スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ニコライ堂のクリスマス

nikoraidaiseidou.jpg

お約束。ニコライ堂です

クリスマス、いかがお過ごしでしたか?
クリスマスパーティーという名目の飲み会の間隙を縫って(?)
クリスマス・イブには、いざ、教会へ行ってきました。

独身時代以降、この教会へは行っていませんでした。

ひさびさのクリスマス・ミサですが、どうでしょう?

この教会は、教会建築として、デザインが好きで、
御茶ノ水という土地とも調和しているように思います。

湯島聖堂といい、神田明神といい、時代や歴史の流れを感じさせる
名所の多い町ですね。

この教会については正式には以下の通り

nikoraidou.jpg

クリックしてみてください。

ギリシャ正教は、ローマンカトリックと並ぶ、2大キリスト教だと思いますが、
日本では、ロシアから渡ってきたイメージで、ちょっとマイナーです。

私がとても、面白く思うのは、(不謹慎でごめんなさい)
司祭たちの装束です。
長い髪、長いひげ、トルコ風の帽子
全員ではありませんが、こんな、異国情緒たっぷりのお姿。

カトリックの司祭は、まず、このようなお姿ではありませんよね?


(参考に『エロイカより愛をこめて「メテオラな日々」』
青池保子氏著 秋田書店 を見ていただくとイメージが涌くかと思います。)
注:漫画です。ご存知??

shorou.jpg


6時半からのミサの始まりを告げる鐘楼の鐘の音が鳴り響き、
人々が集まってきました。

教会内にはキャンドルを購入して入りました。
賛美歌の歌声と、読経とお祈りが始まります。

高いドーム天井にひびく音の綺麗なこと!
ミサが始まりました。
正直言って、長く感じました。
2時間立ちっぱなし。しんどい。

プロテスタントの場合のように、牧師さんのお話し中心ではないし、
みんなで、賛美歌を歌うでもない。

ただ、ひたすら読経。そして、よくわからない儀式。
キリスト教の原型ってこんな感じ?

けれど、ほの明るい聖堂内のキャンドルサービスは独特の雰囲気です。
重々しさと、異国情緒はたっぷり味わえると思います。

以前はもっと、出入りが自由みたいな雰囲気だったと思うんです。
ロウソクを供えるだけで帰ってきたりしていたので、(ミーハー)
今回、まじめに参加してみて、少々印象が変わりました。


異文化に触れることで、外国との理解は深まります。
海外旅行もステキですが、お金をかけなくてもできる、
異文化体験です。
一生に一度くらい、体験しても、いいかも。
いかがですか?
2005-12-26(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは 

奈良や京都の社寺じゃないですけど、すごく奥深そうですよね。
教会のステンドグラスとかオルガンの音色などのパワー、異次元に引き込まれて包まれる感じ、結構好きです。
2005-12-26 13:29 | ロッキン | URL   [ 編集 ]

空気がね 

歴史のある寺院には、どこか、日常と違う空気がありますね。
たとえば、参道の杉並木の古木とか、そんなものにも、
時空のパワーを感じることがあります。
ロッキンさんの言う「異次元」ね。
そんなかんじわかります!
2005-12-26 15:21 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

ただいま 

ニコライ堂、いいデザインですね。
クリスマス・ミサ行きたかったなー

東方正教会は、たしかローマンカトリックとは十字の切り方が左右逆なんですよね?(ウクライナの人が言ってた)
あと、十字架の上の『INRI』がないとか。。。

ダイブン前なのでうろ覚えですが。。。

いいですよね、日本にいながら、異国の文化にふれられるって。
ボクもいってみたいな。。。
2005-12-26 18:47 | Pokopen | URL   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005-12-26 18:54 |  |    [ 編集 ]

お帰り^^ 

いいでしょ~。Pokopenさん、いつか、行ってみて下さい。
でも、今すんでるところは遠いのかな?

