スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

フィリピン旅行の心得 「サンセット」編

フィリピンはやっぱり怖いじゃないの~
と、脅かしてしまったので、魅力のほうもお伝えしたいと思います。

GUEST特派員MR.K氏のご協力をいただき、第3弾は「サンセット」

マニラ観光の最大の売り! マニラ湾のサンセットです。
 ↓ Click で大きくなります!
20061218170009.jpg

海と太陽の饗宴

20061218170320.jpg

この絶景が「首都の市内」から見られる。

20061218170531.jpg


日本では、ありえないロケーションです。
20061218170622.jpg

この色、きっと一度見たら忘れられなくなりそうですね。


サンセットといえば、夕暮れ。

これを観終わったら、夜の世界の始まりです!
気になるのは、治安 ですね。

ベイサイドはポリスの巡回もあります。
今回、MR.K氏のベイウォークにおいては、特に目立った騒ぎ等はなかったそうです。

但し、「危険は自我と無知が呼び寄せます」とのこと。
安全な旅行のために、自分でできることは、やっておきましょう。

ということで、旅のチェックポイント! 

1.ホテル選び 
 宿泊はベイサイドに近いホテルをキープする。
 ロハス通り沿いのハイクラスが良いでしょうね。
 (初めての方は絶対歩いて行けるホテルにしてください。)
 
 初めての方はAIRオンリーより、パッケージツアーを使ったほうがよいと思います。
 現地でのサポートや安全確認のサービスなど何かと安心なお勧めツアーが出ています。
 彼の地のような旅行では、料金の格安さだけで、ツアーを選ばないでくださいね。
    
2.ファッション
 フィリピーナ、ピノイに順ずる(街中で良く観察して下さい)

 *女性は スカートは絶対にNG!(ジーパンがGood)。メイクは濃くしない。
  上は厚手の生地の半そでTシャツかポロシャツ、ブラウスなど。   
 *時計、アクセサリー等の光物は身につけない。
 *新品のスニーカーやパンプスはNO GOOD.
  靴は履いても靴下は履かない、素足にサンダルがフィリピンスタイル!?
 *カバン・ポーチ類は襷掛け出来るものをチョイス。
  ウェストポーチは此処にありますよと合図してるようなものです。 (手ぶらがベスト)
     
3.現金、携帯電話等の貴重品
 *パスポートはコピーを持参し、現物はホテルに預ける。
 *現金は小額紙幣をポケットに分散。財布、余分なお金は持たない。
 (ベイサイドのフードショップで 飲み食いしても、P500~1000/人位で十分すぎるはずです。)
 *携帯電話は街中、人ごみの中では使用しない。
 (日本の携帯は現地ではハイグレードです。)
 
4.サンセットの撮影
 *撮影は1人ずつ行い、他の人は撮影者の後方に立ちフォロー
 *他人にカメラを渡して撮影してもらっても良いですが、カメラ持ち逃げにご用心。
  また、多大なチップの要求も考えられます。
 *撮影が終了したら、その都度カメラをしまい、画像のチェックは後にしましょう。
  (一般庶民はカメラを持っていないですよ!)
 *土曜、日曜、現地の祭日はベイウォークも人が多くなりますので、
  出来れば平日が良いと思います。

5.その他、気をつける事
 *ベイサイド防波堤やお店の椅子等に座る時、持ち物等はぜったに通路側に置かない。
 (持ち逃げ、引ったくりの予防です)
  バック等は襷掛けのまま座るのがベストです。
 *フレンドリーな人間が話しかけてきたら完璧に(声を出さないで)無視すること。
 (日本語には特にご注意を!)  
 *カレッサやトライシケル、サイドカー、ジープニーが客探しで声を掛けたり、口笛を吹くので
  絶対に相手にしない(声を出さない)無視する事。
 *日本語で大声で話しをしない。
     
     
 単独行動は避けて複数で行動する。(3~4人位がいいですね)
     
