スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

大原 椿公園ってどんなところ?

20060316161536.jpg

大原の椿 

ここは大原「椿公園」 園内には1000種類もの椿が植えられていて
自由に見学ができます。(無料)

20060317130457.jpg

この公園の、入り口には、長さ70mの大きな吊り橋がかけられています。

高いところが好きな私。じつは吊り橋も好きです。

この橋を渡ると・・・渡ると・・・山 です。
公園といっても、この山、かなり自然に近い状態で、
お散歩に最適。とは、いえません。

この橋は、渡ったら引き返したほうが楽です。

舗装されたくだり道を行くと、池があり、センターには「つどいの広場」と施設があります。

ゆるやかな斜面を生かして、さまざまな種類の椿が植えられていて、
木々の周りを歩くことができます。

20060317125947.jpg


吊り橋を下から見るとこんな感じ。

ただし、公園の説明にもありましたが、椿の種類が他種に渡るため、
花の時期はながいですが、いっせいに花開くわけではなく。
一面の椿。という景色は期待してはいけません。

また、椿と言う花の性質なのでしょうか?
同じ木のなかでも、花が終わっているのもあれば、まだ蕾もあり。

満開って何時なのだろう?と思いました。
「椿まつり」も行われていましたが、地元のイベントゆえ、
とてもローカル。
ちょっとした、歌や踊りのショー。
お酒や魚の丸干しを炭火焼していたり、のどかです。

ちょっと、忘れられた山村にきたような、錯覚もしてしまうかも。

それでも、駐車スペースはマイカーでいっぱいでしたから、
にぎわっていたのでしょう。

人工的なのか自然なのかちょっとわかりにくいですが、
(もう少し、きちんと整備したほうが良い感はいなめません)
のどかであることは間違いないです。

タダですし。
2006-03-17(Fri)
 
イベント情報~いすみ鉄道の大増発で今まで知らなかった房総を巡る~
動画:春を待ちわびて(いすみ鉄道車窓) 概要公式HPより  この企画は、いすみ鉄道存続・再生を目指し、国土交通省から支援を受けて『地域公共交通総合連携計画』を策定するための社会実験です。ご来訪の皆様へ調査員がアンケートをお願いします。いすみ鉄道再生のた...
[ぶらざーてぃのblog]  2009-02-27 00:47

コメントの投稿

非公開コメント

わ~い、いっちバン! 

久々?コメント、一番かな?
JR外房線、大原駅から徒歩15分。(大原町だっけか。。)
調査済みデス。
もっと、遠景のつり橋の感じもいい。

そうねぇ、椿って、花の時期が長いね。
だから、よく、庭木にもさせるんじゃない?
うちの庭にも今も咲いてます。
2006-03-17 15:07 | かめこ | URL   [ 編集 ]

調査済み。ですか。さすが。 

かめこさん 一番です。
つばき公園の所在地は「いすみ市」になります。
ここも市町村合併かしら?
日本の観光地が名称が激変してるんですよ。
伊豆も、伊香保や、あの山古志村も、所属の市が変わりました。

小さい吊り橋の真下が椿の花のエリアです。
ふっと、迷い込むにはいい所かもしれませんよ。
つどいの広場と「つばきの谷」周辺は明るいムードでいい感じでした。

何か、テーマパーク的な美しさを期待しなければ。ね。

マップをリンクしてみましたが、これを見ると回遊できそうですよね?
大吊り橋から小吊り橋への道。私も歩いてみました。

でも、遊歩道になっているはずの道が、手入れされていなくて、
滑りそうで怖いくらいなのが、まずいです。
だれか、転ばれでもしたら、大事になります。(観光の場合)

展望台にいたっては、足を踏み入れるのは危なそうでした。
池の周りも、ぐるっと回ったら、戻れなそうだったので、
やはり引き返しました。

いわゆる「庭園」とは、違うので、ご注意下さい。
2006-03-17 17:41 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

東京ドームへGO! 

椿って、ちょっと大人っぽいというか
色っぽい、艶っぽくないですか?
そういう良さは、昔は苦手だったけど
最近受け入れられるようになってきた。
1枚目の写真、質感出てていいですね。
印刷と違いネットって、せっかくのいい写真も質感損ねるけど
この写真はイイ感じです!
2006-03-17 18:06 | ロッキン | URL   [ 編集 ]

椿姫っていえば、そうね。 

ロッキンさんも大人になったってことですわね。
写真ほめてくれて、ありがとう。
私もちょっと気に入って、大きめの写真をアップしちゃいました。
デジタルってフィルムにかなわないところもあるけれど、
最近はカメラも良くなってますよね。
一レフほしいなあああああっ!

