スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

東京の名所もステキです♪

furukawatei.jpg

旧古河庭園

心の求める景色に出会うのが『旅』のひとつの目的なら、

ほんのご近所にだって、心の旅を味わえるスポットがあるでしょう。
わが町東京にも、歴史や紅葉の名所は実はたくさんあります。

今回は私のお気に入りの『旧古河庭園』のお話。

先日の新聞報道で知りましたが、11月18日、この「旧古河庭園」が
近江八幡の水郷、金平成園、慶雲館庭園、などとともに、
『重要文化的景観』に指定されることになったそうです。

今年4月1日に試行された文化財保護法に則り「文化審議会」が答申を出したもので、
第1回めの選定。

難しいお話はおしまい。

この洋館は、「ジョサイア・コンドル氏」というイギリスの建築家が設計。
足元に、バラ園がひろがり、綺麗に刈り込まれ、手入れされた、
洋式の庭園があります。

rose.jpg


この洋館とバラ園はとても「絵になる」ため、さまざまなロケにも使われているんですよ。

古くはcharさんのレコードジャケット(知る人はいるだろうか?)
最近では、草薙 剛さんのドラマ「恋におちたら」が記憶に新しいですね。

余談ですが、このドラマは近所で犬のお散歩してたら、
草薙さんたちのロケ現場に偶然出くわしました。和菓子屋の前です。

けれど、ここの良いところはそれだけじゃないんです

今回の「景観」に選ばれたのも、『和洋ミックス』ってところが
実はポイントなんですよ。
(と、庭園の職員のかたもおっしゃっておりました)

このさらに下手には、回遊式の和風庭園があり、
作者がまた、著名な京都の庭師「小川 治兵衛氏」であること。
小規模ながら、完成度の高い庭園なんです。

20051130201759.jpg


うんちくを調べれば、いろいろ逸話があるようですが、
この庭園の景観をお楽しみいただきたいですね。

今年は例年になく、紅葉が綺麗な年になっています。

komorebi.jpg

カメラが低レベルなので、よい画像がお届けできませんが、
本当に綺麗です。

furukawateien.jpg


屋敷のある芝生広場では、この日はアコーディオンのミニコンサートが催され、
芝生に腰を下ろしての鑑賞もできました。
この広場の位置は最も高台に当たるため、紅葉を見下ろす景色も楽しめ、
角度によってさまざまな顔を見せてくれます。

写真ファンにはたまらないんじゃないでしょうか?

紅葉満喫の午後でした。
パッケージツアーの団体さんも来ていて、びっくり。

そうですね。地方から東京にこられる方もいらっしゃいますよね。

お決まりのコースではなく、こんなコースなら私もご案内は得意です。
東京ツアー私風でも、作ってみましょうか?

そんなことも考えました。


こんなツアーに参加してみたいと思われる方は

banner_21.gif ←ご協力くださるとうれしいです。
2005-12-01(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

素敵! 

v-219紅葉がとっても鮮やかで目に沁みます。
SATOKOさんは東京という刺激的な町に住みながら、その奥にあるこれまたちっちゃな自然を満喫していらっしゃるのね。
★yell★も短大時代は東京の片隅に住んで、勉強にアルバイトに励みましたが、ささやかな2年という短い月日がいまだに忘れられませんよ。
ただ、そのいとおしい日々の中に、東京の素敵な場所を満喫した、って思い出がありません。
こんなに素敵な場所がたくさんあるのに、あたしったら何処見て暮らしてたんだろう。
SATOKOさん、遊園地じゃなくて、小学生も十分楽しめるような「東京DAYS」を企画してくださいv-356
ファミリーで参加させていただきますよぉ!是非
2005-12-01 14:06 | ★yell★ | URL   [ 編集 ]

 

大人向けも作ってください!
洋館の概観の印象が、
おととし泊まった、
英国の田舎町コッツウォルズ地方にある、
マナーハウス(貴族の館をホテルにしたもの)
を、思い出させてくれました。
イギリスまでは、またv-233行かれなくても、
本物の洋館に、出合えるのね。
旧古河庭園、必ず、行きます。
あと、「夫と妻の東京ツアーSATOKO風」も、
ぜひ、お願いします。 
2005-12-01 18:24 | chappy | URL   [ 編集 ]

紅葉だけなら 

★yell★さん。
では、こんど、ぜひ、『楽しい東京都心めぐり』でもご一緒しましょう。
子供バージョンと大人バージョンね。宿題で考えておきます。季節は春かな?

紅葉だけなら、古河庭園の近くにある「六義園(りくぎえん)」の方が、メジャーです。
今の季節は夜間の「紅葉ライトアップ」をしていて、夜8時半まで開園しているはず。v-35
元禄の栄華に思いを馳せましょう。
注意:昼間はカラスに教われないように注意が必要です。怖いですね~。
水戸光圀さんの庭園で有名な東京「後楽園」は、名園ですが、
入園しなくても、文京区役所(生意気に「シビックセンター」といいます)の展望階から
見下ろすと綺麗です。
ただです。後楽園駅から徒歩0分ですし。ついでに東京ドームも、ラクーアも見られます。v-290
2005-12-01 19:09 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

カフェもね! 

chappyさん
ふふふ。趣味でしょ? 学生時代、私の中ではここは英国v-254でした。
一時、館内立ち入り禁止でしたが、今は、「古河邸見学ツアー」をやっています。(別料金)
基本的に事前予約制で、往復はがきで希望日を申し込みます。
見学は、職員のガイドについて、館内見学をします。内部は撮影禁止です。
わざわざ行くのなら、予約を取っていかれることをお勧めします。
ここは、ミニコンサートを比較的頻繁に行っていて、そんなときを狙うのもステキです。

