成功。

菓子博map

と主催者は喜んでいるようです。

このイベントは その度に 主催者の半分(自治体)が変わる、
ある意味その時限りのイベント的なニュアンスがある。
スタッフが変わるため、今回の反省が次回に生かされるかどうか、微妙な点もアリ。


なので、余計なお世話ですが。総括的感想など。


まず。○な点 

会場の知名度。 これは抜群。 なんといっても 『姫路城 (白鷺城)』 

江戸時代以前に建造された天守閣を有する国宝のお城。

1993年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されている。

菓子博がなくたって、充分有名な観光地です。

交通便! 姫路市内にあり、新幹線の姫路駅からまっすぐ歩いて10~15分の道のり。

会場の広さ! 敷地面積は皇居に次ぐ広さとか。

その会場をたっぷりゆったり使った贅沢さ。 

どんなに人が入っても、会場全体が人であふれて混雑し、歩きにくい。
ということはありません。

そして、会場のあらゆるポイントから望める姫路城の美しい姿。

姫路城遠景

会場から眺めるだけでも 満足されたかたも多いのでは?


では、×な点

会場に、「欠点」もありました。

まず、広すぎ。 かなりの距離を歩きます。 会場内は一般道路も横切っています。
混んでいるのはパビリオンの前とその周辺の一部だけなのに、
まっすぐ歩かせてもらえません。
混雑を心配して、ロープを張ったりして歩行に制限をかけているからです。

姫路城もすぐそこに見えているのに、会場とは連絡ゲートがなく、動物園経由。
または、メーンゲートを出て外をぐるっと回らないといけないんです。

しかも 『再入場不可!!!』

とても不親切です。 ぶつぶつ。。。


「姫路城」が国宝なため、 杭打ち禁止とか いろいろイケナイことがあって、

設営のパビリオンについては、プレパブかテントしか認められなかったそうです。
パビリオンと呼ぶにしては、ショボイです。 外見は建設現場の「現場」みたい。


もっと気の毒なのは  「火気厳禁」

ガスがダメ!ってことで、お菓子の実演をしたかったのに、
電気調理器(自家発電の)以外は使用禁止。

どうやらクレープとかドーナッツなどしか作っていただけなかったそうです。




パビリオン内の構成がまずい。 

全国のお菓子屋さんのあつまる「お菓子めぐり館」が本来の菓子博のメイン
でなければならないのです。

そこが、スカスカです。だって見せ方が下手。人気があったのは「京都」くらいです。

洋菓子工業会

洋菓子工業会の展示   きれいだけど、 学校の文化祭を思い出しました。 


各パビリオンの広さにも問題がある。

「夢のお菓子ランド」 は 大手菓子メーカーさんのパビリオン

ゲームをやったり、お菓子を配ったりという、うれしいおまけがあるので、
お子様連れは必見!

・・・ということで、大混雑です。 待ち時間も半端じゃない。
ですから、私は入っていません。

ここは、もっと広いスペースをとるべきです。 

(会場は無駄に広いんだから)

菓子博は、子供の入場料がタダでした。 GWに子供連れが殺到するに決まっています。

ここが一番混むのは、当然予想ができなければなりません。読みが甘い。


心の声:(しかし、大手メーカーのお菓子は、お店に行けば買えるんじゃないんですかねぇ?)


そして、お菓子のお買い物ができるところが異常に少ない。 と感じました。

「姫路城下町」というのが ありましたが、え?これだけ?という感じ。

城下町

無駄に広いっていう意味。 こういうことです。


文句ついでに、もうひとつだけ。
スポンサーサイト

続きを読む>>

2008-05-30(Fri)
 

お菓子はアートだ!(洋菓子編)

メタリックな輝き フォルムも美しい この 妖しい魅力のお魚。

チョコレートの魚mini

実は made from chocolate です。

信じられますか?

この作品は 帝国ホテルのグループによる工芸菓子

姫路菓子博 「和と洋のシンフォニー館」への出展作品でした。



帝国ホテル作品

こちら、その作品(部分) の遠景


工芸菓子とは、芸術的な鑑賞のために砂糖などの食材で制作された立体作品です。

今回は、洋菓子の工芸菓子から、私のお気に入りをご紹介します。



『日本丸』   エーデルワイス社の作品

日本丸

私のイチオシ作品です。

「兵庫のお菓子館」に設置された「エーデルワイス・ミュージアム」展示 

風をはらみ、白く輝く帆。 青い海。 すばらしいできばえでした。


神戸港開港140周年記念に、50名の職人さんが60日かけて作成したそうです。

大きさは50分の1  図面の提供も受けたというこだわり。 本格的です。

基本の材料は、砂糖・コーンスターチ・ゼラチン・水あめなど。 80kgもの原材料を使用。


波止場の歩道の石畳はクッキー、 表情豊かな人形たちは、マジパン製。

海面の透明なブルーは水あめだそうです。  (しかも、おいしそうでした。)


パンでできたエッフェル塔


これは 飾りパンでできた「エッフェル塔」

一枚の絵のような作品になっていますね。


昭和レトロな銀座mini

昭和レトロな 「銀座」です。

色合いがなんとも、いい感じです。 
写真をクリックしていただくと もう少し大きな写真になります。
ゆっくりご覧下さい。


ケルン大聖堂

『ケルン大聖堂』 神戸国際調理製菓専門学校 の出展作品 

ペーパークラフトみたいですね。 白一色が清清しいです。 



和菓子と洋菓子では明らかに、作品のテーマ、対象物、色、形、デザイン、遊び心。 が、違います。

そんな違いも、面白いですね。

続きを読む>>

2008-05-24(Sat)
 

