スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

パンダも夢見る九賽溝(きゅうさいこう)

成都はパンダだけじゃない。と、申しました。
中国には世界遺産がごろごろしていますが、
ここ四川省にも、たくさんの世界遺産が登録されています。

その中でも、近年大ブレイクしているのが、
九賽溝(きゅうさいこう) でしょう。



成都の北、400Km強の山岳地帯に位置する九賽溝(きゅうさいこう)。
高3400mから2000mの高地にあります。
3つの渓谷と大小100の湖沼が連っていて、その湖の色のあまりの美しさに、
中国の人々の間でも「童話世界」と言われ、秘境観光として人気の高いスポットです。

20050kyusaikotaki2.jpg

1992年に世界自然遺産に登録されて、遊歩道も整い、
昨年くらいから、日本のお客様もかなりの多くお出かけになっていることと思います。
数年前空港がオープンして交通便が飛躍的によくなりました。
日本からのお客様はパッケージだと成都からバスが一般的。

(中国の国内線事情によるものと、高地にある空港なため、
北京などからのAIRは、霧やその他の事情で欠航になるリスクが多いらしいです。)

グループツアーやオリジナルの旅行では、成都から飛行機で30~40分!
このルートがお勧めです。


また、このエリアはジャイアントパンダの重要な保護区でもあります。
他にも140種の鳥類や絶滅危惧種を含む多様な動植物が生息する場所としても貴重です。

 『熊猫海』  なんていう名前の湖もあります。
パンダが水を飲みに来るのに出会えるかも?!


九賽溝からさらに一山先へ行くと
『黄龍 (こうりゅう 中国語読み:ホワンロン)』です。

20070601203819.jpg

石灰を含んだ水で岩石の色が白くつるつるしています。
棚田のように見える、いくつもの池。
そのエメラルドグリーン?ラムネ色?に輝く水が宝石のようですね。

乳白色というよりは、ちょっと黄色味を帯びているものの、
トルコのパムッカレの数倍のスケールとか!

20070601203634.jpg

池によって水の色が違って見える不思議さは、
神秘の世界、夢幻の世界と絶賛する方も多いです。
パンダ満喫なら、4日間あればいけます。
パンダと一緒に、九賽溝へも行きたいなら、7日間程度見てください。

気をつけていただきたいのが、このコース。道は良いですがかなり歩きます。
昔と比べると足元はよくなったものの、九賽溝では2~3時間、
黄龍をハイキングするなら5時間くらいは歩くつもりでご参加ください。

特に黄龍は、3000m級の高山地帯ですから、高山病になる恐れもあります。
ツアーでは酸素ボンベを用意するなどケアもしていますが、
体調管理は甘くみないようにしましょう。
残念ながら途中で引き返すハメになるやもしれません。

お酒は厳禁、睡眠をよく取り、水分補給も忘れずに。

高地で寒いですし、冬は山歩きは無理でしょう。
季節的にはこれからがオンシーズン。
水量が豊富で水のきれいな夏(8月)から紅葉の秋(9月~10月頃)がお勧めでしょう。

せっかくの大自然。
ハイキングがご趣味の方なら、ゆっくり散策するのも、格別ですね。

*今では黄龍はゴンドラで山の上のほうに登って、
湖周辺を歩く、お手軽な方法が一般的だそうです。
ちょっと安心しました?


ここぞとばかりにさまざまなツアーが出ています。
よりどりみどりです。
気のあう仲間とツアーを組んでいくのならさらに楽しいですね。

ひとつだけ、ちょっと特色があるツアーを探すとすれば、
近畿日本ツーリストのホリデーは、ここがちょっと違う。

旅行会社が 『パンダの里親』 になっているんです。
その名も 『ホーリーちゃん』 

『ホーリーちゃんをさがせ!』なんて、何かのパクリのような
タイトルのツアーも出しちゃってます。


パンダを商売のダシに使うだけじゃなく、
どうせ使うなら、何かの形で還元しようという試みは、
「いいんじゃな~い?」と思うんですが、いかがでしょうか?

