スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

お話ししたいですか?

【はじめに】
「私は日本語以外の主要7ヶ国語がぺらぺらよ。」という方!

この記事は読む必要はありません。


おフランスは、フランス語ができないと意地悪される。

そういうお話が、巷でよく言われます。

でもね、日本で、「英語ができて当たり前だろう」という顔をされたら、
嬉しくはないですよね。
片言でも、日本語を話してくれる外人さん。  大好きでしょ?

日本人だって、日本語ができないアジア人には冷たい。

反省しなくちゃね。というお話もでました。

これは、意地悪。というより、外国語になじみがないのと、
自信のなさ。からくる、おじけ。でしょうか。



「英語なら自信あるわ。」
「外国語はできないけど、日本語でしゃべっちゃってるよ。」

こういうかたには、お勧めできます。

「よその国に行くなら、挨拶くらい覚えて行きたいよね。」

この本はあなたのためにあります! 

20070118190433.jpg

『旅の指さし会話帳』
クリックで拡大できます。

あれ?どっかで見たことあるよ。

そう、この本は、任天堂のDSのソフトとして大ヒットした、
「旅の指さし会話帳シリーズ」原本なんです。

出版社の営業さんに見せてもらって、読んでみました。

これは、使えます!

中が著作権の関係でお見せできないのが残念なのですが、
全てのページにイラストがかかれ、絵と単語と使えるフレーズが
ページに収まるようなレイアウトで書かれています。
文字は原文にカタカナ表記 手書き文字があったかい

口にした時、発音が違っていても、イラストと文字で確認しあえるから
意思の疎通はばっちりでしょう。

数ある「旅行会話本」のように、例文の羅列ではありません。
以前、その「会話集」を使って現地語で質問したら、
当たり前の話ですが、現地語で回答され

言われた言葉がまったくわからなかった。という、
すごく無意味で間抜けな経験をした私です。

最小単位の言葉で意思を通じ合えるためのいわば、ガイドブックなんです。

20070118190453.jpg

裏表紙はメモボード! 水生ペンで筆談できちゃう。
これで、お値段の交渉もOKね。


ほかにも、お勧めポイント

その1 言語の数が半端じゃない
  ヨーロッパだけでも22カ国のバージョンがある。
  今後も増える予定あり!
  私はクロアチアをリクエストしちゃいました。

その2 イラストを見てるだけでも楽しい
  一冊一冊その国のイメージに合うようにテイストを変えてある。
  見てると物知りになれる。

  Chupa Chups(チュッパチャプス)がスペイン語だって知ってました?

その3 ガイドブックになる
  お料理、お菓子、お祭りなど、その国独自の文化を紹介
  国全体や主要都市のマップが付いている。
  フランス語編ではメトロ地図もかなり見やすく詳細です。

その4 著者の個性が透けて見える。その国への熱い想いが伝わってくる
  その国の方とコミュニケーションするためのメッセージに愛がある。
  あと書きもぜひご一読を! 
 
その5 語学の入門者への学習書に!
  実は私、スペイン語を勉強しているところです。
  まだまだ単語がいくつかわかる程度の語学力ですが、
  この本の内容は見ればわかるんです。

  シンプルに必要最小限の文法とフレーズ。語いが詰め込まれています。
  イラストのおかげでインパクト大。
  文字情報だけのときより、頭に残るみたい。

  巻末に単語帳が載っていて、携帯の辞書代わりにもなります。
  単語を覚えたい。簡単な日常会話を身につけたい。
  こんな低いレベルの私にとってですが、この本は非常に役に立つ。と、感じました。

本屋さんで見かけたら、手にとって見てみてくださいね。


★このシリーズはとても種類が多いため、本屋ではレアな国のは置いていません。

ですから、欲しい本は注文になります。

旅行会社で本を紹介し、扱えるようになると便利だな。
ということで、今回営業さんがいらっしゃいました。

こんな、よい本なら、私もご協力したいと思います。
お手配させていただいた、個人旅行のお客様に差し上げても喜ばれると思います。

皆様でしたら、いかがですか? 欲しくない?
2007-01-18(Thu)
 
