スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

箱根ラリック美術館  その夢

クラシックカーマスコット

クラシックカー・マスコット   ルネ・ラリック作品

『箱根ラリック美術館』  のラリックとの出会いはこの 『クラシックカー・マスコット』でした。


車とガラスの繊細な競演に魅了されたオーナー氏の、個人的な作品収集は
2005年3月19日  箱根・仙石原の地に、この美術館を生むことになりました。


『箱根ラリック美術館』は、19世紀末から20世紀初頭、
アール・ヌーヴォーからアール・デコのその両方の時代でで活躍したアーティスト、
ルネ・ラリックの作品を展示する美術館です。

宝飾とガラス工芸の分野ですばらしい作品を残し、大変人気の高い作家です。

どなたがご覧になっても、きっと気に入る一点がみつかることでしょう。


ラリックミュージアム建物

森の小径を思わせるボードウォークのその先に現れるのがミュージアムの建物

2階建てのモダンでシンプルなフォルムから、

静謐で、自然なムードが漂っているように思えます。


ラリック入り口


エントランスの扉の明り取りに女性の顔のレリーフがあしらわれています。


ここから先は撮影「厳禁」です。

声高のおしゃべりも、靴音も、控えめにと、お願いされます。

かさの持ち込みもNG

ちょっと厳しいチェックを受けて展示スペースへ


館内もとても考えられたデザインでモダンでしかもくつろげるスペースです。

ぜひ、ご自身で見てきていただきたいと思います。

入館はチケットをお持ちなら、当日は何度お入りいただいても大丈夫です。


ラリックの庭

アザミの花の奥に見えるのはミュージアムショップとレストラン
庭はちょっとした森林を思わせ、そぞろ歩きも楽しい。


美術館と自然との共生はオーナーさんのひとつのテーマでもあります。

箱根のこの地に出会うまで、ミュージアムの構想を暖め、あきらめなかったという
その情熱が結晶したのが、この美術館だそうです。

その「夢の世界」がこの「箱根ラリック美術館」には、確かにあります。

だから、居心地がこんなにもいいのでしょうね。



作品はお持ち帰りはできませんが・・・

ツバメ絵葉書

ネックレス  「ツバメ」 

ミュージアム内で販売されている絵葉書です。

1枚100円

これなら、お持ち帰りOKです。
スポンサーサイト

続きを読む>>

2008-07-10(Thu)
 
プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。