スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

台湾 お茶の旅

『台湾の茶郷をたずねる旅』

当社の『スペシャルVIP特派員』  あやさま から、
とてもステキでHOTな情報をいただきましたのでご紹介します。

まず、1回目は 『お茶』 です。
台湾と言えばお茶。ですね。

台湾には各地にさまざまな茶園があありますが、
台北市内から、日帰りで気軽に行ける茶園をご紹介しましょう。

最も近いのが『木柵(ムーツァー)観光茶園』
木柵鉄観音という名茶の産地です。
なかでも 『猫空(マオコン)』 と呼ばれるエリアには
近年観光茶園が整備され、「観光茶園」は60件ほどあるそうです。

観光茶園というのは、茶芸館を備え、お食事などが取れる茶園のこと。

今回、あやさまのお勧めは

20060606194548.jpg

『邀月(ようげつ)茶坊』(ヤオユエツーファン)
月を招くという意味の名前です。
なんとも、ムードがありますね。

yytea.jpg

店の門からは小道が続き、お客様はまず、お散歩を楽しむことになります。

広い園内にはさまざまな工夫を凝らしたエリアがあり、
ちょっとしたテーマパークレストランのよう?

「オープンテラスで、台湾の街並みを見下ろしながらお茶をすることができます

お茶を1缶買って、台湾式の道具でお茶を飲む。」
 と言うスタイル。

「残りの茶葉は持ち帰れます」

「料理やお菓子もあります」



20060606194755.jpg

『邀月』からの眺め

ごらんのようにかなりの山中です。

この店は、自然な山あいの風景を大切にし、ゆったり過ごすようになっています。
時間を気にせず、のんびり過ごしたいものですね。


他にも趣向の異なる店があり、夜景の美しいお店などもあるそうです。

なんと、この『邀月』  24時間営業だというから、驚きです。

こんな山の中で24時間?誰が来るのよ?と、お思いでしょう。

月に星が美しいこと。

それも、このお店の売りなんです。

ランタンの赤赤とした灯の下で、人は何を思うのでしょうね。

  ☆邀月 の写真&名刺  あやさまより提供
   「」内ブルーの文字  あやさまの文を掲載させていただきました。
『邀月茶房』
 台北市文山区指南路3段40巷6號
 TEL.02‐2939‐2025
茶餐(お食事) 11:00~02:00


20060606194611.gif


MRT木柵線利用
萬芳社區駅からバス小10系、またはMRT動物園駅からバス棕15系。
タクシーはMRT木柵駅付近から約20分程度。
台北市内から30分ちょっと。

週末の夜などは道路が混み合うという情報もあります。



さらに、お茶の旅を勧めたいなら 坪林へどうぞ!
ここも台北から日帰りで行けます。

20060606195934.jpg


さらに山間の地ですから、車がないと不便かもしれませんね。

包種茶の産地として有名です。

そして、ここには 『坪林茶業博物館』 があります。

展示だけでなく、いろいろな方法で茶文化を伝えます。
お茶屋お菓子の販売もしています。

もちろん、隣接された茶芸館で、庭園と伝統茶芸を楽しむのをお忘れなく。


『坪林茶業博物館』
台北県坪林郷水徳村水聳淒坑19之1號
TEL:02-2665-6035 FAX:02-2665-7138
入館料: 大人 100元
2006-06-06(Tue)
 
坪林郷について-台湾のポイント教えます。
坪林郷台湾省台北県坪林郷地理位置東経121°42'北緯24°56'面積170.835km²
[台湾のポイント教えます。]  2007-02-08 18:46

コメントの投稿

非公開コメント

 

月を招くってなんだかとっても神秘的☆
こんな所でゆっくり月を見ながらお茶・・
なんて贅沢なんでしょう~^^
24時間っていうのもゆっくりできていいですね

地図も漢字ばっかりなんだ~!と
違うところに感心もしたsionでした(笑)
2006-06-07 08:51 | sion | URL   [ 編集 ]