20070604200522.gif

この子がホーリーちゃんだ! 
2007-06-04(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

湖好きです! 

九賽講・・・湖の色のあまりの美しさ、ですって?
大変好みでございますわ。
黄龍というのは、一つ一つが池なのね?
まさしく神秘の世界だわ。
すごく惹かれます。
でも。。。
高地で5時間も歩くなんて、無理だなぁ。。。

ホントは、人が楽に行かれない所こそ、
魅力あるのにね。
せめて、平地では歩けるようになりたいです。
2007-06-04 21:25 | かめこ | URL   [ 編集 ]

 

パンダの里親とはユニークですね。
しかし、恐ろしいほど綺麗なところですね。
ただ体力的にもかなりきつそう。
やはり楽していい思いは出来ないというところでしょうが?
写真を見てギアナ高地(エンゼルの滝)を思い出しました。
死ぬまでに一度いってみたいと思っています。
2007-06-04 23:37 | マイト | URL   [ 編集 ]

 

この場所も、いつか、NHKのハイビジョンで特集していて、
目が釘付けになりました。
この写真のように、美しく、神秘的で、
とにかく、こんなところがあるんだ~と驚きました。

パンダを見て、
黄龍を見たら、
世界観が変わりそうだわ。

いつか行きたいものです。
2007-06-05 08:54 | momiji1021 | URL   [ 編集 ]

大丈夫、かめちゃんなら。 

かめこさんへ
世界にはまだまだすばらしい景色や出会いたい人々や文化があるんですね。
ぜひ行ってみたいですね。

私が九寨溝を知ったのは、旅行のパンフなんです。
こういうスポットを教えられると、まだまだ無知だなあと思います。
パンフって、いつも見ている物ですけれど、年によって流行りがあってね。
今、中国はこのあたりが「一押し」です。
ウチでご案内したお客様の感想も「最高」とのことです。
道路は舗装道路になっているから歩くこと自体は大丈夫だと思いますよ。
中国は高齢のお客様も非常に多くいらっしゃってます。
いつか、体力つけて、がんばって歩きましょう。
2007-06-05 10:16 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

エンジェルの滝 

マイトさんへ
飛行機が嫌いなマイトさんが、死ぬまでに一度は行きたいとおっしゃるなんて、
ギアナ高地はすごい引力なんですね。
秘境中の秘境とか、三大滝は制覇したとか、そんな旅行者が多いようです。
地球の裏側に夢を持つ。
それもロマンですよ♪ かっこいいですね。
2007-06-05 16:17 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

世界が変わる 

momiji1021さんへ
パンダを見て、黄龍を見たら、
世界観が変わりそうだわ。


私もそう思います。
もう、この記事書いただけで、中国感、変わりましたから(笑)

こういう場所に行く場合、私は団体型のパックはダメなんです。
時間と行動に規制があって、ふらふらできないのは、嫌だな。
だって、1時間くらいぼ~っとしてたくないですか?
なので、なかなか行けないんですよね。
2007-06-05 16:27 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

神秘の池…v 

SATOKOさん、ご無沙汰していました。
でもパンダ尽くしにこっそりと癒されておりました^^

綺麗な景色、素晴らしい滝、そして天然とは思えないような
美しい色の池ですね!
学生の時に友人らと「五色沼」という所へ泊まりに行った事があるのですが、
そこの小さな沼の水の青さにも驚きましたが
こちらのお写真はそれ以上です。きれ~い♪
流石「大陸」の中国、素晴らしい景色が多いですね。

パンダと絶景、堪能したいですv
2007-06-05 18:18 | 銀猫 | URL   [ 編集 ]

大陸のスケール 

銀猫さんへ
私も五色沼にはお仕事で何度か訪れております。
湖の色の青や翠に感嘆したものです。
沼の色はお天気で色が変わるんですよね。
やはり晴天だと「青」も濃いと思います。

日本には日本のよさがありますね。
上高地なども、とても好きな観光地です。
絵のように美しい。と思いました。

でも、やはり、中国は規模が違います。
ここも一見の価値はあります。
こういう景色に触れたら大陸の奥深さを実感できるのではないかしら?
人間の想像力を超える世界が、自然界にはまだまだあるんですね。
地球ってすごいなあ。と。思います。
2007-06-06 10:16 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

ああ、私、黄龍って一度行ってみたい場所なんです。
以前テレビで見て以来、憧れ続け・・・CMでもやってましたよね?
私も、団体旅行ではなく、気の済むまでボーっとしていたい・・・。

世界遺産のお話が出たので(すっごいこじつけですが(笑))、一度伺ってみたかったこと、
思い切って書いてしまいまーす!!

