スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

にっぽん丸 内覧会 パブリック

新聞の一面広告ににっぽん丸の「太平洋クルーズ 52日間の旅」の広告が
来年5月11日初のロングクルーズ旅行の募集が始まったのです。

新しくできるバルコニー付きの最高のお部屋で お一人880万円ですが。

ご希望の方はぜひ私まで(^ー^)

商船三井のファンネル

商船三井のシンボルはオレンジのファンネル

これは船を運行管理している会社を示すシンボルになっています。

「にっぽん丸」は商船三井の船ということがここからわかります。


連絡デッキより

連絡デッキから船内に入ると、お花のディスプレーが迎えてくれました。

このときはちょっと早めの桜をアレンジ

華やかだけれど、和のムードですね。


ダイニング準備中

2Fダイニングルーム「瑞穂」では、室内のディスプレーをアレンジの真っ最中。

テーマクルーズ といって、それぞれの航海に テーマが決められています。

そして、そのテーマに沿った飾りつけがアレンジされるということでした。

横浜港に停泊している出航の無い日はこの1日だけ。翌日は出航です。

かなりの急ぎ仕事となります。

クルーズの準備で忙しい中を見学させていただきました。

スタッフのみなさん。お邪魔してしまって、申し訳ありませんでした。<(_ _)>


窓辺のテーブル席

この窓辺のテーブル席には、どなたがお座りになるのでしょう。

食卓にはどんなアレンジがされ、どんなお食事が並ぶのでしょう。

空想が広がります。


お花もスタンバイ

さまざまなお花がスタンバイ中でした。

4階と5階が吹き抜けになったメインホール「ドルフィン・ホール」や、

白いグランドピアノを備えたラウンジでは

クルーズのテーマに沿ったイベントやショーが企画されます。


そうした、プランを丸ごと楽しむのが船の旅。ということになるようです。


な~るほど、『目的地』だけが旅の理由ではないのですね。




そういうことなら、大人~な私が行きたいのは。

ここ。
ネプチューンバー

ネプチューン・バー


バーの看板

色とりどりのカクテルですよ。

世界各地のウイスキーですよ。




おっと、失礼。


バー客席

深みのあるブラウンを基調にした、シックな空間がここにあります。

このバーは5階の最前部にあたります。

斜めの窓が、いかにも、船だな~という感じで人気があるそうです。


バーカウンター

窓際のお席とカウンター席。

あなただったら、どちらがお好みでしょうか?
スポンサーサイト

続きを読む>>

2009-03-28(Sat)
 

にっぽん丸 内覧会 お部屋見学

先日、横浜港に停泊中だった 『にっぽん丸』 を 見学してきました。

にっぽん丸外観

世界の豪華客船から比べると小ぶりな船。といっても、

近づくと思っていたより大きい  そして、きれい。

総トン数21,903トン 定員532名 (184室) 洋上のホテルです。
 *2009年3月現在


停まっている船に乗るだけなのに、なんだか、わくわくします。

船インフォメーション

船は8階建てでメインエントランスは2階にあります。
このインフォメーションでは、船酔いのお薬をもらったり、落し物の問い合わせをしたり、
船旅中のお客様のさまざまなサポートをする窓口になります。

背景の世界地図がシックでいかにも、船!というムードを出しています。

にっぽん丸のイルカ

イルカのシンボルマークがさりげなく、インフォメーションの横の壁に刻まれていました。

イルカ好きな私にはそれだけでポイントが高いです!


まず、私が永遠に泊まることのないと思われる
スイートルームからご案内しましょう。

スイートルーム居間

40㎡で居間とベッドルームの2間からなるゆったりした空間

通常船室は狭く感じるものですが、明るい木製家具で統一された室内は
窓も大きく取られ、シンプルで広く感じます。

ラウンドにカッティングされたソファのイメージもソフトですね。


室内テレビ

ソファに座って向かいの壁面にはプラズマテレビ(32インチ)とDVDプレイヤーが。

お気に入りの映画を観るのもいいし、ソフトの貸し出しもあります。


スイートデスク

ソファの横のコーナーはライティングデスクや本棚があって、

ちょっとしたお手紙など、書く必要が無くても書きたくなったりして?



bed

ベッドルームにはツインベッド

ベッドの上には 『花毛布』 

スイートとデラックスのお部屋に対するサービスで、

毎日さまざまなアレンジで折られているそうです。

古きよき船旅の伝統。

現在日本で行っているのは、「にっぽん丸」と兄弟船の「ふじ丸」だけだそうです。

寝室にも液晶テレビ。

バスタブつきのバスルームにシャワートイレ  

湯上りはバスローブをまとい、無料のミニバーで軽く1杯 

ああ、スイートってエレガントですね~



一般的に客室の大部分は 『ステートルーム』 というカテゴリーのお部屋です。

ステートC

お部屋の広さは14~18㎡  グレードはA・B・Cと3段階
広さではなく、お部屋の階層や窓の形状などの差による格差です。
(丸窓2つのお部屋 ステートCのほうが安い)