 女性同士でもグループならベイウォーク。OK! とのことです。
 少しの勇気でサンセットを楽しんで下さい。


もっと楽しみたい人へ
↓ 
【ベイウォーク・ナイトを楽しもう】
サンセットが終わる頃よりベイサイドのフードショップが店開きします。
お店によってはステージでライブが開催されてるところもあります。
20061218170840.jpg


空いてる好きなテーブルに座って飲み物等を店員に頼めばゆっくり楽しめます。
(席に座らなければただで聞く事も出来ます)

20061218171432.jpg

Liveでマニラの熱い夜をお楽しみくださいね。
怖いばかりがマニラではない。みたいですよ。

      
*路上ですから決して衛生的ではないと思います。
 飲み物を飲む時は、コップの汚れに気を付けて飲み物を注いで下さい。
 また、直接口に触れるものは、その箇所をティッシュなどできれいにしてから
 口をつけて下さいね!

*地ビール?のサンミゲルも美味しいのですが、
 ぬるい時がありますので氷を入れて飲むのがフィリピンスタイルです。
 氷入りは私(SATOKO)はお勧めしません。
      
*フィリピンは果物が美味しいですよ! 完熟のマンゴーはやめられません!
     
*トイレ(CR)は、ベイサイドに簡易トイレがあります。有料!   
 硬貨をご持参下さい(おつりは期待できません:笑)
 女子がトイレに行く時は最低でもペアで行く様にしてくださいね!
       

どこへ行っても、『絶対安全です』とは誰にも言い切れません。

旅には、それなりの準備と心構えが必要かと思います。

いかがでしたか?
GUEST特派員MR.K氏によるフィリピンの旅入門編でした。
旅の安全にお役に立てればよいのですが。
よい旅を!  Good Luck!
2006-12-18(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

シリーズ化希望 

ベイサイド、夜は活気にあふれていますね^^

さすがSATOKOさん、参考になります^^
特に『服装』『サンセットの撮影 』^^
これなら、ボクでも歩けそうです^^

初めて行くところのこういう情報があればいいのにな。。。
ぜひ、シリーズにしてほしいです^^
2006-12-18 18:33 | Pokopen | URL   [ 編集 ]

落日(サンセット) 

お邪魔虫のGUEST特派員Kです!

今回、滞在期間中は毎日サンセットを見に行きました(外にやる事無かったの・・・・ですか?)

幸い天気にも恵まれ、マニラを堪能した気分です(普段の行いですかね・・・・?)

一日として同じサンセットは有りませんでしたよ!
落日を見て感動しているようじゃ、当方も相当くたびれたオジサンかも知れませんがね?

でも、良いものは良いんです!
是非、皆さんマニラベイのサンセットを見て感動してください!! 最高の思い出になる事請合います(行い次第ですよ!夜遊び考えてるようじゃ・・・・・?)

現地はこれから乾季、チャンスが一杯ですよ!
それじゃ、いってらしゃいませ!!

Good Luck!!
2006-12-18 21:16 | GUEST特派員K | URL   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-12-19 03:10 |  |    [ 編集 ]

 

こちらにもカキカキ♪
やっぱり怖そうですよ~って日本がノンキすぎるんでしょうね
どこへ行っても締めるところは締めないといけないということですよね
海外はあまり行く機会がないけど、このサンセットは見てみたいですね~
2006-12-19 14:55 | ネコ娘 | URL   [ 編集 ]

MR.K氏のおかげです。 

Pokopenさんへ
お褒めの言葉、ありがとうございます。
MR.K氏の熱意とご好意で記事ができました。感謝です。
「行って来ました。楽しかったです。」
というお話は、いろいろな方がされてますから。
これから、いらっしゃる方のお役に立てる情報をなるべく多く
取り入れてみたいと思っています。
Pokopenさんにも、南アフリカ編とか、期待してます。
よろしくね。
2006-12-19 16:15 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

