スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ステンドグラス at 鳩山会館

暑い毎日が続きますね。
こんなときは美しいものが観たいですよね (と、断定)

小川三知(おがわ さんち)の手によるステンドグラスの傑作の数々を
鳩山会館でみることができるのです。

鳩山邸のステンドグラスはすべて、小川三知の手による作品です。

鳩山会館リビングのステンドグラス

≪第2応接室 欄間部分のステンドグラス≫

第一リビングのステンドグラス

≪第1応接室 暖炉脇の1対のステンドグラス≫

第一リビングのステンド


小川氏は、日本初のステンドグラス作家であり、重要な存在です。

明治38年に渡米し、ステンドグラス作家の当時の巨匠 ティファニー、ラファージと出会い、
11年にわたって、多くの工房などで技術を学び、帰国。

アールヌーボーやアールデコの工芸を身に着けつつも、
日本の建築になじむステンドグラスとは何かを追い求めた人です。


彼の作品は多くが鳩山邸のように、個人の邸宅に取り付けられ、
ステンドグラスが建築の一部として存在してきたため、
芸術作品としては、多くの人に認知されずに、最近まできたのだそうです。

玄関の明り取り

鳩山会館玄関上部のステンド部分

≪玄関の明り取り窓 鳩≫


繊細かつ大胆にデザイン化された構図

空白を大きくとった絵画的な表現は、まるで日本画を観るような・・・
 と思われたあなた。正解です


小川三知は本来、日本画家だったのです。

東京美術学校、日本画科に入り狩野派の流れを汲む橋本雅邦氏に学ぶ。
という経歴の持ち主。

リビング欄間鳥

リビング欄間花

リビング欄間実

≪第2応接室とダイニングの欄間部分のステンドグラス≫ 8枚のうちの3枚

花鳥風月という伝統的画題と洋風のステンドグラスがベストマッチ。
和でもあり、洋でもあり、独特の世界を作り出していますね。


第2応接室鏡

応接室のマントルピースの上部にかけられた鏡の中にも
ステンドグラスが映りこみます。

部屋と完全に一体化し調和した様子が見ていただけると思います。



ヨーロッパ式のステンドグラスと違うのは、
ガラスの色の明るさと線やパーツの細やかさ。

ヨーロッパのステンドグラスがH溝の鉛線(ケイム)に
ガラスを組み込んだ方式なのに反し、
アメリカ式では銅を使ったカッパーフォイルという繋ぎを使います。
(ガラス断片の周りに銅のテープ(コパテープ)をまいてハンダ付けする)

また、オパールセントと呼ばれる、乳白色の優しい光のガラスも特徴です。

一郎記念室ステンドグラス

≪一郎記念室の窓≫

大ステンドグラス

≪階段踊り場の壁面の大ステンドグラス≫

完全に日本画の世界。
複雑な色彩を見事に工夫して表現しています。

重ね硝子技法(二重にしたガラスの後ろに色をつけ、手前には黒で縁取りをし、
奥行きを感じさせる技法)を使用しています。

陽の光によって表情を変えるそうで、夕方の光が差し込む大窓は
最高に美しいそうです。


鳩山会館玄関のステンドグラス

≪玄関 扉のステンドグラス≫

歴史に名だたるVIPを迎えた玄関。

ここにも、新しいステンドグラスの技術が駆使されているそうです。


震災や戦禍や戦火で失われ、建物と共に滅びやすい光とガラスの芸術。

それが、こうして、多くの人々に愛でられる作品になっている。

今、時を越え、作品と向き合える幸せに感動ですね。


ぜひ、お見逃しの無いように
スポンサーサイト

続きを読む>>

2010-08-16(Mon)
 
プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。