スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

三春の滝桜 見ごろは今週

『日本3大桜』のひとつとして名高い 『三春の滝桜』 

エドヒガン系の紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)です。

滝桜一部
                            (2010年4月19日撮影)

写真撮影時は4分咲きでしたが、2日後には一気に満開情報。
なんと翌日に、またも雪! 
どうなってるの、今年の春?! 

見ごろのピークは今週末あたりかもしれません。
満開の桜が見たい方は急いでご旅行計画をお立て下さい。
道路も何もかも、大変混雑しますから、可能な限り平日を狙いましょう。

花とつぼみ

樹齢は1,000年以上といわれる古木

でも、花とつぼみはういういしい。 薄紅の色もあどけないほどに。 

それが、「桜」の魅力なのだろうか?

ベニシダレ桜

三春滝桜は今年から観覧方法が若干変わりました。

【観桜料】 が正規に設定されたのです。

1人あたり 300円(中学生以下無料) ※ 団体割引などはありません。

観桜料は、昨年度までは『滝桜協力金』の形をとっていましたが、
任意の協力という形だったため
払う人、払わない人が出て「不公平感」がありました。
車で来た人は駐車場代がかかる上にさらに支払う、二重払い感も。

今回の『観桜料』の導入により、駐車料金は無料に、協力金は廃止となりました。
これですっきりですね。

バス利用の方はバス乗車代金に観桜料が含まれます。
車を利用の方は、駐車場付近の料金所で支払います。

さあ、桜を見に行って見ましょうか。

滝桜見物へ

バスの駐車場から、桜の近くまでは徒歩でゆっくりと、10分位移動します。

この先、堤燈がさがり、桜までの道のりはお土産やさんが立ち並び、賑やかです。

桜を見てのお帰りにみなさん、いろいろお買い物されていらっしゃいました。

三春滝桜

桜の周りは柵で囲まれていて、周囲をぐるりと回ることはできません。

ロープでできた道をたどって近づき、滝ザクラの正面に行き、
写真に収め、Uターンして同じ道を戻ってきます。

これでは、同じような角度からしか写真は撮れませんし、みんなで記念写真もムリ。
見終わった方はさっとお帰りになるみたいです。

よって、桜の前がいつまでも大混雑。という具合にはならずにすんでいるようすでした。


 今回のイチオシ写真  クリックして拡大してみて下さい。
滝桜全景

「三春滝ザクラ」

* 所在地/福島県田村郡三春町大字滝字桜久保296番地
* 種類/エドヒガン系ベニシダレ(バラ目バラ科)
* 大きさ  o 高さ/13.5m
       o 枝張り/東に11.0m、南に14.5m、西に14.0m、北に5.5m
       o 幹周り/8.1m(地上高1.2m)
       o 根周り/11.3m
* 開花期/ 例年4月中旬~下旬
* 樹齢/ 1,000年以上(推定)
* 指定/ 国天然記念物(大正11年10月12日、内務省告示第270号)指定名称
* その他/ 天然記念物に同時に指定された5本の桜により「日本五大桜」、
        あるいは、うち3本により「日本三大桜」と呼ばれています。
※ 三大桜は、「根尾谷淡墨ザクラ」(岐阜県本巣市)、「山高神代ザクラ」(山梨県北杜市)
五大桜は他に「狩宿の下馬ザクラ」(静岡県富士宮市)、「石戸蒲ザクラ」(埼玉県北本市)


*当情報は三春町のホームページ内サイト『三春の桜・観光ガイド』
参照及び引用させていただきました。


もっと詳しい情報を知りたい方は
<滝桜への交通>

☆三春駅から臨時バス滝桜号を利用する(滝桜開花期のみ運行)

 三春駅と滝桜の間を運行し、コース内の停留所で、当日何度でも乗り降りできます。

* 期間/平成22年4月10日(土曜)~4月25日(日)を予定
* 運行コース/ 三春駅→中央大町→役場前→
          →滝桜(*さくらの公園⇒*三春ダム資料館⇒三春の里田園生活館)→
          →役場前→中央大町→三春駅
* 利用料金/大人1,000円(滝桜観桜料300円を含む)、中学生700円、小学生350円、
        未就学児は無料


 ☆自動車の場合、無料駐車場があります。

  * 滝桜までの距離/磐越自動車道郡山東IC.より 12.6km、船引三春IC.より7.3km

  混雑が予想される平成22年4月24日(土曜)、25日(日曜)の2日間、
  無料シャトルバスの運行を予定しています。
  三春町運動公園の臨時駐車場と滝桜の間を運行します。
  マイカーを臨時駐車場に駐車していただき、そこからシャトルバスに乗車できます。



紅枝垂れ地蔵桜
紅枝垂れ地蔵桜

郡山市にある、樹齢約400年のしだれ桜です。三春の滝桜の妹分。
昭和43年郡山市指定の天然記念物に指定されました。
滝桜から車で15分程度の距離なので、あわせて見学する方が多いです。

この桜の下には地蔵堂があり、昔から赤ん坊の短命、夭折の難を逃れるために、
願懸けが行われていました。


三春の滝桜より若干花の時期が遅いため、この日はまだつぼみの状態でしたが、
遠景で望む桜は紅色がとても濃く鮮やか。

三春の桜に比べると、妖艶なイメージがしますね。


*所在地/ 中田町木目沢字岡ノ内
*行き方/ 郡山東I.Cより車で30分、郡山駅からバス安積高校御舘分校下車徒歩30分


今週早速行かなくっちゃ、と思った方も、
このブログで花見ができちゃってラッキー、と思った人も
banner_21.gif ←ご協力くださるとうれしいです。
2010-04-22(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。