スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

月の沙漠で海水浴

20060316162114.jpg


ここは『月の沙漠』
王子さまとお姫様が2人ならんでらくだに揺られております。

おなじみの「月の沙漠」の童謡の歌詞から、イメージしたシーンの再現です。

あまりにも有名だから、説明はいらない?

ここは 御宿(おんじゅく) 
今も昔も、サーファーたちの集まる、ロングビーチ

ああ、ここに海水浴に来たのはいったい何時だったかしら?

一瞬、遠い目の私。

サーファーたちとアラブの姫・・・

とてもミスマッチ。

でも、この銅像も歴史は意外に古く、昭和44年に建てられたのだそうです。
その割には、趣味悪くないですよね。

ということは、サーファーのほうが後釜ですね。
文句はいいっこなしにしましょうね。


千葉の海水浴場のなかで、御宿はかなりお勧めビーチだと思います。

ただし、この近くにはお勧めの宿が少ない。

まともなホテルは一軒
あとはぜんぶ「民宿」さんです。
漁港でもない。温泉でもない。観光地でもない。
あるのは砂浜。ってことで、砂浜をご覧下さい。

onjuku.jpg

はるか水平線に船が見えますよ。
クリックしてみてくださいね。

九十九里浜は波が高く、海水が冷たい感じ。
ここは、そうでもないです。
なにより砂浜が白くてキレイです。

白浜には負けるけれど。

そして、月の沙漠記念館がこれ。

20060317125730.jpg


御宿のビーチのかなり目立つところに、この記念館はあります。
月の沙漠のオリエンタルなムードと近代建築を合体?

建物的には、中を覗きたくなるような、ちょっと面白そうな感じ。

20060317125749.jpg


館内も、階段からして、こんなデザインでちょっといい感じ。

でも、中で見るものはほとんどありません。
特別展などもやっておりますが、それも、意味が不明です。

ここは建物に入ることに意義があるのかも?
これで400円の入場料は高い気がするのだが。

一番印象に残ったのは、世界の沙漠の砂!

サハラ砂漠やタクラマカン沙漠などの砂のサンプルが見られます。
こういうの、好き。

でも、この砂。売店の展示コーナーの一角にあります。
・・・ってことは、入場料払わなくても見られるじゃ・・・。

言わなかったことにしておこう。


沙漠で海水浴
ああ。シュールじゃありませんか。
【小さな疑問】
なぜか、記念館の建物のビーチに面した方向に、
舞台のように張り出した台がありました。

集合写真でも撮るのでしょうか?
何か、街のイベントでもやるのでしょうか?本当に舞台だったりして。

高いところが好きな私ですから、
実は、上にのぼってみたかったのですが・・・。


【おまけ】
御宿の海に流れ込んでいると思われる川に、なんと「鯉」が!
なんでも、地元小学生たちが放流した大切な鯉なのだそうです。

鯉って、池でしょ?淡水じゃないの?
明らかに満潮時に海水が入るでしょー!この川はっ!
さて?どなたか、真相を教えてください。
2006-03-20(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

沙漠 

「月の沙漠」って、この字なんだね。
砂の字より、なんだか、ロマンチックだね。
銅像も、とても浪漫ちっくですぅ。
砂のサンプルも、そういうの好き。見てみたいな。
2006-03-20 23:04 | かめこ | URL   [ 編集 ]

千葉の海って 

綺麗なんですね!
写真をクリックしてよ~く見てみてびっくりでした♪
幼い頃から海水浴といえば伊豆、潜るとなると伊豆、伊豆伊豆伊豆、、、
一度は海に遊びに行ってみるのもいいかも、って思いました。

ここはいい!ここは美味しい!etc...
な情報が友人に言われるのさえもど~も苦手な私とてしては(苦笑)、
SATOKOさんがくださる情報はとても心地よさを感じています♪
な~んてド素人の私が生意気を失礼しました~っ。(^▽^;
2006-03-21 13:15 | Aya | URL   [ 編集 ]

淡水と鯉の謎 

あぁ、海が(遠い目)。。。
今回も要所要所で思わず、ぷ(≧m≦*)SATOKOさんの書きっぷり、相変わらず好きです^^。
淡水と鯉の謎はね、、、たぶん鍛え抜かれ、何処でも生きられる、ツヨ~イ鯉なのです。。。すみませんm__mわかりません。

突然ですが私ブログをお引越し致します。
何の前触れもなく、突然のご無礼をお許し下さいませm__m(事情は裏に^^;)
でも、今後もSATOKOさんの書きっぷり、拝見させて戴きますのでヨロシクです^^v
お引越し先決まりましたら、ご報告に来ますね。
2006-03-21 21:31 | tomozo | URL   [ 編集 ]

