スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

旧岩崎邸庭園にて タンポポに出合う

iwasakiteiteien.jpg


東京下谷区。現在の台東区池之端に、日本の建築史に欠かせない洋館があります。

現在東京都の公園となっていて、重要文化財でもある
『旧岩崎邸庭園』です。

もう、シリーズ化してますが、建築家「ジョサイア・コンドル」の設計による
比較的初期の作品です。

洋館のご案内は、実は次回のお楽しみ。

今日の主役は たんぽぽ です。

tampopo.jpg

↑クリックで大きくできます。
この小さな花に何があるのか?

この庭園には、おそらく都心部ではここだけではないかと思われる
『ニホンタンポポ』が生育しているのです。

ご存知のように今、道端で見かけるタンポポは「セイヨウタンポポ」

ニホンタンポポは絶滅の危機?
と、心配されていますが、この庭には、こうしてきちんとタンポポたちが咲いていました。

nihontampopo.jpg
クリックすると大きくなります。

花の形も小さいし、花弁も少ないみたいです。
何よりその背の低さが意外なほど。

これでは、タンポポは踏まれます。
種を飛ばす距離も背の高いほうが遠くまで飛ばせて有利です。

まあ、踏まれる方は、大丈夫なだけの強さをもっているはずですが。


これが「ニホンタンポポ」だとお墨付きのついたタンポポを確認したのは
私も始めてでした。

先日新聞で読んだのですが、今のタンポポはどうやら、
セイヨウタンポポとニホンタンポポが混血してるらしいとか。

DNA鑑定でそれがわかったそうです。
タンポポもDNA鑑定されちゃう時代なんですね。
ちょっとびっくりです。

DSCF0163.jpg


洋館のバルコニーから広い芝の庭が広がっています。

タンポポたちはこの守られた閉ざされた空間で生きているのですね。

岩崎邸にいらっしゃる際には、洋館に見とれるのもよいですが、
ちょっと庭の草に目を留めてみてください。

そして、くれぐれも、外から外来種の種を持ち込まぬよう、
気をつけてあげてくださいね。


旧岩崎邸庭園
東京都台東区池之端1-3-45
Tel 03-3823-8340
開園:9:00~17:00
料金:大人400円 65歳以上200円 
都内在住の中学生以下は無料です。



ニホンタンポポ
守ってあげたいなと思った方は

banner_21.gif ←ご協力くださるとうれしいです。
odoriko.jpg

入り口付近に何気なく群生しているこの花。なんでしょう?

odorikoso.jpg

「踊り子草という名前なんですね。
踊り子といっても、純和風ですね。

で、どこが踊り子かって言うと・・・
20060517202405.jpg

2006-05-19(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント

一味ちがう。 

SATOKOさんのブログは一味違う。
タンポポに目を留める、その感性が好きです。
そして、意外なほどお安い入場料も・・・うふ。

そうですか、この辺で見られるタンポポは
純粋な日本製ではないんですね 笑
ほとんどが二世・・・

そうですね、これからは
野の花も気にかけるといたしましょう。
2006-05-19 22:50 | yell | URL   [ 編集 ]

ニホンタンポポ 

一度見てみたかったんです。
めったにない。って、聞いてたから。
よくぞ、残ってるのね。

えー、洋館ご案内。よろしくv-363
           このシリーズの大ファンより
2006-05-19 23:54 | かめこ | URL   [ 編集 ]

和&洋 

Yellさんへ
日本人って本質的に外国のものって好きなんでしょうかね?
文化の輸入って全く抵抗ないみたいですよね。
アレンジするのも得意で、気がつくと和洋折衷が実は
あたらしいオリジナルになってたりする。

私も明治の館って、もう、どうしようもなく好きなんですよね。

あと、日本に永住してくれる外人さんを結構大歓迎したりしてますよね。
どうやら、たんぽぽも日本人も「国際結婚」が好きみたいで・・・。
2006-05-20 19:04 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