そう、そういえば、十字の切り方、「右左」だったみたい!
十字架そのもののデザインも違うんですよね。
(一本斜めに多い)
Pokopenさんってカトリックなんですか?
宗派の違いって、難しいので、詳しくはわからないのですが・・・。

ヨーロッパの歴史、芸術を知るためにはキリスト教は欠かせないです。
旅行やその国の人と付き合うにも、基礎知識として必要。
カルチャーとして、普段から自然に接しているといいのではないかしら?ね?
2005-12-26 20:02 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

子どもの頃 

そうですね。SATOKOさん。

お墓参りも、初詣も、とにかく手を合わせると、最後に「アーメン」と
声が出てしまっていました。子どもの頃・・・
おかげで、ヨーロッパに旅行した時に、
人に説明してもらわなくても、分かる部分があることを感じました。
例えば、教会のステンドグラスの絵が、聖書のどういう話を描いたものかだとか。。。
知らなければ、ただ「きれい」で終わってしまっていたかもしれない。
「ああ、これだ!」って、いちいち感激できたのは、
子どもの頃、繰り返し、聞いていたお話だからでしょうね。

そういう環境を作ってくれた両親に、感謝しています。

ところで、
Chappyとその夫、次は、御茶ノ水界隈散策で決まり!
2005-12-26 23:11 | Chappy | URL   [ 編集 ]

宗教は良くわからないけど 

ニコライ堂や湯島天神に神田明神・・・
会社から近いです。

毎年、正月明けの初日は、会社の工事部員と共に、神田明神に安全祈願に行きます。

私は信仰する宗教もなく、形式とか良くわからないのですが、宗教はかならず歴史と深い関わり合いがあるので、歴史好きの私としては、宗教の歴史は興味があり、本を読んだりします。

能力開発なんかや、怪しいオカルトチックな事も宗教と関わり合いが深いので、興味深々です。
2005-12-26 23:53 | のぶにい | URL   [ 編集 ]

教育ママになろう 

ほんとうの意味での「教育ママ」というのは、
子供の心的知的環境を上手に整えてあげる母かもしれないですね。
chappyさんのお母様は、娘の真の成長をお考えになられていて、
すばらしいお母様だと思います。

母のお仕事は、子にカルチャーをきちんと伝えることかもしれませんね。

御茶ノ水にはいいポイントがありますから、散策してみてください。
昔は大好きだった喫茶店やレコード店があったんですけれど、今はどうかな?
聖橋は渡るより、1本手前(先?)から眺めたほうがステキ。
神田川を渡るため、「地下鉄」丸の内線が地上に出てくるのも
お見逃しなく!
川沿いの道を御茶ノ水から水道橋まで下って歩くのも、
意外な発見があります。
夏ならいいかも。
2005-12-27 15:03 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

親近感! 

のぶにぃさま、近くにいらっしゃるのね。
親近感いっぱいですわ。
昔の職場で、御茶ノ水で乗り換えたくて
わざわざ地下鉄とJR乗り換えて、外へ出ていた私です。
ホントにあの辺、好きだったんだから。
(あと、下北も)

宗教はわからないものです。でも、へんなのにだまされないためには
「何にも知らない」じゃ、まずいでしょ!
オウ○なんとかとか、もしも、宗教教育を受けている人なら、
間違ってもだまされなかったと、私は思うんですよ。
あんな、ちゃんぽん教義のへんな宗教・・・。

日本って世界各国のお料理も宗教も各種そろってる珍しい国。
お勉強するには最高の環境かと思いますです。
2005-12-27 15:11 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

ニコライ堂 

こんにちわ
雄平@実りのときブログ
です。
しばらくこのニコライ堂の下で働き、冬も御茶ノ水にいたのですが、ニコライ堂でクリスマスという発想にはいたりませんでした。
やはり、クリスチャンではないからでしょうか。
たしかロシア正教だと思いますが、やはり普通の教会とはかなり違うんでしょうか。エクゾティックなお話、ありがとうございました。

