スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

お菓子の工場は夢いっぱい

ビール工場では、ビールが飲めない人がかわいそう。
それでは、大人も子どもも嬉しい「お菓子工場見学」 をどうぞ。



ここは、帯広にある有名菓子メーカー 『柳月(りゅうげつ)』 の工場

『柳月 スイートピア・ガーデン』です。

多くの人に親しみ、楽しんでいただきたいと、
この工場は見学自由の開かれた工場。
団体見学も受けてくれますので、観光としてバスで立ち寄ることもあります。

敷地面積33,119平方メートル、建物面積13,524平方メートル、
地下1階、地上4階の建物は、お城のような美しい建築。
HACCP対応の製菓(生菓子)工場としては 全国でもトップクラスの規模だといいます。

工場見学はガラス越しですが、2階のウインドウから、
焼きたてのバウムクーヘンやフィナンシェが、
手際よく、パッケージングされていくさまなどを見ることができます。

今見たい方は、映像でどうぞ
柳月工場見学のページへ Go!


柳月の看板のお菓子は、『三方六(さんぽうろく)』という名のバウムクーヘン。

20070712204158.jpg

これです! (画像、無断借用です。すみません)

この写真のように、薪型のバウムが10等分にカットされています。
とても、なめらかな生地で切り口がきれいです。
白樺の幹のイメージにチョコレートコーティングされが
見た目もユニークで、さわやかですね。

第27回世界菓子博覧会モンドセレクションにて最高金賞を受賞!
(有名なので、結構、都内でも買えちゃったりするんですが。)


20070712204216.jpg

パッケージはこんな感じ。
1本 525円 とお値段も嬉しい価格。
北海道らしく、お土産にも向きます。これなら、安心して配れますね。
大量買いしている方も多く見受けられました。

バウムクーヘンは、ドーナツ型じゃなきゃ・・・
と、思っている私ですが、三方六なら、許せます!

十勝の素材を使った商品をメインにしているところも高感度高いです!


店内には、もちろんショップがあります。
三方六以外にも、おいしそうなお菓子がたくさん。
お菓子の種類は全部で100品目もあるそうです!

それらが、一つ単位でばら売りしていたりするから、もう、大変です。
お味見もできますし。
いや、おいしそう。じゃなく、本当においしかったです。
実は、三方六より好きかも~~~。

お菓子紹介のページへ Go!

工場直売ですから、できたてですし。
みんなおいしそうで・・・じっくり悩んでください。

運がいいと「三方六の切れ端」を格安で売ってくれるそうで、
待ち構えたように、あっという間に売り切れるそうです。
行くなら「朝」ですね・・・。


お菓子の手作り体験なども企画されていますので(要予約)、
記念日の手作りお菓子にチャレンジしたい方など、
よろしいんじゃないでしょうか?


【柳月スイートピア・ガーデン】  
■住所  河東郡音更町字下音更北9線西18-2
■TEL   0155‐32‐5566
■営業時間(年中無休)
夏期営業時間(4/27~11/3)?…午前9時から午後5時まで
冬期営業時間(11/4~4/下旬)…午前9時30分から午後4時30分まで
  (工場見学は午後4時までです)
 



もっと楽しみたい方へ
スイートピア・ガーデンには、カフェが併設されています。

カフェでは、生菓子を中心に、出来立てケーキをたべることができます。

通常の商品以外に、カフェ限定のスイーツもあって、
例えばこちらのクレープ

20070712204246.jpg


しかも、かなりお安い印象です。

しかもしかもしかも。

コーヒー無料。飲み放題です。 
(って、そんなにがぶ飲みしている方はいません。誤解なきように)

私は、のんびりお菓子を食べる身分ではないので、
ここは、コーヒーだけいただき、我慢。

広い敷地には夏時期ならガーデンも楽しめるそうで、
ホントに、時間をゆっくりとっていらしてみてください。

工場見学は自由見学なので時間はかかりませんが、
ショップのお菓子を眺めるだけで時間があっという間に過ぎていきます。
私も写真を撮っている暇がありませんでした。
お買い物も混雑しますので、時間にも気持ちにもゆとりが必要ですね。