本当に美しい夕日ですね 

GUEST特派員MR.Kさま
すばらしいお写真をありがとうございました。
毎日夕日を眺めてGETした、貴重なお写真ですね。
フィリピンって、他にもおもしろい絵がたくさん撮れそうです。
写真にご興味のある方にもお勧めできますね。
台風も、もうこないだろうし。ねっ!
2006-12-19 16:25 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

平和でありますように。 

ネコ娘さんへ
お忙しいのに、こっちの方まで、コメントありがとうございます。

ね?ね?キレイなサンセットでしょ?
同じ地球で見る太陽のはずなのに、海の色、空の色。違うんですよね。
ヨーロッパの太陽って、本当に黄色く見えたし。
ホント、こんな景色を、生で見てみたいですね~。

自然に触れる時、心が澄み渡るように感じます。
その感動をいつも忘れずにいられたら、いいですね。
2006-12-19 16:33 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

サンセット 

海と太陽の饗宴。。。なんて素晴らしいんでしょうv-237
これが、マニラ市内で見られるんですね?

ほんとに色が、日本とは、全然違いますね。
何で、こんなに橙色なの?
2006-12-19 17:07 | かめこ | URL   [ 編集 ]

 

こんばんわ!
素敵な所も多いけれど、海外にいくってことは
自分でちゃんと不便さや怖さも認識したうえでじゃないと
駄目ですよね~。あらためて思います。
自分の身は自分で守る。ほんとそのとおりですね。。^^
旅を楽しむうえでの最低限のマナーなのかもしれませんね。
2006-12-19 23:16 | aya | URL   [ 編集 ]

 

フィリピンの夕暮れも綺麗だ!
一度観てみたいですね~
どうして海外の空は綺麗に見れるんだろう?
そうそう、何でフィリピンはスカートがダメなんですか?(笑)
2006-12-20 07:15 | RYU | URL   [ 編集 ]

海の色も 

かめこさんへ
日本以上に完全な島国のフィリピン。
海に沈む完璧な夕日。大満足の写真ですねえ。
前から謎だったんですけど、海の色って空の色が映っているんでしょうか?
この景色を見たら、やっぱりそうなのかな。と思います。

私個人的には、バハマの夕日が忘れられません。
空の色がバラ色からラベンダーに変わるんです。
とても優しい空の色で、とても幸せな気持ちになりました。
自然の美にはかないませんね。
2006-12-20 10:47 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

国際人になろう 

ayaさんへ
「日本の常識、世界の非常識」  よく聞きますよね。
「そこがヘンだよ日本人」  流行りましたね。
でも、そこから先、ちっとも変わらないですね。日本人って。

旅行先のトラブルは、本人も辛いけれど、その国にも迷惑をかけることになるのです。
トラブルに出逢った時に被害者意識を持つだけでなく、
自分の振る舞いにも責任を持たなくてはいけませんね。
それが、大人の国際人!
なんちゃって。

マナーは思いやりから。
旅行で得るものは大きいのですから、その国の方にもお返ししたいもの。
日本の旅行者のいい想い出を置いてきてもらいたいなあ。
私も気をつけます。
2006-12-20 10:55 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

スカート不可の訳 

RYUさんへ
え?それは、○○と間違われるからですよ。
このベイウォークには、その手のご商売の方などが非常に多く・・・。

フィリピンに限らず、外国では、日本人のおしゃれで露出的な服装は、
そのまんま、ストリート・ガールのサインになり得ます。
人前で口紅を塗る行為も、そのサインです。
間違われる確立は高いと思われます。
危険ですから、絶対にやめてください。
って、RYUさんに言ってもしょうがないか。(笑)
2006-12-20 11:07 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

生情報ですね♪ 

ガイドブックにはさほどデメリット等が載ってないですよね。
なのでここ最近はブログ等で旅先の情報収集ばかりしています。^^
良い面よりもダメなとこを沢山知りたい私なので。^^

それにしてもほ~んと綺麗なサンセット!
正直フィリピンに対してはあまり良いイメージがありませんでした。^^;
でも去年ボホールへ行き良い国だな~、って♪
百聞は一見にしかず、ですね。^^
2006-12-20 12:36 | Aya | URL   [ 編集 ]