えいご漬け ルールと、しくみ
えいご漬けシリーズ中、最も初心者向き。小学生・英語の授業が無かった戦中世代にもお奨め。基礎単語の綴りを覚えていなくても、マウスで単語を選択するだけで、文章を組み立てられる。その一方、凝った文法も後半以降に登場するので、長く使える。綴りを覚えたら、手入力...
[語学 ソフトのレス]  2007-10-08 05:53

コメントの投稿

非公開コメント

( ゚д゚)ホスィ… 

ぜったいぜったい欲しいです!
って言っても、しばらくは海外は( ノД`)ムリ…

ん~でもDSでもいっかぁ~♪
外国語の勉強にもなるよネー(*´▽`)(´▽`*)ネー
2007-01-18 20:37 | yell | URL   [ 編集 ]

これの北京語版、お世話になりましたv 

おお! そういえば…これの北京語版(台湾用)、
台湾に住んでいた3年間に 物凄く お世話になりました!!

約4年前です。北京語は「ニーハオ!」しか知らないというのに、
ある日突然 主人が台湾へ転勤に…ガーン!
聞けば、住むのは台北市の郊外、日本人学校のすぐ近くで
その向かいにはアメリカン・スクールもあり、だからその地区は
他の台湾のどこよりも「英語」が通じやすいそうでしたが…

行ってみて大ショック(笑)
全然通じないじゃん~!(T0T)!
マックも。スーパーマーケットも。
マンションの管理人さんさえ、英語駄目でした…
辛うじて、マックのレジにバイトの若い子がいるときにだけ、
注文用の英語は何とか通じましたが…
これも、日本人には日本人流の英語発音のクセがあるように
台湾人の台湾流の発音のクセが強く
お互いに理解するのには しばしの困難が。

勿論、それでは暮らしていけませんので
子供らをそれぞれ日本人学校と日本人幼稚園に押し込んだ私は
すぐに近所にあった「英会話のジオス」に飛び込み、
北京語を習うことになりました。

とはいえ、いきなり話せるようになんかなりませんので、
その時に「高島屋」の日本語書店でちょうど見かけた
この本のシリーズを買ったのです。
日本の定価の3倍でしたけど;;

とっても役に立ちました!!
たしか、まだこのシリーズの出始めだったと思います。
毎日持ち歩いて、ぼろぼろになりました^^
その後、もっと便利な改訂版も出ましたが、
その頃にはなんとかこの本がなくても良くなり、また
帰国も迫っていたので買い直しませんでした。

DS版はとても興味があるのですが…
もう当分(…2度と?)海外転勤はなさそうなので残念です。
せめて、どこかに旅行に行きたいです~;;

このシリーズ、あれよという間に種類も増えたんですね。
SATOKOさんと同じく、強力にお勧め! したいです^^
2007-01-19 07:41 | 銀猫 | URL   [ 編集 ]

 

momiji1021
外国に行かなくても欲しいですね。
私は海外ドラマ好きでして、録画して、原語で何度も見たりして、ネイティブな発音の勉強したりしています。
この本、すっごくいいかも!早速、今日の会社帰りにGET!してきます。(今仕事中なんですよね・・・)
DSよりは本がいいな。
仕事がどっぷりデジタルなんで、アナログに安らぎ感じます。
2007-01-19 09:47 | momiji1021 | URL   [ 編集 ]

ボンジュ~ル♪ 

これ、便利そうですね。
それに楽しそうだから、教科書を読むより頭に入るかも。

今のところ海外に行く予定はないんですけど、
これの英語版があれば携帯しておこうかなぁ。
というのは、ウチの職場が新大阪なんですが、
帰宅時間の新大阪駅ってシーズンに関わらず
けっこう外国人のツーリストがいるんです。
で、なぜか彼らによく道を尋ねられる。
道というか、「この電車は大阪駅に停まりますか」ですね。
これを英語で訊かれるんですよ。
(英語ペラペラそうな顔はしてないし、もしかしたら日本人じゃないように見えるのかなぁ)

ツーリストにしどろもどろで受け答えしながら、
日本人特有の照れ笑い的な顔になるんですね。
村上龍が言うところの、顔に「恥」が浮かんでるわけです。
これがイヤなんでね~。

くだらん話が長くなりましたけど、
そういうことなんでこのガイドブックの英語版
さっそくネットで探してみようかなぁ。
2007-01-19 09:52 | ロッキン | URL   [ 編集 ]

はい、持ってます! 