お菓子好きならきっと楽しいですよ。
2007-07-13(Fri)
 
・お菓子の工場は夢いっぱい・リラクゼーショントラベル・水陸両用バス運行開始!・町家ごはん 松富や壽いちえ【京都】・ 楽天 トラベル 高速 バス・楽天トラベル 高速バス予約・ 楽天トラベルで「高速バス」を予約・楽天トラベルで全国125都市の高速バスを購入・トラベル
[トラベルのレビュー]  2007-07-22 12:14

コメントの投稿

非公開コメント

お酒が飲めない夫には 

ココがよさそうです。^^
しかも夫は甘党ときたもんだ♪
(夫は私より甘いモノを食べます)
(寝る直前に食べても太らないのです)
しかもコーヒー好きときたもんだ♪

前回のビールといいやはりSATOKOさんはココでも我慢なんですね。(笑)

お仕事、お疲れさまです。^^
2007-07-13 17:36 | Aya | URL   [ 編集 ]

富良野からどうぞ 

Ayaさんへ
次回、富良野地区に行く時は、旭川ではなく、帯広へ抜けるのってどうです?
お菓子屋さんめぐりができますよ。(^ー^)
あと、有名な「宗男道路」を走れます。

ところで、帯広ってちょっとおもしろい町です。
個人的には、旭川より帯広のほうが北海道ってイメージで、好きかも。
無駄に広い駅前とか地元の食材にこだわってるところとか。
甘党でない方には、豚丼があるし。
2007-07-13 19:42 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

北海道だぁ! 

SATOKOさんってば、北海道に行かれたのね?
お仕事とは言え、羨ましいです。

昨年の秋の富田ファームの記事も、良かったですね。
富良野地区から帯広に抜ける旅、夢だわ。
JR利用で、可能ですか?

お菓子の工場見学の思い出は、
昔、森永の川崎工場だったかに、
毎年幼稚園の子ども達を連れて行っていました。
2007-07-14 16:41 | かめこ | URL   [ 編集 ]

 

一時期、お菓子屋さんのパッケージデザインなどもやっていたことがあるので、こういう記事を見ると、どうも、仕事がらみになってしまいます。
柳月さん、なかなか、しっかり企画されているのですね。
お菓子に対するこだわりが感じられます。
素材、製法、デザイン、味etc.
お菓子には「夢」があるので、私は大好きです。
この三方六は、なかなかの一品ですね。
食べてみたい!
行きたい!
2007-07-16 09:00 | momiji1021 | URL   [ 編集 ]

JRの旅なら 

かめこさんへ
千歳空港から帯広へ、そして釧路へ抜けるのは比較的楽です。
富良野は列車でも移動可能ですがちょっと不便。
旭川または札幌&富良野のほうが、一般的でしょう。

富良野では、車のない方には、ホテルやペンションなどで自転車を貸してくれます。
でも、ここは、丘が多いのです。
アップダウンがあります。
足を鍛えるつもりなら、お勧めです。
また、にわか雨もおおい地区だそうです。
JRで行くなら、このエリアに2泊くらいして、時間の余裕をみたほうがいいと思いますよ。
早朝の花畑も、そりゃー幻想的。と、北海道観光局のおにーさんが言っていました。
Ayaさんの「富良野の朝焼け」見ましたよね?
http://benaturalblue.blog79.fc2.com/blog-entry-11.html
私も、あんな景色に出会ってみたいものですv-344
2007-07-16 17:18 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

オリジナルの実力 

momiji1021さんへ
私も最近、地方の銘菓とか見ると、お仕事モードになっちゃいます。(笑)
有名なお菓子には、コピー商品も多く出ますが、
本物強しと思うのは、やはり「春華堂」の『うなぎパイ』だったりするのよね。
有名すぎて記事にならないですが、多くのコピー商品を食べた実感です。
あと、郡山の『ままどおる』です。私が一番好きな地方銘菓です。

『三方六』はこのデザインの独自性で、コピーがしにくい商品でしょうね。
さすが、老舗です。
本物のバウムクーヘンが大好き。という人向きではないと、私は思いますが。
2007-07-16 17:24 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

(☆ω☆) 

こんばんはー
この上品っぽいバームクーヘン、食べてみたいです!!