予約がない方は1階のカフェへ。v-273v-274
テラス席もあって、庭に面した3つのお部屋が喫茶室になっています。
時間に余裕のあるときは、もちろん、このカフェでのお茶は欠かせません。
カップが、ウエッジウッドのワイルド・ストロベリーなのも嬉しい。v-380
靴は脱いで、スリッパでおあがり下さい。っていうの。「大事にしてるんだ」って感動を呼ぶ。
ぜひぜひ、お越し下さい。入園料は 大人150円(安い!!)
2005-12-01 19:29 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

行きます!土日 

結構、いろいろなロケで使われていますよね~。
前々から気になっていましたが、SATOKOさんの記事を読んで、今度の土日に
オットとでかけてみよ~~と思ってます!!(*^ー^)goo!
紅葉の写真でも綺麗に撮れていますね!カメラも持参しよっと^^
近くの駅は後楽園??教えて~
2005-12-01 21:18 | ねこねこ | URL   [ 編集 ]

 

石造りの洋館 大谷美術館
中旬に、行ってきまーす。
ワイルド・ストロベリーで、誕生祝するのv-238
2005-12-01 22:53 | chappy | URL   [ 編集 ]

最寄り駅は 

ねこねこさん★
最寄り駅は、東京メトロの「西ヶ原」から徒歩5~7分くらい。
JRだと駒込駅から、徒歩だと12~15分くらいかな?
駒込駅を拠点にするなら六義園も道なりで、立ち寄り可能です。
ぜひ、行ってみてください。
スペース的にはいわゆる有名な庭園に比べると、小さいんです。
あっという間に歩けちゃう。
でも、ここは、そのまま座って眺めていたいって感じなんですよ。
高みに東屋もありますから、売店で飲み物やアイスクリーム片手にぼーっとするもよし、
カフェでバラを眺めるもよし。でしょう。
行ってきたら、すごし方。感想などなど教えてね。
2005-12-02 16:15 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

早速ご予約? 

chappyさん★
早速、ご予約されましたか?
だんなさまと、一緒に楽しめるなんてうらやましいです★
私の場合は、相方がムードもへったくれもない、脳内筋肉?ってヤツなので・・・。
すてきなお誕生日をv-254
2005-12-02 16:26 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

ほのぼのガイドツァー参加
12月吉日晴天!ベビーちゃん3人を含む10人+1でスタート。
泣きっぱなしさんとふかふかのじゅうたんで転びっぱなしv-73と眠りっぱなしさん。
そして、3人のママたちと、夫婦2組と、かわいいガイド嬢。
ドアを開けるたびに、「素敵!」「ホントだ!」「なるほど!」などなど。盛り上がること。
合いの手に、ベビーちゃんたちの存在。
とても幸せな午後を過ごすことが出来ました。SATOKOさん、ありがとう。
ところで、
今カフェになってる、応接室のシャンデリアの影が、雪の結晶の形に映る。んですって。
SATOKOさんは、見たことあるの?
2005-12-16 14:48 | chappy | URL   [ 編集 ]

シャンデリアの影 

大谷美術館。行ってらしたんですね。ゆったりすごされたそうで、何よりです。
ここでは、時間の流れがゆったり感じますよね。
シャンデリアの「影」! それは、気づきませんでした。
やはりガイドツアーを体験しないと、いけないってことですね。
2005-12-16 17:12 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

雪の結晶 

ガイドでは「夕日が射すと、天井に映る」と言っていました。
角度的には、日が沈むまでの数分間だけ見える のだと思う。
でも、
カフェは、確か4時まで!日没は、早くて4時28分。(今調べた)
だから、SATOKOさんが、気づくわけなかったですよ。
影は見られなくて、残念だけど、私はまた、お茶v-273しに行きます。
あんな、素敵なところ、なかなか見つからないもん。
2005-12-17 22:36 | chappy | URL   [ 編集 ]

お気に入りのカフェ 

ほほほ。カフェめぐりは学生時代に良くやったものです。
お気に入りのカフェは時間のたつのも感じないので、
今にして思うと営業妨害か?っていうくらい、長居をさせてもらいましたっけ。
横浜の港の見える丘公園の大仏次郎記念館に併設のカフェ『霧笛』も
昔は、いい雰囲気で大好きでしたよ。
あそこにいくために横浜に通ったくらいです。
あのころはお気に入りがあちこちにあったのですが、
バブル期以降、よいカフェは激減し、チェーン店が主流になってしまいました。
今や貴重なカフェといえると思います。
また、どうぞ、行ってあげてくださいね。
2005-12-19 10:34 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

 風景画教室でここを描きましたよ。
#厳しいご意見もいただいてしまいましたが…。

 気が向いたら覗いてみて下さいね。
2006-10-05 14:32 | のび太 | URL   [ 編集 ]

拝見しました。 

私のお気に入りの館を描いていただいて、ありがとうございます。
その上、記事に私の名前までいれてくれて、光栄ですっ!

水彩の風景画は、おそらく、描くのは苦手な私。
(高校以来書いたこともないですし・・・)
絵画は写真とはまた違った魅力がありますね。

邪道ですが、いらない人物を書かないでおける点も、とても魅力的。
人を大きく撮らない様に混雑した観光地を写真に納めるのも
ちょっとした苦労だったりするんですよ。
2006-10-05 19:31 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。