スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

赤湯温泉 いきかえりの宿 瀧波

20060323112430.jpg


日本の宿に泊まりませんか?

春の色濃くなりつつある最近です。
会社の窓の外でも、開花宣言に併せるように、いくつかの桜が花開き始めました。
そこで!・・・あえて、冬景色をお届けしましょう。
日本は広い。
今回お勧めの旅館さんは。まだ、雪のちらつくという東北は山形です。

実は昨日、仲良しの営業さんが現地から見えました。
ちょうどよいきっかけですので、アップしますね。


赤湯温泉 『いきかえりの宿 瀧波』 さん

これは、3月初頭の景色になります。

雪国らしい傾斜の大きい屋根
この戸をくぐると中にもうひとつの玄関があります。

20060323112445.jpg


日本の宿を守る会 の会員です。
 ↑
こちらの記事もご参照下さい。

20060323112502.jpg


本格的な庄屋造りの建物を移築し、本館部分に利用しています。
フロントから、ロビー周りはどっしりした木のぬくもりと高い天井。太い梁。
偽者(コピー)では出ないムードがあるのですね。
しばし、たたずみ。その場にとどまりたい雰囲気です。


お風呂は、源泉の湯やひば造りの湯もありますが、私がとても気に入っているのは
露天大石風呂です。

大きな石をくり貫いて庭に据えたお風呂です。
天然石のぬくもりと大きさ。とても気持ちのよいお風呂です。

写真を撮るのはちょっとできませんでしたので、紹介ページで見てね。
実際は、かなり大きいです。

20060323112534.jpg


そして、瀧波名物は朝ごはん。

毎朝、宿泊客を大広間に集めて、餅つき大会が開かれます。

お客様も途中で参加し、自慢の腕力を披露したり、
和やかムードのうちお餅がつきあがり、スタッフ総出で餅をとりわけます。
極力速やかに、全員に搗き立てお餅を配らなければなりません。
なれたものですが、手際はお見事です。

きな粉餅、ずんだもち、あんこ餅、納豆餅そして雑煮、と、餅が主役。
素朴な朝ごはんです。


20060323112644.jpg


朝ごはんの後は、お客様のご出発のラッシュとなります。
このときにはすでに、玄関先にはきちんと靴がそろえられていて、
ご出発の準備はOKです。

私は、この靴に、旅館のサービスが象徴されているように、最近思えるのです。

靴のまま部屋まで入る旅館がもっぱら、一般的になっていますね。
これは、お客様も楽かもしれませんが、宿が一番楽なのですよね。

この旅館は「建物」に価値のある宿のため、もちろん、下足は不可欠。

でも、そういう物理的なことではなく、お客様のご出発をお見送りする。
ありがとうの気持ちを表すために、靴をおそろえしますよ。
という、気持ちが伝わってくるように思えたのです。

すごく、段取りが良く、「一分足りとお待たせしません。」
という、宿ではないです。
名旅館といわれる、超高級旅館のそつのない、洗練されたサービス。
贅を尽くした豪華さは、ありません。
むしろ、「人」がやっている暖かさを見てやって欲しいな。
という宿だと思います。

話しかければ、きっと、仲良くなれる。またきてみようか。
そんな、日本の宿。
「古いもの=きたない」
「田舎=気が利かない」
と、感じる人は、絶対にこういう宿に行ってはいけません。
そういう趣味の方には、別の宿をご紹介しますから、
ぜひ、ご相談してくださいね。



さて、山形にももうじき春がやってきます。
あまり、広告には出ていませんでしたので、知られていませんが、
山形にも桜の名所があります。

置賜さくら回廊 です。

エドヒガンの老木や、しだれ桜、ソメイヨシノなど。
木々をめぐるツアーバスが、赤湯温泉からも出ます。

4月、東京で桜が終わった頃から、そろそろ見頃になってくるようです。
満の時期には夜桜のライトアップと、それをめぐるないとツアーも出ます。
(4月16日~24日の予定)

東北に桜を見に、とお考えの方。
こんな、東北らしい温泉に泊まって、のんびり桜を愛でるのも
なかなかよいかもしれませんよ。
ぜひ!
2006-03-23(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

露天大石風呂 

写真見ました。
これ、くり抜いて作ったの?すご~い!

「人」がやっている、暖かさですか。
いいですね。そういうの。
つきたてのお餅も、食べたいです。

2006-03-23 14:08 | かめこ | URL   [ 編集 ]

実は・・・ 

yellの相方は山形県の出身なんです。
毎年、何度もとはいきませんが田舎に子連れで帰ります。
一番のご馳走は、義母の漬けたお漬物と、豊富な温泉です。
子どもたちも温泉が大好きで、「温泉に行きた~い!」と毎日温泉漬けなんですよ。
(赤湯には行ったことがありませんが・・・)
実家から一番近いのは、秘湯で有名な「肘折温泉」です。SATOKOさん、ご存知かしら?
2006-03-23 15:18 | yell | URL   [ 編集 ]

 

一見洗練されてるようで粗の多い近代的なホテルやそのサービスより、オイラもこういった旅館の方に惹かれるなぁ。
露天大石風呂、ぜひ浸かってみたいです!!!
2006-03-23 17:12 | ロッキン | URL   [ 編集 ]