お菓子工場の見学って行ってみたいですねー♪
ヨークの工場とか、トヨタのとかは小学校の時に言ったんですけど^^
2007-07-17 00:29 | Pokopen | URL   [ 編集 ]

もっと工場見学 

Pokopenさんへ
Pokopenさん。甘いものOKですもんね。
柳月さんは、お菓子屋さん。という感じです。
次は、全国区メーカーの大規模なお菓子工場にも行ってみたいですね。
お菓子のロッテさんとか、イベントで工場見学ができる日があるのですが、
一般には、開放していません。
こういうメーカーさんの工場は、一口にお菓子工場といっても、
規模が全然違いますからね。

そういう「工場」が見たいなら、北海道には「白い恋人」の石屋製菓さんが、
お菓子工場をテーマパークにしちゃってますよ。
『白い恋人パーク』っていう、ロマンチックすぎるヨーロピアンな複合施設です。
http://www.shiroikoibito.ishiya.co.jp/
入場料は600円かかりますが、その分、エンタメ的にサービスがよく、
写真もOKみたいですし、確かに遊べます。
2007-07-17 12:28 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

おおっ! 

白い恋人!!!
大好きなお菓子のひとつです!

そっか、パークがあるのか。。。
ありがとうございます。
『いつか行きたいリスト』にさっそく登録です!!!!!
2007-07-18 06:24 | Pokopen | URL   [ 編集 ]

北海道のお菓子を巡る旅 

Pokopenさんへ
有名すぎて、最近は喜ばない人が多い気がする「白い恋人」
でも、他のコピー商品と比べれば、絶対においしいのがわかりますね。

北海道は、お菓子にすごく秀でていて、有名なケーキ屋さんとか、
お菓子メーカーさんが、とてもたくさんあります。

小樽にも私のお気に入りのお菓子屋さん&カフェがあります。
オタルをひっくりかえして、ルタオって言うの(^ー^)

函館のトラピスト修道院だって、クッキーが全国区的に有名ですね。
あのクッキーも昔ながらに、今でも充分おいしいです。
(注意:修道院ですから、女の人は中は見学不可です)

お菓子だけをテーマに北海道観光だってできちゃうほどですよ。

そういうコースを組んだら、行きたい?
2007-07-18 10:50 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

この写真のバウムクーヘンめちゃくちゃおいしそうですね。
しかも値段が安い!
大阪人は値段ダイイチヤデ!おいしくても高かったら売れへんで!!
というわけでこれは関西でもはやりそう。
個人的には大雪山なんかがいいですね~
工場見学など行った事ないのですが、子供を連れて行ってみたいな~
2007-07-18 12:22 | マイト | URL   [ 編集 ]

ただであそべる工場見学! 

マイトさんへ
ただでっせ!(^ー^)
関西にはお菓子工場の最強のグリコピア神戸があるじゃありませんか!
http://www.glico.co.jp/glicopia_kobe/guide.htm
ああ、いいな~。ポッキーの製造工程が見られる。

私は行けないので、私の代わりに、ぜひ、機会を作っていらしてみてくださいね!
(強制)

大雪は紅葉時期が一番人気です。
北国の紅葉はあっという間にピークになって終わってしまうので、時期を見るのが難しいの。
通年は9月の半ばすぎでしょう。
タイミングがよければ最高の紅葉だそうです。
一度見てみたいものですね。
2007-07-18 14:26 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

北海道~vvv 

いいなぁあ~!! 北海道!
私も行きたいです;;

夏休みに「行こうよ!」と言ったのに、うちの家族は関心なし。
結局近場の淡路島になってしまいました。
息子の「牧場で子牛ににミルクあげたい!!」の一言で淡路島。
まだ1度も行った事が無いので、それはそれで楽しみですが…
ああ 北海道~;;;;;;

こうなったら、淡路島で海の幸食べ放題してやる~!!
と、涙を呑んでおります。
2007-07-19 08:41 | 銀猫 | URL   [ 編集 ]