月の沙漠 

よかった~^^
やっと知ってるところが出てくれました^^
『月の沙漠』のうた、好きなんです。
行きました。日本じゃないみたいでした(一部だけ)

砂の砂漠あこがれるなー、アリゾナの砂漠は違ったし。。。
いいなー、いつか『サハラ砂漠』にいきたいなー

そこで、『人生について』考えるふりをしてみたいです。
2006-03-21 22:42 | Pokopen | URL   [ 編集 ]

御宿 

はじめまして。
僕も小さい旅行代理店勤務の池っちと申します○┓ペコ。
今は北海道に住んでますが元々は千葉県民でしたので思わず懐かしくってコメントさせて頂きました。
また遊びに来ますねv-218
2006-03-21 23:41 | 池っち | URL   [ 編集 ]

砂、そういえば集めてたっけ 

かめちゃんe-365
そういえば、昔、砂を集めようとして、フィルムケースに入れて持ち帰ったりしてたんだわ。
土じゃないから、いいわよね。とか、いいながら・・・。(本当にいいのか?)
さて、今頃どこにあるのかしら?気になって気ました。

一番遠いのはバハマの砂。
私が見た中で一番白かった砂はカンクンでした。
カンクンの砂。欲しい・・・。

あ、そういえば、バハマにはSANDという、
その名の通り「砂」が入った男性用のコロンがありましたよ。
全然使ってないから、まだありました!(今見てきた)
2006-03-22 00:06 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

南伊豆、最高 

Ayaさん
外房は、太平洋ですから、
その辺がちょっと「ロマン」でしょ。
ビーチもオーストラリアのゴールドコーストのすかっと広いのにはかなわないけれど、
広く長いビーチは、千葉ならでは。と、思います。

私もね、関東近辺の海なら、実は南伊豆が一番好きなんです。
潜るんだったら石廊崎かしら?
海が穏やかできれいなので、私のお気に入りは多々戸浜(たたどはま)
小さい入り江のビーチですが、景色もいいし、混雑もすごくないです。
水質はAA
なんでも、アカウミガメが産卵にやってくるのだとか・・・。いいなあ。
2006-03-22 00:19 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

鯉はなんでも食べちゃうって言うしね 

tomozoさん

お引越し?うわあ、大変そう。
リンク貼るのどっちにしたらいいの?なんていってるうちに、(まだ、貼ってないの。ごめんね。)
落ち着き先が決まったら、絶対に教えてね。
(まだ、閉じないよね?)

鯉の謎も、解けたら教えてね~~。
2006-03-22 00:28 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

サハラ砂漠といえば 

Pokopenさん
アラビアのロレンス。   知ってる?よね?
星の王子様。  (正確にはリビア砂漠らしい)
The Policeの「Tea in the Sahara」  (好きでした。)

やっぱ、砂漠といえば、サハラ砂漠よねv-238
注:ほとんど、イメージだけで語っております。

Pokopenさん。サハラ砂漠突撃命令が出たら。砂。お土産によろしく!!!
2006-03-22 00:44 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

池っちさん。よろしくね 

いやあ、同業者さんとはうれしいです。v-290
どうぞよろしく。情報交換しましょう!

池っちさん
千葉から北海道にいらっしゃったんですか?
開拓か何かで?(嘘、冗談です。失礼!)

お仕事で北海道方面はよく手配しますよ。
広大な地ですから、魅力たっぷりですよね。
そういえば、雌阿寒岳で、小規模噴火とか・・・。
そちらでは、どの程度の情報ですか?
2006-03-22 00:51 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

銅像、雰囲気があるというか
気が利いてますね。
こういうワンポイント、けっこう好きです。

「月の沙漠記念館」も気が利いてるけど、ちょっと惜しい。
外観をアラブっぽくしてほしかったなぁ。
でもいい建物みたいだしせっかくなんだから
もっと有効利用してほしいですよね。
2006-03-22 13:08 | ロッキン | URL   [ 編集 ]

すべての生物は海から・・・ 

鯉といっても、その大昔は海から川に流れた生き物。
私達人間は、その川から陸上に上がって、進化を遂げた。
だから淡水魚といっても暮らせます。

何もないところが優雅ですね。
1番優雅な旅は船旅。
時間を気にしないのが1番贅沢です。
だから何も無いのが1番贅沢で、優雅です。

この砂浜で、何も考えず寝転がりたい。
でも、貧乏性の私では無理でしょうが・・・

アラブのらくだと記念館。
サーファーとはミスマッチで素敵です。
2006-03-22 16:13 | のぶにい | URL   [ 編集 ]