スカート 

SATOKOさん こんにちわ
間抜けな私は、漸く、スカート不可の訳がわかりました。
スカート大好き人間にとり、スカート不可地帯は「行きたくない」になります。でも、私は、年齢的に大丈夫でしょう。
オット、この私は大丈夫!と思うことを海外では止めた方が良いのですよね。いつだったか40に手が届く頃に、とある国で20そこそこに見られました。日本人は皆8掛け位の年齢に見られるようですね。
また、インドでスカートをはき、驚愕された思い出もあります。
サリーも十分スカートと思うのですが…。
まぁ、ちょっと気をつけて、旅を楽しみたいものです。
しかし、フィリッピンの夕陽-きれいですね。
本当、同じ島国なのに ずいぶんと違いますね。
また、このようなレポートを楽しみにしています。
2006-12-20 13:09 | 夢見るセブン | URL   [ 編集 ]

スカートの話 

RYU様、夢見るセブン様

スカートはいてる娘いますよ!

スクールの制服スカートの娘は見かけます。但し、ひざ下まで裾が来てます。日本の女子学生のように、わざわざ制服のスカートをたくし上げて、ミニスカートにしてはいてる娘は皆無ですけど。

また、経験のある方はお判りかと思いますが、ジープニー、トライシケル、サイドカー等の乗り物にミニスカートは不向きのように思えます。座席が座ると以外に低いのです。乗り降りも大変でしょうね?

日本でもミニスカートの娘は裾元を気にされて座ってますよね!
ジープニーで正面にミニスカートの娘が座ったら、きっと目のやり場に困ってしまいます。
だからと言ってミニスカートの娘、いないわけじゃ有りません! 時々見かけますから(目立ちますよ!!)
今度見かけたら希少価値ですから良く観察して見ます(笑)

ともあれP国では、ファッションより機能性でジーンズ、パンツ類でのお出掛けが無難かと思います。

御安全に!!

2006-12-20 15:36 | GUEST特派員K | URL   [ 編集 ]

大事なのは現地のファッション 

こんばんは^^

私はその昔(大昔)、ロンドンに住んでいた時に
中国人から「中国人」に間違えられること数回…
ロンドンの日本人からは「日本人に見えない」と言われる事
日常茶飯事…
その決定的な原因は「ファッション」でした。

日本人女性は、外国の街を歩いていると
もう100パーセント一目で「日本人」ってわかります。
日本人にとって旅行は特別な「お出かけ」だからなのか、
ガッチリと高級ブランド品で固めた服装、バッチリ濃いメイク。
街角で日本語のガイドブックを広げ、きゃあきゃあと笑いながら楽しそうにキョロキョロ。
それは旅行に来た人ばかりでなく、旦那さんのお仕事で駐在になった日本人奥さん達にも共通するスタイルでした。
いかにも「鴨葱」、とっても美味しそうな「獲物」です(笑)。

かたやあの頃の私は、現地のちょいとサイズの合わない
センスのない安い量販の既製服を着て、メイクもなし。
知らない所へ出かけるときにはまず家で地図と睨めっこ、
おおよその地理を頭に叩き込んでから
脇目も降らずに目的地へ一直線…
いかにも「道、知ってるんだもんね」風に歩けるように
苦心しながら歩いていました。
その姿はいかにも金なし、余裕なしの隙なし! のカタマリで
「お金持ちで小奇麗」な日本人女性とはかけ離れた格好で
それで他の東南アジア…中国人に間違われるということに。

でもそれが、やっぱり色々と身を助けたのだと思います。
特に怖い目にも遭わず、8年間の滞在の後
ちゃんと帰国出来ましたから^^

海外、特に生活の厳しい人々が多い場所にお出かけの際は
SATOKOさんや特派員さんの仰るとおり
「え~、お出かけなのにこんな格好~?」と思うくらいの服装が身の安全には一番です。
普段、スーパーに大根買いに行くのに ブランド服は着ないでしょう?

