スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

四万たむら 館内潜入レポ

四万温泉の老舗旅館のひとつ、『四万たむら』

今回は、館内をご案内しましょう。

フロントではなく【帳場】と呼びたい
たむら帳場

かやぶきの玄関を入ると、土間でまず靴を脱ぐ。

下足の係の方が靴を預かってくれて、畳の間へ。

そこが、この帳場のあるスペース

木造家屋のしっとりとした空気感に高い天井のゆとり。

正面の和室には、季節の飾りとして、私が行ったときには雛人形が飾られてた。


たむら木造部分

その和室をぐるりと板張の廊下が囲む。

この光景を懐かしいと思えるのも、どの世代までになるだろうか?

今や、このような旅館にしか、和風建築は残されていないのでは、と心配になる。


「四万たむら」でも、日本建築の部分はエントランスのみで、他の部分は鉄筋建築。
じゅうたんやフローリングをスリッパで歩く。
増改築を経て、かなり大型化しているため、やむをえない。

防火の立場から、新築としては大型の木造建築を認めていないから。

ロビーから宿泊棟への通路の天井には木造のムードを取り入れていた。

たむら天井 部分

四万たむらのお風呂は館内のあちこちに数多く作られている。

姉妹館の「四万グランドホテル」とも、お風呂を共有しているため

2館の間で「たむらの森・湯めぐり」ができる。

全部オープンしている場合で10箇所もある。
(よくある、「湯船の数」ではないですよ。大浴場の数が。です)

総湧出量毎分約1,600ℓという豊富な湯量があってこその、
ぜいたくなかけ流しの湯を楽しめます。

『森のこだま』 一番人気の露天風呂
たむら露天風呂森のこだま

たむらの一番奥にあるお風呂で川に面して作られている
ムードたっぷりの露天風呂

弁天の滝を眺めながらの景色がステキですね。

この写真は女風呂からの景色です。
残念ながら、男風呂には入れないので自分で撮った写真が無い。

男風呂のほうがお風呂も大きいしいい景色なので、
四万たむらさんのページから借りてきました。
こちらも見てみてください。

森のこだま男

新緑の光の中での入浴もステキ。

今度は、グリーンシーズンに。と思います。


森のこだま脱衣所

『森のこだま』のネーミング通り、脱衣所も木をふんだんに使った脱衣所

夜明け前の図。です。

『甍の湯』
 最も規模の大きな大浴場
たむら甍の湯

湯船はもちろん、洗い場から脱衣所まで、たっぷりのスペースを持つ メインのお風呂

なんと男湯が1階、女湯が2階の2層吹き抜けの構造になっている。

エントランスの前の木製の大階段が気に入りました。

木のぬくもりは、湯上りにやさしいですね。



四万グランドメルヘンの湯
四万グランドメルヘンの湯

モノトーンのように写っていますが、白黒写真ではありません。

湯船も意外と大きいので、かなりゆったりと入れます。

人がいないときを狙っているため、夜中です。
だから、外が真っ暗ですけれど、本当は唯一景色が眺められる展望風呂なんです。

四万グランドホテルの7階にあります。

お外が見えるお時間帯にお入りください。


で、どこが「メルヘン」かといいうと・・・入り口に7人の小人がいたりですね~。
なんだか、そんな程度のメルヘンさなんですよ。う~~む。


全部のお風呂は紹介できませんでしたので、あとは、ご自身でどうぞ。

お問い合わせは トラベルユアーズへ(*^▽^*)


まだ雪景色かい?!と、お思いでしょうが、
banner_21.gif ←ご協力くださるとうれしいです。
2010-03-27(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

風情のあるたたずまい・・・と思ったら
入り口部分が中心なんですね
こういうたたずまいのほうが、歴史ある温泉という感じがするのに
もったいないですね
2010-04-01 00:22 | ネコ娘 | URL   [ 編集 ]

こんばんは~~(・∀・) 

家のヌコ等がみんな虹の橋に行ってその時まだ元気だったら温泉巡りしたいです~~。
ついでに旅打ちもしてみたいです!!
2010-04-01 01:00 | カゼノオ~ | URL   [ 編集 ]

和風旅館好きです 

ネコ娘さんへ
私も、日本建築の宿のほうが雰囲気があって好きなんです。
でも、ふたつ問題があるの。
建物の維持費が日本建築のほうが高くつく。
もうひとつ。
都会のお客様は古風なたたずまいを喜んでくれるけど、地元客はピカピカリッチのデカイ旅館のほうが喜ぶのです。
他に、消防法の問題もあるかも。

こぶりの宿なら、昔ながらのよい温泉宿がございますので、紹介しますよ~。
関東の温泉にいらっしゃるときはぜひ、ご相談を~♪
蘭ちゃんOKのセレブ宿もありますよ。
2010-04-01 15:43 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

おうちが一番 

カゼノオ~さんへ
虹の橋なんて、美しくも悲しいことはいいっこなしですよ。
ニャコたちがいても、お留守番をたのめばいいのです(*^▽^*)

ふふっ。飼い主さんが離れられないんですよね~。

犬はOKのお宿が増えたのですが、猫はNGなところがほとんどです。
犬とネコの性質の違いもあるでしょうね。
ネコは基本、不自然なことや大移動を好まないようです。
おうちが一番。なんでしょうね。
2010-04-01 15:47 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。