月に猫 漢字ってイメージ膨らみますね 

sionさん
sionさん。月。好きですもんね。
ここの夜って、どんなでしょうね。ほんとに神秘的な気分になれそうです。

台湾ではいわゆる旧漢字を使っています。
日本人にもなじみがあるため、言葉が全くわからなくても、
文章を読むと意味がなんとなくつかめますから便利ですね。
店の名前からホームページにリンクが貼ってあります。
本物のページを見て、漢字を堪能してみてください。
結構、面白いです。
2006-06-07 11:01 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

お茶~♪ 

台湾の山奥、きっと夜は星が降るように見えるんでしょうね~。
なんだか、とても神秘的ですね~o(^∇^)o
2006-06-07 12:27 | たまママ | URL   [ 編集 ]

今度 

月や星を見ながら『お茶』 癒されそう^^
すっごく行きたくなりました。
前回のリベンジもかねて行ってみたいッス。

でも。。。行きたい所がありすぎで、順番のリストが長ーく連なっています(TωT)
いい季節ってありますか?
やっぱ、中秋節? でも人イッパイいそう。。。
2006-06-07 12:58 | Pokopen | URL   [ 編集 ]

真夜中の茶芸館 

たまママさんへ
夜にも行ってみたいですね。
夜のお食事は夜中の2時まで。その後は蒸し物ならできるらしい。
ところで、蒸し物って食事じゃないの?
星もみたい。
それと、夜中や明け方のお客さんの過ごし方って興味あります。
確かに台湾って夜中でも喫茶店があいてますね。
お客さんもどうやらフツーに、お酒じゃなく、健康的にお茶してたりします。
ここでもそうなのかなあ?
2006-06-07 13:53 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

お茶でリフレッシュ 

Pokopenさんへ
出張先でコーラばかりじゃ、身体に悪いゾ。
ということで、ぜひ、行ってみてください。
しか~し!
ロマンチック!と、飛びつく前に、良い質問です。
山ではありますが、台湾は結構暑い!です。
午後Tea希望なら、真夏は避けたほうがよいかも。
あと、夜は人気ですが、蚊にはご用心という情報も。
足は隠していきましょう。
やはり月の美しい秋がベストでしょうか・・・。
Pokopenさんはお仕事で行く機会が多そうだし、トライしてみてくださいね。
お茶をお土産にもできるしね。
2006-06-07 14:01 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

どうしましょ! 

『邀月』からの眺め ・・・・・私が住んでるところと
そんなに変わらない気が・・・・・。(涙)

でも、夜通し星の下でお茶する・・・・・経験した
事もないのに何故かイメージ出来ちゃいますね。
いいなあ、そういうの。


2006-06-07 23:01 | なが | URL   [ 編集 ]

 

台湾は、夫の母が、新婚時代から、引き上げまでを過ごして場所です。
父は、砂糖の会社よ。
暑いから、サトウキビの産地なんですよね。
お茶の産地は、暑いというより、暖かいところかと、思ってました。
2006-06-07 23:08 | かめこ | URL   [ 編集 ]

こんばんわ! 

先日友人と台湾に行ったときに、美味しいお茶のお店にいったんだけど、友人はそれではまってしまい、台湾で茶器と凍頂烏龍茶の茶葉を買って帰ってきたよ(笑)
いまでも遊びに行くと、台湾式で茶を入れてくれます(笑)
2006-06-08 01:30 | ホッシー | URL   [ 編集 ]

 

 ながさんへ
よい環境のところにお住まいでv-290 
おうちで夜のお茶会でも楽しんでみてくださいませ。

そうなんです、台湾って、南部は、別として、日本に良く似ています。
町も自然も、ちょっと懐かしい日本って感じです。
かつては、それがいいっていう人が多かったのですが、
悪く取れば「代わりばえしない。日本と一緒、外国の気がしない」となります。
最近は急速に近代化しているので、市内は別の町のようになってきましたが。

そんな、台湾の一番「日本と違うところ」が、「お茶文化」だと思うんです。
東京でも「Tea Cafe」 は流行ってきていますが、やはり違う。
もっと、構えてないっていうか、日常に根付いているって気がしますね。
2006-06-08 13:30 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