私もみたかったの 

かめこさん
私も、ニホンタンポポを見てみたかったの。

いつも、これはどうかな?と思ってても、確証がなくって。
でも、このタンポポの場合、ちゃんと新聞記事になってたのを見に行ってますし、
館内のご案内ガイドの方も、そうおっしゃっていましたから、
お墨付きです。
ニホンタンポポにもいくつか種類があって、
もしかしたら正式には「カントウタンポポ」なのかもしれません。

館内ガイド。写真整理します。ちょっと待っててね♪
2006-05-20 19:09 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

東京は良いなあ♪ 

東京って、改めて、いい場所がたくさんあるんですネ~♪
私にとっては、学校に通って、映画を見に行って、そんな感じの場所だけだったように思います。
って、こちら大阪へきてからじゃ、遅いですネ~(笑)
2006-05-20 22:50 | たまママ | URL   [ 編集 ]

今朝のyomiuri新聞に 

外来種のセイヨウタンポポと、在来種の種が出来る違いが載ってました。
すごいタイムリーだと思わない?
いや・・・;;;SATOKOさんがだよ 笑
2006-05-21 08:21 | yell | URL   [ 編集 ]

再発見したいですね 

たまママさん
私が東京。しかも比較的都心部にこだわっているひとつの理由に
町の歴史ということがあります。
東京を「都会」としてみると、ダウンタウンのにぎやかな商業施設の集合体がイメージ。
でも、いまや、地方都市も商業規模としては、大きなショップや整備された道路など、
東京より、見栄えのするビルもありますよね。
もちろん、その範囲やそれらが複数存在する点では
他の都市(おそらく外国もふくめて)
東京にかなう「都会」はないはず。

でも、「江戸」から「東京市」だったころからの東京には、それなりに、
古くから残っているもの、見るべきものが多いことがわかりました。

大都会でない、東京。
特に、東京在住の地方出身者に知ってもらいたい。かな?
2006-05-21 12:35 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

しまった。読売じゃない 

yellさんこそ
タイムリーなニュースをありがとうございます!!
早速読まなくっちゃ・・・って、うち今読売じゃないよ。

なんと、うちは、新聞の契約権が夫にあります。
つまり、彼はビール券が欲しいものと見られる。
私が契約すると違うものもらっちゃうからね~。
ああ、生活感ありすぎ。
2006-05-21 12:41 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

ウチのほうは? 

どっちなんだろー???
田舎だから、日本かも^^
「オドリコソウ」きれいですね。

たんぽぽと言うと、タンポポコーヒーを思い出します。
たしか食えたんでしたっけ?
2006-05-22 00:24 | Pokopen | URL   [ 編集 ]

タンポポコーヒー? 

Pokopenさん
タンポポコーヒーって純粋にタンポポがコーヒー味になるの?
飲んだことある?おいしい?
葉っぱを天ぷらにするとか、花をおひたしにするとか聞きますが、
私は食べたことないです。
(つくしなら食べたことあります)
そうか。タンポポって野菜だったんですね。

私は「たんぽぽのお酒」を思い出します。
本当にはこんなお酒はないかもしれません。
レイ・ブラッドベリの小説のタイトルです。
2006-05-22 10:32 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

しらんかった・・・ 

素敵なところですね。
実は私の嫁の実家の近所です。
帰京した際はぜひおとずれてみます、教えてくれてありがとうございました。
2006-05-31 12:28 | マイト | URL   [ 編集 ]

ぜひ、お散歩に行ってみてください。 

マイトさんへ
奥様のご実家が?では、ぜひ、お散歩に行ってみてください。
そう広くないので、ちょっと行ってみる。というノリでどうぞ。
東京都もなかなかやってくれるじゃないの。と思えるかも。

ついでがあれば、わが会社にもお立ち寄りくださいませ。
お待ちしてます。
2006-05-31 16:03 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。