冬休みに海外へお出かけの方々、どうぞお気をつけて
良い旅をv ですね^^
2006-12-20 17:12 | 銀猫 | URL   [ 編集 ]

海の美しさなら 

Ayaさんへ
ボホール!
キレイな海&白いビーチの島ですね。
ちょっと都心から遠くて、真ん中に抱かれるような格好の島です。
海も穏やかなのではないでしょうか?
ダイビング、どうでした?

まだまだ、問題山積みのフィリピンですが、海の美しさなら、
負けてないですね。
2006-12-20 18:02 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

日本人は若いのよね 

夢みるセブンさんへ
ましてや、セブンさんのようないい女は危険です!

そうですか、インドでスカート。驚かれます?
それは、気が付きませんでした。
宗教上の問題?習慣のせいでしょうか?
治安の問題ではないですよね?
2006-12-20 18:08 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

ミニスカは希少価値!(笑) 

GUEST特派員MR.Kさま
いつも、フォロー、ありがとうございます。
そうですね、「日本の女の子風 スカート」と言ったほうがよかったかな。

悪目立ちして、「外人だ~。」と、目立たないに越したことはない。
ということですよね。
2006-12-20 18:12 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

鴨ネギにならないために。 

銀猫さんへ
私もよく現地人に間違えられます。
フィリピンでは日本人に英語で話しかけられました。(笑)

それを言い出すと、ヒンシュク・ブログになるかもしれないけど。
日本人のブランド・ルックほど場違いなものは世界中でない!
とたぶん、断言できるでしょう。
ONとOFFの区別がない。
ジーンズにサンダルで○○のバッグを持つ。などなど。
おそらく、とても奇異な人種に見られていると思われます。
外国の真似をしろとは、いいませんが、一度冷静に自分を見たほうが。
とは、思いますね。
鴨にならないために。

銀猫さ~~ん。
このコメント。コメントじゃもったいないです。
貴重な情報だし。何より。面白い~!
銀猫さんのブログで、記事にしない?
しないんだったら、私が再度本記事のほうにアップしたいな。
と思うくらいです!
2006-12-20 18:24 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

わ~いv 褒められた? 

SATOKOさんも 日本人には見えないくらい
現地に溶け込んでらっしゃるんですね^^
さすが旅慣れたプロの方vv

こういったお話は、やっぱりSATOKOさんの方で
記事にして頂いた方が 断然いい記事になると思います!
ぜひぜひ、SATOKOさんのお話を聞かせて下さい^^
楽しみにしていますね!
2006-12-20 20:22 | 銀猫 | URL   [ 編集 ]

勉強になります。 

みなさんスゴイですね。勉強になります。
ボクも行くところによって服装に気をつけています。
最近はドコでもジーンズです^^ いいトコには いけません。
スーツ着て4月初めのマニラに行った事もあったっけ。。。プライベートだったのに(TT)

ボクの話も、旅慣れたプロのSATOKOさんにお願いシタイデス^^
たぶんもっと楽しくなると思うのサ(`・ω・´) b
ではSATOKOさんも、現地ヨハネスブルグのダウンタウンに(ビールを買いに)レッツゴー!!
(っと、目立たないように、こっそり言ってみる)
2006-12-20 21:05 | とけこむ服装(迷彩じゃない)のPokopen | URL   [ 編集 ]

旅なれてはいないんです 

銀猫さんへ
旅行の情報はたぶん、長年見ているせいで、
一般の方とは違う情報の捕らえ方ができるかもしれません。でも、海外専門の旅行会社ではないので、海外旅行慣れはしていないですよ。
長い旅行に出るには、暇と、なによりお金がありません。子供もいるし。(泣)

私のお仕事は、みなさんを旅に送り出すこと。です。
銀猫さんのように、海外在住歴のある方が、とってもうらやましいです。
ですから、お話を聞かせていただけるとすごく楽しいですし、参考になるのです。