お茶の産地 

かめこさんへ
お砂糖かあ、沖縄でもサトウキビは主力の農産物でしたよね。
やはり台湾って南国ですね。

お茶は日当たりが大切みたいですね。暑いより寒いほうが苦手なのだと思います。
でも、一応茶園はみんな山の上のほうにあるようですよ。
そういえば、有名なお茶の産地といえば、他にはインドにスリランカ。
みんな、暑いイメージですね。
2006-06-08 13:40 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

さらにはまりますよ~ 

ホッシーさん
おいしいお茶って、飲みつけちゃうと、舌が肥えてまずいお茶が飲めなくなるらしいですね。
きっと、その方。お茶の買い付けのために台湾に行くようになっちゃいますよ。
そういうお客様いらっしゃいますもん。
日本で買うと、同等クラスを求めると台湾で買うより数倍するそうで、
自分のお気に入りを求めて店も指定で無いといけない。
と、なります。
「茶芸の達人目指してください。応援します。」と、お伝え下さい。
2006-06-08 13:45 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

こんにちわ! 

茶芸の達人ですね わかりました!
でも、彼は茶芸というよりも、酒芸かもしれませんね(笑)
2006-06-08 14:45 | ホッシー | URL   [ 編集 ]

邀月 

24時間営業の『邀月』、いいですね。

以前、富山の山奥に行く機会がありました。
都会生活に慣れてるからか、
そこの夜の暗さ、そして星の多さにたまげたもんです。

『邀月』も、あんな感じで星が多いんだろうなぁ。
そしてお茶。なんとも風情がありますね。
まぁ、オイラはアルコールの方が惹かれるけれど(笑)。

とにかく、SATOKOさんの記事っていつも思うけど
読んでると
紹介されてる場所を実際に旅行してる気分になれますね。
2006-06-08 17:01 | ロッキン | URL   [ 編集 ]

酒芸? 

ホッシーさんへ
お酒も通ですか?
どちらも芸の域までご精進くださいませ。
そうすると、おいしい食事も欲しくなっちゃうでしょ?
って、ことで、次回は食事のお話にしましょうか。
2006-06-08 18:08 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

光害だそうです。 

ロッキンさんへ
プラネタリウムが好きなんです。私。
自然の中で、あんなふうに星が見えたら、泣くと思う。
日本は『光害大国』なんですって。
宇宙から、まるでネオンサインのように日本がくっきり浮かび上がるそうですね。
東京の空は汚れているから星が見えないんだと思っていました。
そうではなく、ただ、明るいから見えないだけなんですって。
1年に1日だけ、暗い日があってもいいかもね。

実は私も『酒』なしで24時間??本当にそれができるのか?って思ってね。
そこんところが知りたいわけ。(笑)
2006-06-08 18:16 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

こんにちは 

掲示板に書き込みありがとうございました☆
猫空で「マオコン」って読むんですか?すてき~~~
私の「音楽のおべんきょうブログ」の名前を「猫空」に変えても
いいでしょうか?
それでこちらの記事をコピーさせてもらってもいいでしょうか?

ぜひぜひ許可をください~~~(でもダメでもここに遊びに来させてくださいね)
2006-06-09 13:17 | 三毛猫 | URL   [ 編集 ]

どうぞどうぞ 

三毛猫さんへ
猫空(マオコン)
印象的な地名ですよね。
私がつけたわけじゃないですから、(笑)どうぞお使いください。
気に入ってくれた言葉があったなんて、光栄です。
遠慮なんかしないでください。
三毛猫さん。フリーパスです。なんでもご自由にどうぞ。
2006-06-09 14:05 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

台湾と言えば 

以前上司が台湾に行った時の事。
美味しいお茶を飲み、お茶うけに付いてきた「蓮の実」のお菓子がとても美味しくて、お土産にと買ってきてくれました。
ちょっと癖がありましたが、ほんのりとした甘さが美味しかったです。
台湾の、、、そのロケーションがお茶もお菓子もより一層美味しくさせるひと役になっているのでしょうね。
あぁ、美味しいお茶飲みに台湾行きたいなぁ・・・(遠い目)
2006-06-09 14:59 | tomozo | URL   [ 編集 ]

紅茶もお勧め 

tomozoさんへ
お土産のお菓子は、あたりはずれがあるのだけれど、
美味しいのに出会ったら、本当に感激物ですよね。
日本で手に入らないとなるとますます憧れが募ります。

黒タピオカティーは、どうも、日本より台湾のほうが美味しいと思えてならない。
台湾では、ただの「コンビニで買った、紙パックのミルクティー」でさえ、
どういうわけかすごくおいしい。
これは気のせいなのか?
いや、やっぱり、味がしっかり濃いからなんだと思うんだけど。
日本の「甘さひかえめ」は、なんだか、不自然な気がするときがある。
本当の味じゃないっていうか・・・。
2006-06-09 19:25 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

遅まきながら、初めまして! 