東京ドーム22日ね。ああ、悩ましい。ミックの声聞こえるかなあ。
2006-03-17 19:53 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

これってSATOKOさんの撮影した花?ですかね。
キレイ。一枚目。いや。三枚目も。
春キライ~って宣言したmoicoですが さすがに暖かくなる気候には。そそられるモノがあります。

つり橋の下からは おいしい空気がすえそうな感じします。
「でも」渡ったら引き返すのがいんですね 了解です(笑)
2006-03-17 21:52 | moico | URL   [ 編集 ]

つり橋といえば・・・ 

yellの住む近くに、つり橋の長さでは一時全国一を誇ったつり橋があります。長さは375m!
記録は破られるためにあるらしく、すぐ他所で作られたつり橋に栄えある全国一は譲ってしまいましたが。がはは。
そこは竜神大吊橋といって、5月の連休をメインに多くの観光客でにぎわいます。
なぜか?そう、鯉のぼりの里、なんですよ。
つり橋の両側にずら~~~っと泳ぐ鯉のぼりは実に壮観。
ひとつひとつの鯉のぼりを見ていくと、それを寄付した家の子どもたちの成長を願って作った鯉のぼり、ってことがよーくわかります。(ちょっとヨボヨボの鯉のぼりも結構多いけどね 汗)
つり橋からの景観の良さなら負けてないけど、椿の自然の美しさには負けてるかもなぁ・・・ 笑
2006-03-18 09:23 | yell | URL   [ 編集 ]

あはははは(笑) 

淡々と冷静に公園の良し悪しを伝えるSATOKOさん、
いいですよ~!の一点張りではないその口調、
それも含めてファンです♪
言われて見れば"満開の椿"って見たことないかも。( ̄_ ̄*

話しは変わりますが、リンクをありがとうございました!
こっそりリンクしようかと思っていたのですが、
SATOKOさんとtomozo姐サマとの間柄でさえも言葉を交わされていたので、
私もリンク宣言(?)に便乗させて頂きました。(ペコリ)
こっそりなのも失礼かな?とも思うのですが、
お伝えしちゃうのも相互を求めているようにも思えてちょいと悩んだ私です。^^

とにもかくにもこれからもどうぞよろしくお願いいたします♪
2006-03-18 19:52 | Aya | URL   [ 編集 ]

色があふれる季節 

moicoへ
春って色彩があふれ出してくるみたいですね。
うまく撮れてますか?ありがとうv-238
私は、アートな写真は撮れないから花って便利ですよ~。

釣り橋はね。気持ちいいのよ。
その先は、「泥道山道歩くの大好き」ならばどうぞ。って感じ。
しかも、本格的な山じゃあないから、植物が面白いわけじゃないし、
道や景色が楽しいわけでもないし。です。
2006-03-20 10:46 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

竜神大吊橋 

yellさん
「竜神大吊橋」  有名ですよね。
でも、その、一番有名な「鯉のぼり」の季節には行ったことがないの。
賑やかでいいですよね。見てみたいです。
ああいうイベントはリサイクルという視点でも意味がありますね。
景観もすばらしいと思うけれど、私個人的には
「揺れない吊橋」は本当の吊橋じゃない!
って思ってしまう人でして。

私の『もう一度行きたい吊橋№1』は「夢の吊橋」 e-415
静岡の寸又峡(すまたきょう)温泉にあります。
2006-03-20 10:57 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

ガイドブックじゃないからね 

Ayaさん
皆さまのブログにリンクさせていただくのに、やはり、遠慮は感じます。
迷惑じゃないかな~。とか。
でも、仲間にいてれもらえると嬉しいです。
リンクしていただけるのは、私としては大歓迎です!って、ここで、宣言しておきましょう。
(ちいさい宣言ですが・・・)

お勧めして、「行ったらがっかり」と、思われたら、辛いです。
本だと、悪口は書けないでしょ。クレーム着たらまずいし。

そもそも情報って断片的。もしくは、断言的。
しろうとさんの情報には時々、偏った趣味があることもあるし。
私の場合、「お客様をお連れする価値があるかどうか」という判断で
お届けします。
けれど、私がつまらなくても、この歴史が好き。とか、この写真が撮れるなら。
という動機があれば、そのためにきっと行く価値はあるでしょう。
やはり、自分の趣味にあっているかどうか、チェックして行きたいものですよね。
そんな、判断の材料のひとつにしてもらえたら嬉しいな。

これからも、どうぞよろしく。
2006-03-20 11:08 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

・・・ 

高所恐怖症なので、こういう吊り橋はマジでダメです。
昔1/3くらい渡ったところで下を見てしまい、硬直して動けなくなったことがあります。ツレが引っ張って、なんとか渡りきりました・・・。
2006-03-20 14:01 | ロッキン | URL   [ 編集 ]

高所だめ? 

ロッキンさん
ロックンローラーなら、「舞台」という高所が大好きなはず。
おかしいなあ。

では、こんど、東京タワーに行き、足元がガラスになっていて、
下がのぞける床の上に乗って、恐怖を克服する練習をしましょう!
ぜひ、東京にきてくださいな。

そして、晴れて高所恐怖症を克服した暁には、
吊橋でインディージョーンズごっこをしましょうね!!
2006-03-20 20:58 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。