淡路島 

銀猫さんへ
淡路島に仔牛がいるんですか?
観覧車もありますね。
淡路島って、今となっては悪名高きリゾート法が、
真っ先に適用されたところだったように記憶しています。
リゾートねぇ・・・・?
ウエスティン淡路さんにお世話になったことがありますが、
ここはすばらしいホテルです。

お食事の楽しみは、海の幸が堪能できますし、農産物もおすすめ。
レタスと玉ねぎは有名ですね。
新鮮なおいしいもの、いっぱい食べてきてください!
2007-07-19 10:18 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

これはね!結婚式の引き出物の定番ですよ!
もし宜しかったら、どのタイミングでも結構なので
遊びにきてくださいませ~!!
もちろん、残念だけどアレックスちゃん抜きでもどうぞ!
2007-07-22 01:46 | ネコ娘 | URL   [ 編集 ]

コメントありがとうございました! 

SATOKOさん

コメントありがとうございました。素敵なサイトですね。

僕もアメリカで生活するようになって、日本国内旅行に目覚めました。

ビール工場、行って見たいです(笑

Mune
2007-07-22 04:46 | Mune | URL   [ 編集 ]

北海道では! 

ネコ娘さんへ
ようこそ!東京出張中なのに、わざわざすみません。
昨日は、ちょっとおじゃまできませんでした。ごめんなさい。
今頃、カフェにいるかもね~。と、ネコ娘さんを思いつつ過ごしました。
意外に人見知りなんですわ~。
犬なしで行く勇気が・・・。

北海道では、結婚式の引き出物なんですね。なるほど。
ネコ娘さんの時はどうなさいました?
でも、三方六。もともと「切れてる」ってのは、いいわけ?(^ー^)
2007-07-23 10:36 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

ニューヨークから! 

Muneさんへ
ようこそ1&コメントありがとうございました。
ニューヨークにお暮らしのMuneさん。
ステキな目線と生の情報がいっぱいで、勉強になります。
ときどき、おじゃまさせてくださいね。
どうぞよろしく。

日本からのお客様の場合、ニューヨークはビジネスチャンスを求めて
視察、研修の方も多いみたいです。
タダモノではない町ですね。

海外に住むとみなさん、日本を意識するとおっしゃいます。
ビール工場へも。ぜひ(^ー^)
2007-07-23 10:51 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

↑行きたい!!!
マイレージは使えますか???
2007-07-25 23:48 | Pokopen | URL   [ 編集 ]

現地合流で 

Pokopenさんへ
そうですね、名古屋とか、大阪から北海道だと、割引があまりないから、
Pokopenさんは、マイレージ使って、現地直行で合流がいいかも。
羽田からなら、季節によって安いレートがあるんですけどね。

ぜひ、実現に向かって準備しましょう。

準備。
つまり、おいしいお菓子を見つけること。だったりして。
2007-07-26 00:36 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

はじめまして 

はじめまして、このはです。
とても面白く楽しく拝見しました。
なんだか旅行に行っている気分になりますね。
私も旅行、大好きです!
先日は北海道に行ってきました(といっても、親戚の結婚式を兼ねてですが)。
関西には、バームクーヘンのおいしい「たねや(クラブハリエ)」があります。そこのケーキバイキングはおいしかった!
あと、意外にビール工場が多い!もちろん無料でできたてビールをよく飲みに行ってます。
今は高齢者介護の現場で働いているんですが、いつも思うのは、みなさんが旅行に行けたらいいなあ・・・ということ。
そんなこんなで、ちょこっと旅行業界にも興味があります。
これから先、SATOKOさんにもお聞きすることがあるかも。
どうぞよろしくお願いします。
また来ます。
お仕事頑張ってくださいね!
2007-07-30 03:12 | このは | URL   [ 編集 ]

追伸 

私が今考えていることを読んでいただきたくて、僭越ながらその記事のURLを入れちゃいます。
2007-07-30 03:20 | このは | URL   [ 編集 ]

みんなで旅行に 

このはさま
ようこそ。そして、コメントも、ありがとうございました。
このはさまのブログにもおじゃまして来ました。
いまや、誰でも旅行に行きたい。それが「あたりまえ」になりつつあります。
どうぞ、諦めないでね。
これから、どんどん、よくなりますよ。
私にもたぶんお手伝いできることってあると思います。
現場の声も聞かせていただけると大変嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
2007-07-30 11:05 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

ありがとうございました! 