お餅はつき立てに限ります。 

e-328かめこさんe-365
つきたてのお餅って大好き。
でも、悲しいかな、つぶ餡と納豆が天敵な私。
きな粉餅おかわりしたかったな~。

石のお風呂はとても清潔感があって、あたたかくて、
とても気持ちが良かったです。

お部屋も、つくりが変っていて、料金も上から下まで各種。
すごく大きい部屋もあって、親類一同とか、友達一同なんていう宿泊にもいいです。
廊下の調度品を見てさまよい歩くのも楽しい。
2006-03-23 18:14 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

肘折温泉 

yellさん
正直に言いましょう。手配したことないです。
「銀山」なんかは秘湯といっても、観光的なので扱います。
でも、肘折温泉のような、温泉場でもあり、湯治場でもある。
こういう温泉場は、お客様を送客することって、ほとんどないです。
常連さんのためにあるような、感じの温泉場ですね。
きっと、雰囲気もあったかいことでしょう。

秘湯。といわれれば、もっと山奥。もっと僻地。
たとえば、乳頭温泉や酸ヶ湯温泉の千人風呂とかですね。
(もはや有名になりすぎて秘湯でもなんでもないですが)

いずれも、特殊な趣味のお客様に限定して薦めることになります。
何はなくともお湯が全て、とか、
有名な秘湯(これって、おかしいですよね)に行きたい人、
高い宿に泊まるのはナンセンスだと信じている人。
とにかく冒険心で一度は行ってみたいんだという情熱をお持ちの方。
そういうお客様です。
2006-03-23 18:46 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

ロッキンさん
旅館のサービスって部分がとても日本的なわけです。
放って置くと壊滅状態になるんじゃないかと心配しています。

最近のお客様の好みの傾向は、ホテルを「箱」としてみる見かた。

サービスはいらないから、ベッドだけ使わせて。
あとは、温泉さえあればいいから。限りなく安いのがいい。
ってスタイルです。
もしくは、金は出すから、贅沢な食事を出して欲しい。です。

宿の人ともできれば口を利きたくないし、部屋にも来ないで欲しい。
ラ○ホテルですね。まるで。

いや、本当に、「泊まる」というイベントが、すでに、「旅」ではないんですね。きっと。
「レストランでの外食」の延長線上にあるだけの、若干の非日常。
そういうことなんでしょうね。
旅のための宿がなくなっちゃったら、さびしいなあ。
と、本気で思っているSATOKOでした。
2006-03-23 19:14 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

まったくもって・・・ 

そのとおりですよ、SATOKOさん。
観光客って言っても、ほとんどが地元となんらかの繋がりを持っている方です。
ほら、yellみたいに、肘折近辺の村出身の相方を持っていて、お里帰りのついでに寄ってみました・・・みたいなね。
それでも10年ほど前には本当に鄙びたバスもやっと入れるほどの細い路地ばかりだったのが、道路もいくらか広くなり、小さいあまり綺麗とはいえない共同浴場も、今流行の○○の湯、のように宴会場、休憩所、食堂つきの立派な建物になり・・・
もはや秘湯とは呼べなくなりつつあります。
ただ、名物の朝市。これだけは本当に他所では味わえないような、湯治場独特の雰囲気がたまりません。
朝市を目当てに都会からご夫婦でいらっしゃる方もよく見かけます。
きっと、交通の不便さから秘湯と呼ばれる温泉も多いのでしょうね。
2006-03-24 08:41 | yell | URL   [ 編集 ]

本来の温泉の姿ですね 

yellさん
肘折温泉のような温泉は、地方にはきっといくつもあるでしょう。
そして、これは、本来の温泉場の姿だと思います。
観光地が「たまたま」近くにあった。都会から「たまたま」交通便が良かった。
そういうところに人が集まって観光化する。巨大化する。

いいものを外の人に知ってもらおうというのはいいことです。
ただ、人まねで、地方色がどんどん失われていくのはさびしいですよね。
朝市のような、地元の方と触れ合える場、その土地の生活感が見える場、
そんなものは大事にしてもらいたいなあ。
そうでないと、旅する意味がなくなっちゃう。
「きれいなお部屋と、大浴場さえあればいい」なら、
遠くに行く必要はないですもの。ね。
2006-03-24 10:10 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

大きな旅館ですネ~♪ 

小さい頃から、いろんな旅館に泊まったことがあるんですが、
この旅館は大きいですネ~(*'▽'*)わぁ♪
つきたてのお餅、美味しそう♪
そうそう、山形に知り合いがいます。
現在は酒田市です、旧家らしく、広くて、渡り廊下とかあって迷子になりました(×_×)
2006-03-24 11:56 | たまママ | URL   [ 編集 ]

魅惑の。。。 

『いきかえりの宿』
この言葉だけで、行きたくなりました。
日本的な宿で、ゆっくり休みたい。。。

最近、日本人的なトコにあこがれています。
イキカエリタイ デス
2006-03-24 15:36 | Pokopen | URL   [ 編集 ]

