スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ある日の添乗員―食の安全について

今年、もっとも頻繁にニュースになっているのが食の安全に関わる問題だと思われます。

偽装事件に毒物混入などなど、耳を疑うようなものばかりです。

そんなとき、思い出したのが有馬温泉の添乗に行った時のこと。

これは何でしょう?

鉄火巻き

鉄火巻きですね。 はい、クイズにもなりません。


実は、これは、ある日の私の「夕ご飯」だったのです。

これきり、それっきり。

お味噌汁も 無し。

煮物もフルーツも 無し。

いくらなんでもそんな・・・・(T△T) 
 
というショキングな夕食にとってもとってもブルーになった私でした。


向陽閣食事処

こんなカウンターにひとりぼっちで、店内には誰もいないし。


どうしてこんなことに? のわけは、

  私が食事処に来たのが、9時を回ってしまったせいです。


添乗員は通常、お客様のご宴会の間に食事をこういうホテル内の夜食コーナーなどで食べるか、

お客様の宴会のお席に同席させていただき、ご宴会のお世話をしながら食事します。

このときは、お客様が社長のお客様(VIP)であったこと。
幹事が不在な旅行で、宴会の飲み物の管理や注文、カラオケのお世話など
お仕事があったため、お客様の宴会後に食事をする予定でした。

普通は8時に終了、少なくとも8時半にはお食事にいける。。。。はず。でした。

が、盛り上がった来賓&社長さまのカラオケタイムが宴会終了後も続き。

宴会が終わったのが9時でした。


急いでお食事処へ行ったのですが、 「もう、食事は出せない」と言われ・・・

本当にショックだったんですよ。 とても疲れていたし・・・。
そういうことなら、なんで、先に声をかけておいてくれないのかしら。
とうらみがましく思いました。

「ちょっと何とかならないの?」 と、交渉したんですが ダメ。


この旅館では8時半を回ると生ものを出さない。

9時を回ると、残っている食材は 『全て廃棄』 

というマニュアルが あったのです。

そして、調理場のそれは、全く徹底していたのでした。

探してもらっても、食材は何もなかったんです

できるのは、 これ、鉄火巻きとかっぱ巻き というわけ。


心の中で悪態をつきながらふと思ったんです。

それってすごいな。って。


きっと、明日の朝ごはんは朝きちんと用意するのでしょう。

(どこの旅館もそうしているなんて、本気で信じている人はいないでしょうね?
 1泊数千円の激安が自慢の宿なんて、朝は調理場は『無人』ですよ。
前の晩に冷蔵したものをバイキングで並べるだけのアブナイ朝食です。)

残り物がないんですから、出てきようが無いですよね。

お菓子向陽閣

なんてことを、お部屋に帰ってお茶とお菓子を食べながら、ぼんやりそんなことを考えていました。

お菓子が数種類あってくれてよかった。


あ、ちなみに、これが、そのときお泊りしたお部屋です。

お部屋向陽閣

ごく普通の小さめの和室

おなかがすくから、早めに寝ました。Zzz



そして、朝ごはん。 


向陽閣朝ごはん

バイキング形式のお食事でしたが、その おいしかったこと  

ジジミのお味噌汁にこんなに感動できるなんて!

いや、お味も よかったんです。全般的に。

この後、また追加で小皿のお料理をいただきに行き、
フルーツや紅茶もいただきました。

バイキングがあんなにありがたいなんて。。。

あの朝の感動はしばらく忘れないかも・・・
スポンサーサイト

続きを読む>>

2008-09-29(Mon)
 
プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。