旅行屋さんは、お客様が無事に帰国して、よい旅だったと、言ってもらえるまでがお仕事です。
物を売るのと違うし、運にも左右されるので、気が休まりません。
いつも、心から、皆さんのGood Luck!を祈ってます。
2006-12-21 10:34 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

だから旅慣れてないってば(笑) 

とけちゃうPokopenさんへ
とけて見えなくなって迷子にならないようにね。(笑)

男の方は「スーツ」という、今や世界共通のビジネスの制服があるから、便利ですよね。
スーツを着てればビジネスマン!
浮きまくり旅行者とは、一線を画せるというものです。
そして、ジーンズ。
ドレスコードのあるレストランなどには入ってはいけませんが、
それ以外なら、絶対に便利ですね。荷物に入れると重いけど。

PS.ヨハネスブルグ。連れてってください。Pokopen添乗員で。
2006-12-21 10:45 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

スカート続き 

SATOKO様
いい女とは、多謝!
本当は、いいおばさん?(笑い)
さて、インドですが、インドの大人の女性は、み~んなサリーを着ています。
ワンピースや膝丈のスカートをはいているのは12歳くらいまでの子供。
大人の女性の膝下がむき出しということは、ありえません。
ロングスカートなら問題なさそうです。
膝丈タイトスカートで、驚かれました。
サリーは着付けが外国人には難しいので、イザという時は
パンジャビースーツを着ます。しかし肌の色ですぐバレてしまいます。
中国なら中国人で通せるんだけど…。
2006-12-21 13:11 | 夢見るセブン | URL   [ 編集 ]

サリー 

夢みるセブンさんへ
インドの方は日本人からみるととてもエキゾチックですよね。
サリーにはあこがれちゃいますが、似合いそうにないな。
私の場合、インドで、現地人に間違われることは、まずありえないでしょう。
肌なら日焼けすれば何とか(笑)、でも顔が違いすぎ。
2006-12-21 16:59 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

人前で口紅を塗るのとかスカートってそう意味なんだ。
そりゃ観光してる女の人にとっちゃ大変ですね。

でもやっぱそういうののお客って日本人が多いんでしょうか?
だったらヤだなぁ・・・。
2006-12-22 16:01 | ロッキン | URL   [ 編集 ]

お得意さん 

ロッキンさんへ
日本人だけではないですけどね。
やはり「お得意さん」でしょう。
なんといっても、団体でのご利用ですから。
今は、その手の団体さんはフィリピンより中国へ行っているのではないかと、
私は推測しているのですが。
フィリピンで、もし、売買春で摘発されたら、禁固刑。重罪なんですよ。
バレないから、なんとかなっているものの、本当はかなりリスクが高いんです。
2006-12-22 16:19 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

ロッキンさんへ 


〉人前で口紅を塗るのとかスカートってそう意味なんだ。
 
 時間と場所とスカートもデザインに寄りますし
玄人か素人かは、ほぼ、一目瞭然だし 少し
気を付ければ大丈夫ですよ。
 後は、銀猫様のおっしゃる通り
〉街角で日本語のガイドブックを広げ、きゃあきゃあと笑いながら楽しそうにキョロキョロ。
 これはカモです。
2006-12-22 17:32 | 夢見るセブン | URL   [ 編集 ]

 

Merry Christmas!!!!!
ヒャッホーゥヽ(´▽`)ノ!!!
よいクリスマスを!!!
2006-12-24 12:33 | Pokopen | URL   [ 編集 ]

クリスマス、です。 

夢みるセブンさんへ
クリスマス、いかがお過ごしでしたか?
キリスト教の国ではない国のほうが、より遠慮なく
クリスマスをダシに商売しているようにも思えるのですが、
中国なんてどうなんでしょう?
日本と同じようなノリで、クリスマスをお祝いするようになるのかなあ。
2006-12-25 18:39 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

世界がHappyでありますように! 

Pokopenさんへ
メッセージありがとうございます。
よいクリスマスを過ごされましたか?
みんなが幸せになれる一日であるといいですね。
2006-12-25 18:41 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。