SATOKOさま
私のブログにもお越しくださり、また読んでいただいて、コメント残してくださって・・・。
本当に感激しています。
ありがとうございました。
そうなんです、皆さん、「旅行に行きたい」気持ち、いっぱい!
当たり前なことだと、私も思うんです。
でも、当たり前に実現できない現状もたっぷり・・・。
SATOKOさんの「諦めないでね」、心に突き刺さりました。
施設での生活も、当たり前の生活には程遠いのに、旅行なんてもってのほか・・・諦めかけてました。
違いますよね!諦めちゃいけない!
元気出ました。頑張ります!お声をかけてくださって、ありがとうございました。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
2007-07-31 00:31 | このは | URL   [ 編集 ]

夢を見たいから 

このはさま
こちらこそ、ありがとうございます。
普段の生活が満たされないからこそ、夢見たいと思うものですよね。
夢を見ることは、誰にも止められませんし、
幸せを感じることって、とても大切なことです。

最近、介護施設のみなさんのご旅行は増えているんですよ。
トライすることで、あたらしいドアが開くこともあります。
まず、旅行に行きたいのだという、相談をしてみてください。
すぐはかなわなくても、声が大きくなれば、必ず動きます。
旅行業界は、トレンドに敏感です。
旅行業って、夢を売るお仕事です。
お客様の幸せな顔が見たい。声が聞きたい。
それは、きっと介護のお仕事と同じですね。
2007-07-31 01:16 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

おおーっ 

こんばんは!
「最近、介護施設のみなさんのご旅行はふえているんですよ」
驚きです!実際に動いて、実現できている施設があるなんて!
まず、声をあげること、そうしないとチャンスなんて絶対に来ないですもんね!
最近、なんだか私が夢見ています♪
具体的に何人ぐらいの団体さんで旅行されているか、ご存知でしたら教えて下さいませんか?
SATOKOさんが添乗員さんで来てくれたらいいのにな~。
(そしてさらに夢は広がる・・・。)
2007-08-01 01:33 | このは | URL   [ 編集 ]

オリジナルで考えましょう 

このはさまへ
以前から、精神障がいの施設の方のご旅行はあったんですよ。
一般に、平日に組みます。
そのほうが施設が混みあわず、宿のスタッフの人の手も借りられ、
そして、何より料金が安い!
人数は、施設の規模によってですから、それこそケースバイケース。
決められた規格にあわせるんじゃなく、自分たちのオリジナルでいいんですよ。
お体の状態の程度によって、必要条件はいろいろあります。
身障者向けのトイレや段差だけなくして、バリアフリーといっている宿がありますが、
例えば、朝、バイキングの宿だと、身体にご不自由があるかたには、
お勧めできませんよね。


温泉施設によっては、介助者が同行してお風呂に入れてあげられる大きさの
貸切の風呂をもっている旅館があります。
この場合、旅館の大浴場を貸切にする必要がありませんので、
人数的には、大人数のご旅行でなくても、企画ができます。
お食事会場も、貸切会場だと普通はお座敷ですが、
たたみに低めの椅子をご用意して会食できる宿もありますし、
車椅子でそのまま入れるレストランスタイルで貸切の個室を持っているところもあります。

以前は、セミナーハウス形式の宿が中心でしたが、今は違います。
観光旅館でも、お食事もお風呂もよい宿が積極的に受け入れてくれるところがあります。

どちらかというと、関東以北エリアのほうが、そういう対応が進んだ宿が多いように
見受けられます。

ご一緒に添乗できたら、うれしいな。夢のようです。
私、救急救命の講習も受けてますから、安心してご相談くださいね!

・・・一回も活用したこと無いです。実際に役にたつのか?といわれると・・・
2007-08-01 13:11 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。