SATOKOさんのお世話になった、オーストリア旅行の時、
本屋さんで、どれがいいか、いろいろ手にとって選びました。

私は、フランス人が、英語を使いたがらないことは、
以前から知っていました。
そういうのって、よそから行った人が合わせるべきだと思っています。
だから、心がけてきて、
どんなにつたないフランス語でも、一生懸命話そうとする気持ちが、
その国の人に伝わってきた、と感じています。
前に話した、大学生のグループには、
『何が話せる?』 って聞かれてたので、
知ってる限りのフランス単語を全て口にして、
大笑いされて、すごく楽しかったです。
(短大でもフランス語の授業取ったけど、覚えてない。)

オーストリアの人もドイツ語しか話さない人が多いと聞いて、
この本を頼りに、頑張りました。
全く予定外の小さな旅までしちゃったもん!

この本は、その国を愛する人が執筆しているところが、
すごくいいです。
ドイツ語を学ぶ為の本、というのじゃなくて、
「オーストリア人と話すために本」 だというところが、とても
気に入っています。

今見ながら、コメントしてるんだよー。
2007-01-19 14:41 | かめこ | URL   [ 編集 ]

ううっ・・ 

この記事を読んで東京ディズニーランドで大阪弁が通じ中なかった私はどうしたらいいのかと、ふと思いました。
まいど~~三毛猫です(笑)

SATOKOさん、色々アドバイス、ありがとうございました☆
掲示板に返信させていただきましたのでまたお時間のおありのときに読んでくださいねヾ(=゜・゜=)ノニャン♪

東京DLでの話は、ディズニーの店で「おおきに☆」とお礼を行ったら店員さんがにっこりわらって大きい袋を2枚くれたことです。が~~ん・・「おおきに」は大阪の「ありがとう」なのにぃ~~
2007-01-19 14:42 | 三毛猫 | URL   [ 編集 ]

海外にいかなくても 

yellさんへ
私はスペイン語版が気に入りました。
ラテンのノリで楽しいよ~。

DSは音がでるから、発音とかも聞けるし、遊び感覚でできそうです。
出版社から別バージョンで、パソコン用も出ているらしいの。
こっちは、語学学習用だと思います。
本格的な言語学習と構えなくても知ることは決してソンじゃない。ですよね。
2007-01-19 20:08 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

経験者は語る 

銀猫さんへ
貴重なお話し、ありがとうございます!
実際に「これなら使える!」って、私も思いました。
私の目に狂いはなかった?!

私も台湾の友人宅に電話した時、お母さんに全く言葉が通じなくて
困ったことがあります。
テレフォンもフレンドも一言も通じない。
結構ショックだったりして。

英語が世界のスタンダードだと思っているアメリカ人に。
バイリンガルを誇っている日本人に。
英語は万能じゃないんですよ~~。と、教えてあげましょう。

DSもいいけど、毎日持ち歩くなら本のほうがいいですね。
スイッチ入れなくてもいいし。
ページのどこに何が書いてあるか、使いこめば一発ですから。
2007-01-19 20:16 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

私も行く予定はないですが 

momiji1021さんへ
私も本のほうがいいかな。
本文は手書き文字で書かれています。
そこがまたいいんですよねv-344

海外に行かなくても、いまや、外人さんが日本に来てくれます。
私もスペインに行く予定は全くありませんが、なんとなく、
はずみでスペイン語を勉強しています。
やってみて、思ったのは、日本語と英語って最も遠い言語かもってこと。
もしかしたら、スペイン語のほうが日本人には習得しやすいかも。です。
2007-01-19 20:20 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

会話が苦手なのは誰のせい? 