ときどき、うちのブログにご訪問いただいておきながら、
こちらから訪れるのは初めてというご無礼、お許しください。

わー、SATOKOさん、エージェントだったのですね。すごいなあ。
旅行関係は激務であると聞いています。
ダイサンは教師なので、修学旅行関係などで、
大手代理店さんとの付き合いが多いですが、
添乗さんや営業さんは、いつも走り回ってますものね。
お体を大切に、ばりばり、人の夢を運んでください!
2006-06-10 15:11 | 弓道戦士ダイサン | URL   [ 編集 ]

ようこそ! 

弓道戦士ダイサン へ
かめこさんのお友達ですね。
あちらのブログでよくお見かけします。もう顔見知りな気分です。(笑)
本物の弓!ですね。その節はアーチェリーと間違ってごめんなさい。

旅行業は激務というほどではないですが、頭と体力はフルに使わないといけないですね。
添乗は大変ではありますが、それ以前の仕事が実はメインです。
添乗は仕上げってことですね。
それより前の準備、確認がしっかりできていれば、当日大変なはずは無いんです。
大手さんは企画と営業と手配と添乗が別々の人です。
自分で全て把握してないから、ちょっと大変なのかも。
旅行にアクシデントはつきものですし(笑)

仕事は手をかけるつもりなら本当にきりがない。
そして、人間が相手の、やり直しが効かない商売であること。
教師の仕事にも共通している点があるかも。です。
どうぞよろしくお願いします。
2006-06-10 15:46 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

ありがとうございます!! 

SATOKOさん、ありがとうございます!
では今から早速「猫空」(マオコン)にタイトル名を変えて
きます!!嬉しいです~~~~
2006-06-10 21:19 | 三毛猫 | URL   [ 編集 ]

今変更してきました☆ 

ここのタイトル名を変えてきました。
記事もお借りしました!!ありがとうございます!!

http://houdai.blog61.fc2.com/(猫空)
2006-06-10 21:45 | 三毛猫 | URL   [ 編集 ]

猫空。拝読してきました。 

三毛猫さんへ
ブログのタイトルになると、なんだか、雄大で豊かなイメージになりますね。
不思議です。
きっと猫空も三毛猫さんに出会えて喜んでいることと思います。
ブログのこと教えてくださって、ありがとうございました。
2006-06-11 15:53 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

海外かぁ… 

いまだに飛行機に乗ったことの無い自分には、縁遠い世界に思えてしまいます。
それに言葉の違いとかで苦労しそうだな、と最初から引け腰になっちゃってるのもありますけどね。
仕事でアメリカ人の方と一緒になった事がありまして、言葉がまるで通じずぼろぼろだったのですよ(σー`)

今は国内をもっと旅して、海外には定年を迎えた頃にゆっくりと…ってとこかな。



ブログのURL、入れていたと思ったら微妙に違ってたようですね。
今度は大丈夫とは思いますので。 失礼しました^^;
2006-06-11 21:32 | あんだーそん | URL   [ 編集 ]

猫空の管理人、三毛猫です 笑 

もうこの字、すごく気に入りました!で、猫空のテンプレも代えて、スタイルシートも代えて、画像をバックにして・・と今日は色々しました。へっへっへ。バナーも作りました。今日は家事ができませんでした・・とほほです~~
2006-06-11 21:42 | 三毛猫 | URL   [ 編集 ]

こんばんわ 

リンク、ありがとうございました!!
何故だろう、SATOKOさんの中にも私に似たものを
感じます。(笑)
不思議ですね。
2006-06-11 21:53 | なが | URL   [ 編集 ]