やはり実際の面積よりは広めに感じます。

居住性を重視し、ベージュを基調にし、あくまでもシンプル。

個人的な好みとしてはもうちょっと華やかさがあってもいいと思うのですが。

あまりデコレーティブだと、長旅では圧迫感がでてきて飽きるのだそうです。

確かに、そうかもしれませんね。

テレビとDVDプレイヤーは標準装備

お風呂はバスタブ無しのシャワーオンリーですが、おトイレはシャワートイレです。

お風呂は、大浴場もあるので、大丈夫!

せっかくですから、そっちに入りましょう!ということで^^


スイートとステートの間に デラックスルーム があるのですが、

広さはステート並み、デザインや家具、受けられるサービスはスイートに準じる
というイメージでお考えください。

続きを読む>>

2009-03-25(Wed)
 

アディオス!ブルトレ

はやぶさ

「寝台特急」というよりブルートレインの名称のほうが、イメージが沸くかもしれませんね。

本日3月14日、東京―九州を結ぶ寝台特急 「はやぶさ」と「富士」が
最後の運行を終えました。
13日の夕方6時過ぎに東京駅を出発し、熊本と大分に午後に到着
それが最後のお仕事になりました。
これをもって、東京駅発着の寝台特急は全廃。

残るのは北斗星・カシオペア(上野-札幌)や北陸(上野-金沢)
トワイライト・エクスプレス(大阪-札幌)といった
北海道と北陸行きの寝台特急が若干残っていますが、
これも新幹線が開通したら、全廃になるかもしれません。

事実、北海道行きの新幹線の開通は青函トンネルの工事も始まっていて
函館までの開通のめどはついています。

北陸新幹線の構想も、すでに現存しており、日程までは決まっていませんが
将来的に新幹線でつなぐ予定です。

カシオペアなんて、なかなかチケットが取れない人気列車です。

私たち旅行屋さんやシロートは簡単に、カシオペアの車両を増やせばいいのに。
と思うのですが、やはりそう簡単にはいかないらしいです。

日本の過密ダイヤの列車運行において「夜行列車」というものの存在は
結構、面倒くさいものらしいんですよね。

せまいニッポンだから、高速で走ればあっという間についてしまします。

近い区間だと「夜寝るだけ」の列車になってしまって、景色も楽しめないっていうことになりかねません。

現に、北斗星ののぼりのスケジュールは時間的に「旅」として楽しむには、
決していい時間帯とは思えないのです。

本当はヨーロッパのブルートレインのように、もっとゆったり景色も食事も楽しめて、
途中駅の立ち寄りもできたりすればいいのに。

鉄道の旅そのものを楽しみながら、旅行のための寝台特急があればいいのに。
と、思うのですが。

JRさん、ぜひ考えてみてください。


ブルトレの旅では、私のお勧めは「北陸」

これは、列車が豪華でもなんでもないのです。いわゆる普通の寝台車。

でも夜出て、早朝に金沢着という時間帯は、「時間を有意義に使いたい」方には
とっても便利な列車だと思います。

オフ期のパッケージツアーを上手に使うとすっごく安く設定できます。

先日も仲の良いお客さんに北陸を使ったそのパターンのコースをお勧めしたばかりです。


もし、寝台特急未体験の方で乗ってみたいとお考えの方。

ブルトレを体験するなら、今しかないかもしれませんよ。


PS.写真はJR西日本さんのページから無断借用です。
お断り&許可を取るには時間が足りませんでした。
だって、このページもすぐに削除されちゃうかもしれないですから。
問題だったらお知らせください。よろしくお願いします。

Googby ブルトレ!
2009-03-14(Sat)
 

サクラサク

ちょっぴり季節には早いけれど、

   『サクラサク』 のご連絡をいただきました。

嬉しかったので ご報告

サクラサク

この春 受験のお嬢様のために

ホテルのご予約をさせていただいたお客様より、 「合格」 の嬉しいお知らせが!


人生の大切な節目のお手配に 関われたこと

幸せのお手伝いをさせていただけたこと。

ともに、喜びをわけていただけたこと。

すべてに、ありがとう。 とお伝えしたくて。



ご連絡 ありがとうございました。

お嬢様の幸せ多き、学生生活と 未来のために。


一足早い桜の写真をプレゼントします。

おめでとうございます!
2009-03-10(Tue)
 
プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。