砂OK 

SATOKOさん
こんにちわ 毎日楽しみに読んでます。
〉フィルムケースに入れて持ち帰ったりしてたんだわ。
土じゃないから、いいわよね。とか、いいながら・・・。(本当にいいのか?)
 これ、私も気になって、検疫まで、電話をかけて、確認したことがあるんです。 OKなんです。
砂は石の小さくなったものだから、土や泥が付着していなければ、OKと。 改めて、お役所の解説に感心した次第です。
旅の記念に小石を拾うのも好きです。
お薦めは、ミャンマー。 小石というより、玉に近かった。

2006-03-22 17:23 | 夢見るセブン | URL   [ 編集 ]

もう一工夫ほしいですね 

ロッキンさん なら何を展示します?
もともと、月の沙漠の歌詞にちなんだ記念館です。
詩人で抒情画家の、加藤まさを氏の作詞にちなんだ展示物。
ですから、個人の記念品と「大正時代」を表現しています。

でも、展示物と外見がミスマッチ(悪いほうの)

いっそ、サハラ砂漠にちなんだ美術館にしちゃうとかのほうが
いいと思うんですよ。
砂だって、なんとなく置くんじゃなく、もっとメインの展示物扱いにしてもいいと思う。
意外に黄色っぽいサハラの砂。とか、タクラマカンは小石だらけとか、
具体的にイメージできて素敵だと思うんですよね。

似たようなノリでNGなのが、箱根の「星の王子さまミュージアム」です。
建物と庭はかわいい。グッズも買える。
でも、展示物が・・・。
ここは、実際には「サン・テグジュぺリ記念博物館」です。
星の王子さまっていったら、沙漠でしょ?ホントなら。ね?
なんで、サンジェルマンが必要ある?
2006-03-22 19:03 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

さすが、知識は半端じゃない! 

のぶにいさん
すべての生物は海からゆえに鯉も海水OKなんですね。
なんだか、哲学的。回答は実はいたってシンプルなのね。
納得。

サーファーとらくだのミスマッチはなんとなく、許せちゃうでしょ?
特に海水浴シーズンのミスマッチさといったらないですよ(笑)
でも、結構、この像。気に入ってるんです。
なんとなく、みんなに見せたくなっちゃうんですよね。
当然、お客様にも写真を撮って差し上げましたとも。集合写真。(笑)
2006-03-22 19:10 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

違法じゃなくてよかった 

夢見るセブンさん
すばらしい、お答えをありがとうございました。
今後、遠慮なく持ち帰るよう、努力しますわ。

砂には細菌が付かないという話を聞いたことがあります。
きっと、石もそれで、OKなんでしょうね。

ミャンマーといえば、v-257ルビーが有名なんですって!!
もしや、その小石にルビーのかけらでも入っていませんか?
きっとミャンマーに行ったら石を拾ってきますね。
小石といわず、大石でも!!
2006-03-22 19:16 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

砂~♪ 

白い砂で有名な、あのキムタクドラマでも、ハワイとして、ロケされたあの和歌山県、白良浜(しららはま)
あの砂は、侵食されてしまうので、オーストラリアから、取り寄せているとか、以前、耳にしました。

もう1つ、阪神甲子園球場の、高校野球の負けたチームが持ち帰る砂。
あれも、実は砂丘で有名なところから、持ってきているとか(今現在は知りませんが)
ということで、砂の話でした<(_ _)>
2006-03-23 09:17 | たまママ | URL   [ 編集 ]

甲子園 

たまママさん
甲子園の春の大会もいよいよ始まりますし、高校野球も盛り上がるでしょう。
次はサッカーワールドカップだし、今年はスポーツイヤーですね。

甲子園の砂!私は「ドカベン」で読んだことあります。(笑)
でも、諸説あって、どれが本当なのか?
どうやら、いろいろブレンドしているみたいですね。
あれって、勝ったチームは持って帰らないのかしら?
2006-03-23 10:57 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

甲子園の蔦 

甲子園の蔦は、持っていかれるとか、聞きますね♪
挿し木して立派になるそうですよ~♪
2006-03-23 13:49 | たまママ | URL   [ 編集 ]

いろいろな記念があるんですね 

たまママさん
甲子園の蔦ですか、これもブランドなんでしょうかね?
蔦は生命力が強いから、ちょっとくらい取られても大丈夫なのでしょう。
他の木や草はくれぐれも持ち帰らないように気をつけましょう。
高原の植物など。大切にね。
2006-03-23 17:30 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。