ロッキンさんへ
そうそう!イラストのインパクトで、単語なんか覚えやすいと思いますよ。
英語版は見てないけど、ちょっとしたミニ辞書代わりにもなるの。
その辺の会話には充分役に立つと思われます。
忘れた単語も多いしね~。

今の英語の授業って、会話を取り入れていて、私たちのころと違うんですよね。
例えば、No problem!なんて、中一から出てくる。
私の時代が、いかに、会話的なレッスンをしていなかったかがわかりますね。
2007-01-19 20:29 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

片言だっていいんです! 

かめちゃんへ
学ぶ為の本、というのじゃなくて、「話すための本」 だというところが

その通り!
私が感動したのも、そこなんです。
著者の熱い思いもそう。

やっぱ、気が合いますねっ!

現地の言葉を話すのは、ただ、言葉を知ってるのが偉いってことではなく、
その国に来たのはその国を愛しているからってことを
伝えるのに一番有効な手段だからです。
片言でいい。本当に、数字の1,2,3でもいい。
外人が自国の言葉を話してるっていうのに、悪く思う人はいないんですね。
フランス人が意地悪だとすれば、英語を話して当然だと思うなよコノヤロー。
っていう経験を、しょっちゅうしているからでしょう。
パリには海外からの観光客は相当数来るでしょうからね。
2007-01-19 20:37 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

まいど、おおきに 

三毛猫さんへ
あれ?おおきに。まいど。は共通語ではありませんでしたっけ?
きっとTDLの店員さんは外人さんだったのでしょう。

東京の人は共通語(標準語)は話しません。
習わないから話せません。
長野県とか山形県とかのお友達のほうがよっぽど標準語がお上手です。
学校で習ってくるからです。
私がいつも話しているのは、東京語です。
江戸なまりも入ってる?
馬鹿言ってんじゃないよ。とかが、そう。
2007-01-19 20:44 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

日本語以外わかりませんが・・・ 

日本語しかわからない私ですが、少ない海外旅行で思ったのは、身振り手振りと、片事の現地語があれば何とか通じるものですよね。
大切なのは、コミュニケーションを取ろうと、自分が一生懸命になる事なんだと思います。

仕事で海外出張に行ったとき、仕事用語なんか全然わからないんだけど、現地の作業員に、機械の操作方法を教えるのに、四苦八苦しましたが、身振り手振りで何とか納得してもらえましたから。

でも、外国語を自由に操れる人はうらやましいですね。
自分のフィールドが一気に広がりそうです。
2007-01-20 10:42 | のぶにい | URL   [ 編集 ]

 

ご無沙汰いたしてます。

私はフィリピン語(タガログ)を、この手の本で覚えました。
ほぼローマ字読みで単語は覚えられました。また、旅先での簡単な会話なら、この本にある文法程度で何とか意思疎通は可能ですね?
後は思い切って現地の言葉を使うことが、一番の特効薬です。物怖じしない事が大事。

会話ですから当然、返答は現地の言葉で帰ってくる訳ですが、100%理解は出来なくても会話帳の場面、挿絵など頼りに頑張りましたよ!当然のように悪い言葉も覚えちゃいました。

それから、この本現地の人に欲しがられました。何度か成田の本屋さんで買って、お土産に持って行きました。
現地の人にとっては逆引き辞書ですよね。

質問できないと会話になりませんから、質問系から覚えるのが近道だったですね。
2007-01-20 11:13 | 特派員K | URL   [ 編集 ]

伝わるもの 

のぶにいさんへ
身振り手振りろ片言の現地語。
それがはじめの一歩ですよね。貴重な経験をされましたね。

日本の旅行者の大部分が参加する団体募集型のパッケージツアー。
安全便利はこの上ないですが、旅行中、入国審査以外、
外国語を使うこともなく、まして、現地の人と現地語で話すこともなく、
英語どころか、日本語だけで帰ってきてしまうこともありえます。
名所旧跡景観へ、足跡を残し、写真を残すために旅行するのかしら。
とってももったいないことだと思います。
行った国のことを知る。そして、日本を知ってもらうチャンスなのにね。
2007-01-20 14:52 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

フィリピン人にも人気! 

