スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

JAL『鶴丸』復活!

日本航空は 2011年4月よりは赤い鶴をかたどった「鶴丸」のロゴマークを
約3年ぶりに復活させると発表しました。
JAL新ロゴ

「JALパック」復活に続き、鶴丸も復活! ということですね。

JALパックというツアーブランドも姿を消していたんですよ。(1991年)
富裕層や常連客向けの「I’ll(アイル)」と、一般客向けの「AVA(アヴァ)」
という2つに別れ、社名だけ、株式会社ジャルパックとして残っていました。

昨年2010年4月から 「JALパック」ブランドが19年ぶりに復活しました。

『JALブランド』そのものが、価値を無くしている昨今ですけれどね。

そこで、担ぎ出されたのが 鶴のマーク ということなんでしょう。

実は「海外で鶴丸をみるとほっとする」という往年のファンは意外に多いのです。

JAL新しい飛行機のイメージ

新デザインのイメージ・・・ですが、単に懐かしいだけ?だったりしません?

改めて見てみると、かなりシンプルで、いい感じです。

最新流行のスタイルはあっという間に古くなり、
かえって時代を感じさせてしまうものです。

たかがロゴというなかれ。です。

とは、いうものの、あまりにも、変わってなさすぎのような気が・・・

これで 『新ロゴ』 と 言ってしまってよいのだろうか・・・。

JAL旧鶴丸マークmini
ちなみに、こちら 旧ロゴの鶴丸です。


さよなら鶴丸  鶴丸使用期間 1959~2008  1989~JALロゴ変更あり



JALB787

こちらが現在使用されている航空機のデザインです。



このJALのロゴデザインには、否定的な意見が多かったのです。

JALの経営がおかしくなったのはロゴのせい!とまで言う意見があるくらい。

(実はウチの社長もそうなんですけどね。)

ジャルロゴ現デザイン
 
2004年から使用されている現在のJALのロゴです。

・Aの字が『血塗られた刀』でぶった切られていて縁起が悪い

・JALとJASの統合がうまくいかず、分断されているのを示している

   (確かに事実ですが)

・カラーリングがノースウエスト航空のものだ。(現在はデルタ航空に併合)

・尾翼の日の丸も、欠けていて縁起が悪い。 落日のイメージだ。

               等々。 散々です。


JALによると http://www.jal.com/ja/jasnews/021114-2.htm

■テーマ:
  「The Arc of the Sun (太陽のアーク)」

 ダイナミックに空に向かって上昇していくアーク(円弧)は輝ける太陽をモチーフ
 お客様に感じていただく『よろこび』の高揚感と、
 新「JALグループ」の『空への想い』の強さを意味しています。
 ロゴ書体は変革に向けての“強い意志”を表現しています。



デザインしたのはアメリカ合衆国の大手デザイン会社ランドーアソシエイツ



JAL旧ロゴ


1989年日本航空の完全民営化に伴い、新しくなった旧ロゴです。


こちらも同社の手によるものらしい。

こっちも、JALのイメージと違う・・・という印象でしたっけ。



鶴のマーク。いいね。と思った方も 今更ね。と思った方も 

どうぞご協力よろしくお願いします。

banner_21.gif ←いつもありがとうございます<(_ _)>
スポンサーサイト

続きを読む>>

2011-01-20(Thu)
 

うさぎ年にうさぎの神社へ

2011年は卯年ですね。
12年に一度のえとですから、うさぎの神社に行ってみませんか?

母仔うさぎ

埼玉県さいたま市浦和区(旧浦和市)にある 調(つき)神社 

地元では 「つきのみや」 と呼ばれて愛されています。

浦和駅より 西口より徒歩10分ほど 

鳥居のない神社として有名

調神社

狛犬ではなく  が置かれています。

調(つき)の名が、月と同じ読みであるところから、
兎が神の使いとされたといわれます。

江戸時代には月読社とも呼ばれていたようです。

正面に向かって右側のうさぎ  仔うさぎを抱き寄せている母うさぎ

右のうさぎ像

石造兎像は、万延2年板橋宿石工兼吉作。

このうさぎをモチーフに地元のお菓子屋さんでは最中やサブレーが
作られているそうです。


向かって左側のうさぎ  
もっと近くで見たかったのですが、結構高い位置に設置されています。

うさぎの鳥居

月待信仰
 
中世から近世にかけて盛んだった民間信仰。
月のもつ神秘に畏敬をなし、旧暦23日の夜。月の出を待って祈る信仰で
村の人々が集まってともに飲食し、月を拝み、無病息災を祈ったといいます。

なんか、ロマンですね~。


お次は手水舎(ちょうずや)
ここにもうさぎが待っています。

お手水のうさぎ


手をあらってみる

うさぎの口からお水が出ています。珍しいですね。
ぽっちゃり系のうさちゃんですこと。

さあ、手を清め口をすすぎましょう。


調神社社殿

安政6年に建立された、総ケヤキ造りの本殿

地元信者の信仰が厚く、ご祈祷も行われています。


この調神社では毎年12月12日に、境内と旧中仙道において

「十二日まち(じゅうにんちまち)」が開催されています。

縁起物の熊手や食べ物などの露店が約1,000店も立ち並び、
福をのぞむ多くの人々で夜遅くまで賑わうというかなり本格的なお祭り

その日にぜひ再訪したいものです。


うさぎの絵馬

絵馬のデザインももちろんうさぎ。 こんなにかわいい。

ほかにも拝殿の彫刻など、うさぎのデザインがあちこちに施されているそうです。
みなさんは、いくつ見つけることができるでしょうか?

≪参考サイト さいたま市 観光のページへ≫
うさぎ何匹? http://www.scvb.or.jp/pdf/tsuki_usagi.pdf

十二日まち http://www.scvb.or.jp/mogitate/2010/11/12machi-2.html


うさぎの神社、かわいいね。と思われたなら。
どうぞご協力よろしくお願いします。
 ↓
banner_21.gif  いつもありがとうございます<(_ _)>


ここから先はオマケのお話です。

続きを読む>>

2011-01-15(Sat)
 

2011年 おめでとうございます

うさぎ年おめでとう

新年おめでとうございます

今年も元気でがんばりたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。



皆さまにとって 幸多き年でありますように。


HOP  STEP  JUMP
2011-01-07(Fri)
 
プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。