お菓子はアートだ!(和菓子編)

わし

姫路菓子博会場には、動物園が併設されています。

わしの親子 がいました。

   (うそ、です。(^ー^)  これは、お菓子です。 
             ・・・あ、動物園は本当にお隣にありましたよ。)


姫路菓子博の「目玉」――それは  工芸菓子  でした。

工芸菓子とは、芸術的な鑑賞のために砂糖などの食材で制作された立体作品のことです。

和菓子の世界では、鳥や花が写実的に表現されます。

風景や建築物も題材に選ばれます。


これらは、「和の匠館」「和と洋のシンフォニー館」を中心に展示されていました。

王朝花車

「王朝花車」  

典型的な 工芸菓子の作品でしょう。  豪華絢爛です。

生花の世界

生花  としか思えない 繊細な花たち。

この作品も和菓子の美をあらわす典型的な作品のひとつでしょう。

小さい写真はクリックしていただくと、すこし大きくなりますので、ごゆっくりご覧下さい。


どれも素晴らしく、甲乙はシロートには、わかりません。 
ただただ、感心して眺めるのみ。です。

 
あじさいとかたつむり

こんな、遊び心も。 どことなく 「和風」



当然のように、この2つのパビリオンは行列必至。

2時間3時間待ちのあげく、入場制限がつくこともありました。 

そして、館内でもまた行列。

「写真を撮らないで下さい。」「歩きながら見てください。」「立ち止まらないで下さい。」
も係員の叫び声が響き渡る。

遠くから隙を見てシャッターを押す。  盗み撮りしている気分です。^_^;


私のお気に入りをご紹介 

かわせみ

大きな作品の〈部分〉です。

かわせみや、カニなどのこまかいディテールまでとても繊細で生き生きしていて、
しかもかわいい。

岩や、木の枝もすべてお菓子です。

ふくろう

もう、言うことないです。 かわいい♪


なんだか、鳥ばっか。  どうしてなんだろう?  

   決して、鳥マニアでは、ございません。  あしからず。

続きを読む>>

2008-05-21(Wed)
 

『ひめじ菓子博』 に行ってきました

菓子博ロゴ


『ひめじ菓子博』 に行ってきました。
今年は第25回 兵庫 姫路市で 開催されました。

期間は 20年4月18日~5月11日まででした。

GWを間にはさんだ日程。会場は 姫路城。 ということで、予想以上の人出。

入場者数は90万人を超えた!!!ということです。

トリュフの地球

トリュフ(チョコレート)でできた 『地球』 です。 (兵庫のお菓子館)

菓子博のニュースにも取り上げられていた展示品です。

この直径約3メートルの 『地球』 にはトリュフチョコレートが約3万5千個も
使われているそうです。
大手前製菓学院専門学校の生徒たちが制作


『菓子博(全国菓子大博覧会)』 とは、 何か?

日本各地のお菓子に関するあらゆるものや情報が一堂に会する、
全国各地で開かれている “お菓子の祭典” です。

日本各地から集まったお菓子の展示・販売をはじめ、
菓子職人による工芸菓子の披露、伝統・歴史紹介など、 見所がいっぱい。

地方自治体との共同開催になってから、一般市民のための
楽しいイベントになっているため、業界の方のための「見本市」とは
ちょっと違った「博覧会」になっています。


会場から姫路城

菓子博会場のさまざまなポイントから、姫路城が望めます。

敷地もかなり広く、なかなか贅沢な会場です。

(広すぎて歩くのが大変。という話 あり)

会場内はそんなに混雑した印象はありません。

ただ、人気のパビリオンには行列ができ、2時間待ちということも、珍しくない状態。
《夢のお菓子ランド》 と 《全国工芸菓子館》 が 常に行列状態です。


まずは、比較的並ばずに入れるところから、ご紹介しましょう。


神戸館
《兵庫のお菓子館》

兵庫県のお菓子が大集合。 メーンゲートから一番近いパビリオンです。

さすが、地元。 しかも、洋菓子の伝統のある「神戸」を抱えるという強みがあります。
洋菓子部門はおそらく、他県と一線を画する充実度。
展示品もすばらしいものでした。

私は一番気に入りました。

全国菓子館

《日本縦断!お菓子めぐり館》

ここは待ち時間なし。   
広い会場スペースに県ごとのブースが容易され、お菓子が展示されています。

会場が広いということはありますが、空いているわけはすぐにわかります。

ここは、「見るだけ」なんです。


さすがに、見せる工夫のあった「京都」のコーナーは、人気でした。

太陽の塔

大阪の「太陽の塔」も目を引きました。


さて、それでは お買い物は?というと、隣接した会場へ。

なんですが、一度外にでなければなりません。

で・・・、
買い物行列

行列に並ぶ!

入場まで30分くらいか?  私はお買い物は諦めました。 お仕事中だし・・・。


《お菓子の学校》のパビリオンもあります。

ケルン大聖堂

これは、砂糖で作られた工芸菓子で 『ケルン大聖堂』 


見て買うだけじゃ、つまらない。
そんなアクティブなあなたは、 こちらがおすすめ。

続きを読む>>

2008-05-18(Sun)
 
プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。