特派員Kさまへ
そうです。旅の外人だと思ってくれますから、充分通じます。
単語にいちいち挿絵が付いているので、これが効きます!
とにかく、言葉は使うこと。これに尽きるようです。
この会話帳シリーズのフィリピン語版。もちろんありますよ。
第2版が出ていますから、割と以前からあって
しかも売れているのではないでしょうかね?

現地の人にも喜ばれる!これはすごいことですね。
お土産にいい。なるほど!
早速、出版社の営業さんに教えてあげましょう!

だいたい、日本人は完ぺき主義というか、
英語だって、ネイティブの人と同様に話せないといけない。と思っていませんか?
アジアンの英語は、すごくブロークンですよね。
フィリピンの人に、「日本人英語話せないね。」と、
すごくヘタクソな英語で言われた時はちょっとカチンと来ました。
あんたの発音が悪いから英語に聞こえないんだよ~~!
2007-01-20 15:15 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

こんばんは☆ 

まいど~三毛猫です(爆)

東京の人は標準語じゃないですか?ずっと東京の人は標準語だと思っていました~~勉強になりました☆

SATOKOさん、いつも掲示板に優しいコメントをありがとうございます☆これからも仲良くしてくださいね(^-^)
2007-01-20 22:08 | 三毛猫 | URL   [ 編集 ]

方言はお好き? 

三毛猫さんへ
最近は方言が逆に東京人に流行っているんですって。
中高生なんて、自分の生まれていない地方の表現を
若者言葉として取り入れているという新聞記事を読みました。
標準語がつまらないからでしょう。

私の世代では、地方において、方言を悪者視する傾向が強く、
例えば、長野県では方言を封印し、「学校では標準語を教え、話す」
というのが、県の方針になっていたそうです。
私の友人は「長野には方言はない」と、言い張っていました。
他県でも、多かれ少なかれ、同様の教育方針があったことでしょう。
でも、そんな長野でも。
「くれる」「いじっこい」なんて、かわいい言葉は残っていました。
彼女は「それは方言だよ。」と指摘するとショックだったみたいですが、
私は結構気に入ってしまいました。
悪くない。ですよね。
2007-01-22 10:20 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

へぇ・・・そんな本あるんですね~
オレも英語頑張ろう!とおもいながら基礎英語2で挫折した男です。でもおもしろかった!

本にイラストがついていると覚えやすい。
言葉を忘れてもイラストでおもいだすこともあるし。
海外に行くのも、少しでもその国の言葉を覚えていくのと、全く何もしないのでは、雲泥の差があるでしょうね。
2007-01-22 23:35 | マイト | URL   [ 編集 ]

勉強していなくても 

マイトさんへ
日本人の英語習得への情熱って結構なものがあります。
テキストも、英会話教室も、たくさんありますね。

この本は、覚えていかなくてもいいじゃないか
という大胆なコンセプトの元で作られているように思います。

もちろん、言葉を事前に勉強しておくのに越したことはありません。
でも、外国に行っていながら、勉強していないから話さない。のは、ソンです。
まず、話してみよう
これって、外国語習得には一番近い道なんだろうな。

ところで、私の場合、日常では話す環境がないですね。
基礎英語2! 私もお勧めです。 なかなかすぐれモンです。
2007-01-23 11:51 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

何冊か持っています。 

お久しぶりです。
これ、何冊かもっていますよ^^
便利ですね。
アメリカのThank you、ルビが『テェーン キュー』になってるんですよね^^

フィリピンパブの娘が、これで勉強してたのをおぼえています。
けっこう使えます^^

PS:レポートもうちょっとお待ちください。
   会社にはレポート提出しなくなりましたので^^(理由:ムカついたから)
2007-01-23 13:37 | Pokopen | URL   [ 編集 ]

 