私は新婚旅行で世界10大絶景の一つと言われるカナダのレイク・ルイーズに行きました。
なんて美しい湖だろうと感激したので、
オットと「死ぬまでに10大絶景を全部見たいね!」
って言い合っていたのですが、
それから15年、レイク・ルイーズ以外の9つの絶景が
全然わかりません。
『世界10大絶景ってドコ?』っていうのが、
結婚以来の我が家の解けない謎の一つです。
SATOKOさん、ご存知でしたら、是非是非教えてくださいませ。
2007-06-06 19:42 | ゼリー | URL   [ 編集 ]

世界10大絶景 

ゼリーさんへ
行ってみたいですよね!
いっしょにぼ~っとしましょう!

さて、ご質問いただき、ありがとうございました。
「10大」というところが微妙ですよね?
最近は、世界遺産に登録される地区が基準になっているのか、
「世界遺産ベスト30」とか「100選」とかはよく見かけますが、
10大観光地。というのは、申し訳ありませんが存じません。
念のためJATA(日本旅行業協会)にもTELして見ました。
旅行管理者試験の旅行地理にでも乗ってるかと思って。
そうしたら、聞いたことがないと言われました。
世界旅行機構というのがあって、ここでは世界の観光地のランク付けをしていますが、
国単位での統計しかデータがないようです。
(単純に観光客の人数)

この「10大絶景」
世界3大滝とかのような、いわゆる定番と違うのかもしれませんよ。
今どきは新しい観光スポットがぞくぞくとメジャーになって、
定番が「10」では収まらなくなってきているのが現状でしょう。

「少し前」の時代感覚からいうと、「世界10大絶景」に入りそうなのは、
アメリカのグランド・キャニオンと、モニュメントバレー
オーストラリアのグレートバリアリーフ
北欧のソグネフィヨルド
フランスのモン・サン・ミッシェル
ヒマラヤ山脈
中国の万里の長城
エジプトのスフィンクスとピラミッド。アブシンベル宮殿。
あとは、ナイアガラの滝
(これなど、今はイグアスの滝のほうが評価が上です)
などが定番だと思います。

ざっと、あげてみましたが、コレだと、やはりもれるものが多すぎる気がします。

これからは、中国が続々とランクインしてきそうな気配ですよ。

ここでアンケートをとっても面白いかもしれませんね。

私、思うんですが、
『ゼリーさんの10大絶景』を決めちゃってもいいんじゃないでしょうか?
誰かさんの決めた世界10大絶景よりも、
そのほうが、きっといいですよ。
2007-06-07 19:28 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

こんばんわ!
お久し振りです。
中国ですか~~~行って見たいですね!
幻想的な所も多そうですし
熊猫海・・・それも面白そうな名前ですね!
中国らしいというか(笑)
2007-06-07 22:16 | RYU | URL   [ 編集 ]

言葉をなくしますね、この風景 

ため息が出そうな風景です。
実際に見たら本当にため息だけで何も言葉が出ないでしょう。

ボク、四川ってよく知りませんが
どうやらいま雨が降らず大渇水らしいです。
四川っていってもきっと広いんでしょうし、
この景色はダメージを被ってないことを祈るのみですが。

世界遺産っていうと、ボクの身近なとこでは
和歌山の熊野も大雨で山が削れたりしてるそうです。
世界遺産認定で山を手入れをしなくなったからだそうで、
原生林もきちんと間伐して、残った木にしっかり根を張らさないと
ちょっとした雨でも山崩れが起きるんですって。

