スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

バラの館 旧古河邸と庭園

彩の季節、秋がやってきました。

紅葉に先駆けて、東京では秋バラがみごろの季節になってきました。

ただいま、各地の公園などでバラにちなんださまざまなイベントが催されています。


古河邸とバラ

そんなひとつ。  『旧古河邸とバラ』 です。

以前、紅葉の観光スポットとしてご紹介したことがありますが、今回はバラが主役。

☆紅葉の古河庭園を見たい方はこちらへ☆


『旧古河庭園』 は バラ園をメインとするフランス式庭園を前庭の斜面に、
低地には小川治兵衛の作庭による「心字池」を中心とした日本式庭園を配した 
完全な和洋折衷の美しい成功例といえるでしょう。


黄バラと館

自然石の新小松石のシックな色合いの外壁に、咲き誇るバラが美しく映えます。

いかにも洋館らしい洋館ですね。

これは日本じゃないといっても、だませそうです。^^


古河RedRose

バラフェスティバルの開催中は三脚利用の写真撮影は禁止ですが、

コンパクトカメラだって被写体がいいから、私だって上手く撮れます。


古河庭園のバラはお手入れが良いので、ひとつひとつの花がきれいなのも特徴です。

それぞれのバラに品種をあらわすプレートがついていますので、
花の名前もお楽しみください。


古河亭側面

テラス式の前庭だけでなく、邸の側面の通路にもバラやそのほかの花壇が整備され
芝生の広場もあります。

今回は芝生は立ち入り禁止でしたが、
芝生広場で音楽演奏会が開かれることもあります。


オブジェとバラ

バラフェスティバルの案内に書かれていた

「バラのオブジェで写真を撮ろう」 というのがこれだと思います。


きれいです。


     が、想像していたのと全然ちがいました。



☆「秋のバラフェスティバル」は10月11日(土)~26日(日)
 9時~17時 (最終入園は16時30分まで)



ライトアップもやってます。 お早めにどうぞ。


海外旅行気分でご近所旅行ができるのね。

と、思ったかたは
banner_21.gif ←ご協力くださるとうれしいです。

今回は庭園ボランティアガイドさんの案内による庭園ツアーに参加してみました。
(無料です)

古河邸日本庭園松

自然を自然らしく。 こちらも日本庭園の魅力を味わえる名庭です。

奥のお山のようにみえるのは、剪定をしない自然な枝振りのスダジイの林。

枝のレース模様のようなラインも見て欲しいポイントです。

紅葉時期にもおすすめ。 ぜひ、おいで下さい。


古河邸家紋


日本庭園を中心に、普段見落としている木々や門などの説明が聞けますし、

あまり足を運ばない馬車道などをあるいたり、新しい発見もありました。

そんなひとつがこの 古河亭の玄関のステンドグラス。

家紋が描かれているのだそうです。

これも、なかなかシックな和洋折衷ですね。


古河邸ガイドさん

庭園ガイドの西田さん。
ご案内、ありがとうございました。

庭園ガイドツアーは 土日および祭日に行われています。



【旧古河庭園】

住所  : 東京都北区西ヶ原1-27-39  
TEL   : 3910-0394

開園時間:  午前9時~午後5時  (入園は午後4時30分まで)
休園日  :  年末・年始 (12月29日~翌年1月1日まで)

入園料   :  一般及び中学生 150円
         65歳以上       70円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)


*(財)大谷美術館 【洋館部分】は別料金となります。

本館建物内の見学は往復葉書による事前の申込みが原則
見学料は 525円となっています。
詳しくは 以下のページへ
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/facilities034.html
2008-10-18(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

わぉ! 

古河庭園が秋バラの見ごろなのですね!
ほんと、「ここはイギリスよ」 と言われたら信じちゃうわ。
(ふふ、本物の英国貴族の館を知ってて言ってますぅ)
私は、この石造りの洋館がとても好み。
でも、玄関のステンドグラスの家紋は覚えてないわ。
おっしゃるとおり和洋折衷で、とても雰囲気ありますね。
それから、馬車道も歩いてみたい。

それにしても、SATOKOさんのお写真は、
三毛猫さんも他の皆さんも誉められているけど、きれい!
もともと古河庭園を知ったのも、
このブログの記事を拝見してのことですが、
こうして、知っている建物や景色の良さ美しさを、
写真で改めて案内していただけるというのも、
嬉しいものですね。
改めて、ありがとう!
2008-10-21 13:51 | かめこ | URL   [ 編集 ]

 

1枚目の写真が最高傑作だと私は思います。
こういう感性で写真が撮れる人は芸術家ですよ。

この1枚の写真だけで行きたくなりました。
建物自体にもそういうオーラがあるから、分かる人だけが素晴らしい写真が撮れるんです。
2008-10-21 17:50 | ishokujuu | URL   [ 編集 ]

ここはイギリス 

かめこさんへ

そう言ってみたくなる洋館ですよね。
本物を知っているかめこさんのお言葉。100人力です。^^
建築はコンドルさんのイギリス風、で、庭園はフランス風+和風
折衷もいいかげんにしなさい。といいたくなりますが、それでもいいデキなんで
許せちゃいます。

神代植物公園でもバラフェスをやっていますね。
週末に行けたら行ってみたいと思っているんですよ。
当分、このブログ、バラシリーズでいこうかな。
2008-10-21 19:07 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

お気に入りの1枚です 

ishokujuuさんへ

写真を気に入ってくださってありがとう。これは私もお気に入りの写真です。

いつも苦労するのは、観光地で人を入れないで写真を撮るのって意外と大変なんですよ。
このお庭にも、この日はたくさんのお客様が来ていましたから。
シャッターチャンスを粘って待ちました。

でも、ほめていただけるほど写真の腕は良くないんですよ。
芸術写真より観光写真を目指してます。(^ー^)

ここに行って見たい。と、思っていただけたら大成功です。
2008-10-21 19:14 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

いつもみています 

初めて書き込みます。ちょくちょく参考にしています。これからも遊びにきます。
2008-10-23 15:02 | はなえ | URL   [ 編集 ]

きれい♪ 

きれいなバラですねー
和洋折衷の庭園も美しいですね^^
こういうところをのんびり散歩したいものです
2008-10-23 19:47 | PoTT | URL   [ 編集 ]

ありがとうございます 

はなえさんへ
コメントありがとうございました。
気まぐれな内容で記事にしています。参考になるようでしたら嬉しいですが。
2008-10-24 12:16 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

なんとかごっこでも 

PoTTさんへ
なんとかごっことかしたくなりませんか?

こういう非日常的な景観が好きなんです。
大自然もいいけど、自然は大きすぎますから。
写真に納まりきれないんですよね。
2008-10-24 12:19 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。