餅つきがすごいです。 

たまママさん
餅つきは2階の大広間で行われます。「2階」ですよ。
写真のように、広間のド真ん中で。
ぺったん。なんてかわいいものでなく、どすん。です。
(特にお客さんがつくと)
私、内心床が心配でひやひやしてみてました。e-330
毎日やってるから平気なんでしょうけど、小心者なんで・・・。
古いおうちって、すごいんですね。
2006-03-24 19:13 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

生き返ってね 

Pokopenさん
お疲れ様。こんな時は、温泉で癒して欲しい。
生き返って、またまた、世界を駆けるPokopenでいてね。

最初「生き返り」を「行き帰り」ってイメージしたアホな私です。
笑って。

PS.Pokopenブログにコメント長~くかいちゃって、ごめんなさい。
と、ここで謝って意味があるのかな・・・。ま、いいや。
2006-03-24 19:45 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

つきたてのお餅!! 

に飛びついてしまいました。^^;
美味しいですよね~♪(´▽`*

人のやっている温かみ、大好きです。
ピッカピカなお宿よりも歴史の空気を感じるお宿、大好きです。
山形の桜も見てみたい…。
でも国内って国外よりも高くつくんですよね…。^^;
"行ってみたい気持ち<値段"、
でいつも決めてしまう可哀相な私でした。^^;
2006-03-25 09:33 | Aya | URL   [ 編集 ]

日本を感じる宿 

良いですね。
写真を見て、目が止まったのが「毘沙門天の毘」
山形と言えば、上杉公だものね。

私は仙台に2年半住んでいたので、東北6県プラス新潟が仕事の圏内でした。
赤湯温泉には行かなかったけど、赤湯の近くも行きました。
日本宿の楽しみは、やはり部屋で食べる夕食ですね。
お風呂はもちろんなんだけど、私はあの夕食が好きですね。

こんな日本宿には、お忍びで行きたいな、お忍びの相手と・・・
(そんな相手いないけど)
2006-03-25 09:36 | のぶにい | URL   [ 編集 ]

ご説明ありがとうございました 

ハワイのお話、ありがとうございます。
ますます 行きたーーーーく なりました。
一難さって、また一難。今日も、イロイロな電話がボクの元に。。。
これも日ごろの行いですな~(TT)
2006-03-27 13:00 | Pokopen | URL   [ 編集 ]

ネックは交通費ですね。 

Ayaさん
旅行の見積りをやっていて、どうしようもないのが交通費。
鉄道。たとえば新幹線の値段です。
特に東海道新幹線(京都・大阪・神戸?何が3都物語じゃ!)
強気で値引きしないことっていったら・・・。
でもね、JR東日本利用。だけだったら、選べば、お得なツアーもあったりするんですよ。
国内割高。その通りなんだけど、お食事は2回ついているし、
もし、高級レストランでご飯を食べたら?って考えれば、
そんなに、高くないこともあります。

海外って、ツアー費より現地で使ってきちゃったお金のほうが大きい。
って、お客様もよくいらっしゃいますね。
それも、海外旅行のひとつの楽しみ方かもしれないです。
(私は、どっちかというと倹約派かな~)
2006-03-27 15:42 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

さすが、知性派・のぶにい 

のぶにいさん
目の付け所がしぶいですね。
上杉公は地元では、とても大切にされていると感じました。
米沢市に行くとさらにそういう気がしますね。

ええと、ところで、この宿は お忍び 向きではないですよv-290
お忍びのポイントはね。「高いプライバシー性」なんです。
みんなで一緒に朝ごはんは、絶対NG.
知り合いに、万一あっちゃったら大変でしょ?
今度、お忍びの極意を記事にしましょう!のぶにいのために!
いいひとだなあ。のぶにいv-345
2006-03-27 15:49 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

夢はハワイでオフ会 

Pokopenさん
ほんとに、みんなでハワイにいけるといいなあ。

・・・そう、ねこねこさん。閉じちゃったみたいですね。
ちまてとがすごくがんばっていたのに、寂しいです。
遊びに来てくれないかなあ。
2006-03-27 15:52 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

つきたて餅・・・。
実演販売・・・。揚げたての・・・。試食・・・。
こういう言葉に いっつも そそられ のってしまうmoicoです。
おひさしぶり。

朝から こういうの見たら「普段の朝ご飯では受付けない胃」
も。喜んで動いてくれそうかも(笑)
しかも「ずんだ」とか大好き。

ああ。早く歳とりたくなりました(笑)
2006-03-28 14:44 | moico | URL   [ 編集 ]

温泉では朝ごはん食べられる私 

moicoへ
独身時代は朝ごはん食べない派の私でしたが、
それでも、温泉入るとね、朝ごはんしっかり食べられたものです。
歳とらなくても、温泉にはいけるよ~♪

あのね、ご報告。
「力餅屋」 の「力餅」。買って食べたよ~。
一番先にお知らせしてから、記事にします。
moicoが来てたお店なのね~。と、感慨もひとしお。
たしかに、素敵な、お話好きの老婦人が、楽しいひと時をくださいました。
かしこ。
2006-03-28 19:51 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。