旅行するにあたって、現地の言葉を少しでもしゃべる、しゃべろうとする姿勢って確かに大事ですよね。いざとなったら、日本語をそのまましゃべったって、身振り、手振り、表情でなんとかなるときもありますけど~
フランスは、しゃべってなんぼってところがあるので、確かにフランス語ができたほうが楽しみは倍増すると思います。日本のように親切にお店に表示や説明がされていることは少なく、何も書いてないところを店員に話しかけ、なにげない会話をしながら情報をひきだしていく・・・みたいな・・・。
これ、日本的感覚では実に面倒なんですけどね。。

あと、フランスも場所や人にも寄りますが、けっこう最近ではやたらと英語をしゃべりたがる人もいますよ!若者とかは、けっこう英語は片言ながらしゃべれる人が多いです。まあ欧州の言語、みな似てるところがあるし彼らにとっては覚えやすいですもんね。
2007-01-23 20:04 | ルビパパ・ルビママ | URL   [ 編集 ]

実践してますね。 

さすがpokopenさん
海外突撃隊は、語学も実戦派ですね。

やっぱり、そう思うでしょ!この本、使えるよね。
『テェーン キュー』で笑っちゃうのはご愛嬌。
フランス語はどうしても、発音がカタカナでは書けないです。
その点は、本のスペルを最大に活用すべし。です。
そう、指差して見せればいいのよね。

ここにコメントくださる皆さんは海外経験豊富な方が多いですが、
経験者が同意見でよかったです。
皆様、どうもありがとう。

では、浮上をお待ちしてます。
早く元気になってね。
2007-01-24 22:27 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

在住者は語る! 

ルビパパ・ルビママさんへ
現地の生の情報をありがとうございます。
若い人を狙えば英語OKなんですね!
皆さん、ぜひ参考になさってね。

フランス人は会話を非常に大事にする国民ですね。
人を個人として見るため、お店の人も、「店員」という人種ではなく、
アイデンティティを持った個人だということです。
ですから、お店でものを買う時も、「無言で買うなんて、失礼。」
と、思われる位だとか。

旅行ならともかく、生活していると、フランス語は必須ですよね。
仏語ができるなんて、尊敬しちゃいます~。
私は一生フランス語は上達しないでしょう。
2007-01-24 22:41 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

これいいかも・・・ 

遅れましたが新年明けましておめでとうございます。
ことしもブログ共々よろしくお願いします。
ところでこの本面白そうですね。やっぱりイラスト入りだと
読みやすそうですよね、ちなみに父親は海外で船の仕事を
してるんですが、小さい頃から外国語教えてといっても教えて
くれませんでした。たぶんジャスチャーで現地の人々と仲良く
なった自然児だと思います。それもある意味凄いか~
ちなみに自分は方言ぐらいかな?

2007-01-25 21:42 | daccha11 | URL   [ 編集 ]

習うより話せですね 

daccha11
こんにちは。今年もどうぞ、よろしくお願いします。

船はいいですね。あこがれちゃいます。
コミュニケーションって本人の話したい気持ち次第で上達するものなんですね。
気は心ってやつですか?
お父様。きっと魅力的な方に違いありませんね。

そこまで、度胸がない方でも頼りになるのがこういう本かもしれません。

最低限必要な会話をコピーして持って行けばいいじゃないか。
という意見もいただきました。
それで、「最低限の必要」はカバーできるかもね。
けれど、それは、コミュニケーションではないです。

でも、この本のよさは、「必要」からだけでなく、
現地の人とふれあうことと仲良くなることが目的ってところです。
友達感覚で、必要じゃないことをしゃべることが一番親善になるんじゃないかな。
と、私は思うんです。
2007-01-26 10:54 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

こんばんは☆ 

まいど、三毛猫です☆

イチオシ記事に「クリスマスのツリー」で記事にUPさせていただきました。また見てくださいね~~
まいどおおきに☆
2007-01-27 20:01 | 三毛猫 | URL   [ 編集 ]

こちらこそおおきに 

三毛猫さんへ
見ました。ありがとう~。
更新トロくてごめんなさいですが、これからも、よろしくね。
2007-01-30 23:45 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。