では、また。
2005-12-27 23:30 | 雄平 | URL   [ 編集 ]

 

SATOKOさんてば、お忙しいのにイブにミサだなんて敬虔なクリスチャンに思えちゃいますけど。
すみません・・・こちらは翌日まで子供連れで友人宅で飲んでました・・・(*≧m≦*)ププッ
ま、どちらかといえば(ま!曖昧な!)正月に神社で、葬式は仏式でのまぜこぜ文化日本人でございますからねー・・・どうもそんなふうにひとつの宗教を真摯に信じられる方が羨ましくてしかたがありません。
そして異国情緒満載のこの写真。
たぶんミサに出たりすれば、その雰囲気にも飲まれて、厳粛な気持ちで新たな自分の発見もあるんじゃないかな、と思ったり。
経験してみたいですね。
2005-12-28 00:18 | ★yell★ | URL   [ 編集 ]

ベストシーズンは夏ですね? 

出たがりで、すみません。
それでは、夏の終わりごろ、散策することにします。
あと『霧笛』でしたっけ、5年とか10年とか先になると思いますが、その頃にとっておきます。雰囲気は、昔も先も、そんなに変わらない気がします。記念館だから。
下北では、去年お芝居観ました。昔のことも、少しわかるよ。

プロだけど、お仕事上だけでない、「東京観]光」。楽しいです。ありがとう。
2005-12-28 13:12 | Chappy | URL   [ 編集 ]

エキゾチックです 

雄平さま
コメントありがとうございます。
ニコライ堂のそばにいらっしゃったんですか。
外から見ていても十分素適な建物ですよね。

ロシアから着たのですが、今は正式にはロシア正教ではなく、
「日本ハリストス正教会」だそうです。

1861年に聖ニコライ大主教が函館のロシア領事館付の司祭として日本に来たときから始まったので、その名をとって「ニコライ堂」

プロテスタントのキリスト教とは、別の宗教と思ったほうがいいくらい
ミサから何からやりかたは違います。
プロテスタント教会に行った事がおありでしたら、
ほんと、一度いらしてはいかが?
私は信者ではないので、クリスマスしか中に入ったことは無いんですけれど、
きっと普通に日曜日なんか、入れると思うんですよね。

まさに、エキゾチックです。
賛美歌は上からふってくるし。
(一部日本語なのに)日本語とは思えないお経だし。
2005-12-28 18:15 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

★yell★さん
私もいっしょ。なんでもアリ派なんです。v-290
実はクリスチャンじゃあないんですよね。
高校がカトリックのミッションスクールで、(いやでも)クリスマスやってましたし、
毎朝聖書朗読と賛美歌はやってました。
だからね、ちょっとは知識もあるし、身近かな。
でも、あのころは反発もあって、キリスト教をけなしまくってましたっけ。
今も、キリスト教の教義が一番とは思いません。
それに、キリスト教っていっても、いろいろあるんですよ。

意外とヒンドゥーなんかの世界観いいですよ!
日本人に合ってるかも。
ミサと賛美歌と教会が好きなだけなんだよ~~。v-259
真面目なクリスチャンさんごめんなさい。
2005-12-28 18:25 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

夏の終わり 

響きがいいですね。  「夏の終わり」
御茶ノ水には似合う季節かも。
学生の町ですしね。
その頃は人もちょっと少なくて、歩きやすいかもしれないです。

特に湯島聖堂は、ひっそりしているときがベストなんです。
ここだけ、音が静かで、少しまわりより涼しいような気がする。

ここは孔子を祭っています。
ね?私、節操無いでしょ?
2005-12-28 18:30 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

TBさせて頂きました。 

 初めまして12月26日に行ってきました。以前25日に行ったときに中に入る勇気がありませんでした。
 今度はこの記事を読んで今度は入ろうと思いました。
 ありがとうございます。
2006-01-03 16:53 | aniki | URL   [ 編集 ]

プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。