要は、自然をいいカタチでしっかり残すなら
手入れが必要だし、手を加えすぎてもよくないということだそうで。
中国っていまは環境汚染が酷いようですが
こんなふうに他国に誇れるものがあるんだから
きちんと守ってほしいなぁって気がします。
もちろん中国政府や中国人だけじゃなくて
人間全員の課題ですね。

しっかし、黄龍ってのは本当にきれいだなぁ。
2007-06-07 22:16 | ロッキン | URL   [ 編集 ]

いざ、中国 

RYUさんへ
大自然といい、歴史の奥深さといい、いまや「不思議の国中国」状態です。
ヨーロッパなどからのお客様も確実に増えている模様。

フランスに次ぐ世界で2番目の観光大国になるだろうという予測があります。
世界観光機構(WTO)の予測によれば、
「2015年に中国が世界一の海外観光客受入国となり、
また、世界では、四番目の海外へ観光客を送りだす国となるだろう」
ですって。

行くなら、今のうちです。
2007-06-08 16:40 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

マーボー豆腐発祥の地 

ロッキンさんへ
雄大なスケールの自然って、女の人以上に、男性にウケがいいように思います。
男がロマンを感じるとき。ってことでしょうか?
ロッキンさんはどうですか?教えてください。

黄龍の池の水は、雪解け水が溶けて流れ込んでいるもの。
雪が例年通り降っていれば、渇水の心配はないと思われます。
四川っていえば、四川料理。マーボー豆腐。
程度の認識ですよ。一般の日本人は。
かくいう私も、成都がこんなに、観光的に魅力がある都市だとは、
つい最近まで知りませんでした。
勉強することが山ほどあります。困った困った。
2007-06-08 16:45 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

SATOKOさま、ありがとうございました!!!
電話までして調べていただいたなんて、すみません。
でもこれで長年の疑問がスッキリしました。
ネットで探しても、世界10大絶景って、レイクルイーズしか出てこなくて、どうもアヤシイ・・・って思っていたのですが、
やはり確かなものはないんですね。
あー、ホント氷解。。。長年の疑問にケリがつくって、気持ちいい~~♪

それ、素敵!
私が決める10大絶景。そっちの方が、意味ありますね。
よーし!

本当にどうもありがとうございました。
思い切って伺ってみてよかったー!

2007-06-08 17:15 | ゼリー | URL   [ 編集 ]

My絶景 

ゼリーさんへ
そうそう! なぜか、レイクルイーズばかり出てきました。
いったい、何が元になっているのだろう?と思いました。
みんな同じ文句でね。

ゼリーさんの絶景Best10を考えてみてください。
今まで見てきたBest10でもいいし。
これから見たいBest10だっていいよね。
もし、決まったらこっそり教えてくださいね。
2007-06-08 23:28 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

Panda sea! 

パンダ海が、ボクを呼んでるぜ!
黄龍も良さげ^^

今度行くときは、ゆっくりできたらいいなー♪
でも、希望者が多くて、順番だと3番目です。。。

パイレーツ オブ パンダシーってのもいいな。。。
一気に中華風味になりそう^^
2007-06-09 14:21 | Pokopen | URL   [ 編集 ]

はじめまして 

ながさんのブログよりお邪魔しました。
ハンドルネームが同じ方が2名みえるので、もしかして・・・
と思いましたが違いました。

素敵なお写真なので、こちらにあしあとを。
車椅子なので楽しませていただきます。
ありがとうございました。
2007-07-08 17:28 | まほ | URL   [ 編集 ]

いらっしゃいませ! 

まほさんへ
ようこそ、いらっしゃいませ!
ながさんにもお世話になっております。

そうなんです、以前、かめこさんからも教えてもらいましたが、
satokoってお名前の方がいるんですね。
そんなに、めずらしい名前でもないってことでしょう。
でも、漢字で書くと珍しいんですよ~。

旅行に行くのは楽じゃなくても、旅行気分になるのは簡単。
私もそんな風にすごしています。
いつでも、いらしてくださいね。どうぞヨロシク。
2007-07-09 20:22 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。