 

昔中国のお茶を飲んだことがありますが、おいしくなかったです。
台湾のお茶はおいしいんですかねぇ。
やっぱり緑茶が一番です☆
2006-06-12 05:46 | zai | URL   [ 編集 ]

今のほうがいい。こともあります 

あんだーそんさんへ
URLありがとうございます。これで、また遊びに行けますわ。

台湾は日本語はかなり通じます。
大きなホテルでは、日本語スタッフがいますし、
観光客の多いレストランには日本語メニューもあります。
治安は日本と同じ程度にいいし。
なにより、台湾人って明るいし、日本よりのんびりしてます。
決して怖いところではありませんよ。
むしろ、外国に来た感動が少なすぎ・・・。って気がするでしょう。

最近、アジアの諸都市は急激に近代化し、ものすごい勢いで景色が変っています。
便利になる反面、アジアのムードは失われつつあります。
10年どころか、5年で情報は使えなくなります。
今、しか出会えないものもありますから、
ず~っととっておかないで、気が向いたら行ってみてね。
2006-06-12 10:28 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

空色がすてき 

三毛猫さんへ
テンプレート、変えたんですか?
色も合ってるなあ。シンプルでいい感じ。と思ってみてました。
三毛猫さんも多芸ですね。
記事がかけないなんて、ご謙遜しすぎよ!
ますます、尊敬の念が。
2006-06-12 10:31 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

嬉しいです。 

ながさんへ
共感って、必ず、似たところがあるってことだと思うんですが、
ながさんにそういっていただけると「とても嬉しい!!!」です。

今後とも、お邪魔でしょうが、遊びに行かせてくださいね。
どうもありがとうございました。
2006-06-12 10:38 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

中国茶もおいしいはずですが・・・ 

Zaiさんへ
私も緑茶が一番好きです。
でも、紅茶も好きだし、ウーロン茶も美味しいと思います。
中国のお茶もとてもたくさん種類があって、高級なお茶はやはり美味しいです。
しか~し!!
今の中国って、何が驚くって、悲しいかな、食の安全性に全く無関心らしい。
「原料」に、何を使っているか、わからない危険性があるそうで、
漢方薬など、正直言って要注意だそうです。

きちんとしたルートで買い付けたお茶でないのなら、台湾茶のほうがお勧めかも・・・。

日本のお茶はたぶん、安全。ですよね。
2006-06-12 10:46 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

お茶で… 

SATOKOさん お元気ですか?
「安全なお茶」といえば、過日、銀ブラ(この言い方、古!)
していたら、ものすごーーーーーく 高い、お茶を販売している
お店を見つけちゃいました。
 (お茶だけでなく、ランチ、軽食もあるようでした。)
本店はフランス。取り扱うお茶は、中国茶から紅茶まで様々。
私は、そのプライスを見て、金か、プラチナかと思いました。
安くて、安全で、美味しいものがほしいですね。
2006-06-12 14:10 | 夢見るセブン | URL   [ 編集 ]

ものすごーーーーーく 高い、お茶 

夢みるセブンさんへ
金かプラチナのようなお茶。
きっと飲んだら病み付きになって破産するんでしょうね。
私のような庶民が試してはいけないと思われます。
普段、粗茶を飲みつけておりますゆえ。

フランスって基本はけちなくせに、
なんで高級なものはおもいっきり高いのでしょうね。
日本とは多分価値観が逆なのでしょう。
(と、いいつつフランス語を勉強し始めている私って・・・)
2006-06-12 16:45 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

破産 

その通りですワ。
中国の言い方で、「お酒に凝っても良いけれど
お茶に凝ると破産する」と。
お酒なら、破産する前に身が持たないらしいです。


2006-06-12 17:06 | 夢見るセブン | URL   [ 編集 ]

アル中ならいいの? 

夢みるセブンさんへ
身体よりお金が大事なのかい?(笑)
ある意味で、中国らしいというか、なんというか・・・。

日本でも「茶の湯」ははまると大変なお金がかかってくるらしいですね。
秀吉も金の茶室なぞ作ってみたりしていましたっけ。
お茶を飲むことにどうしてそんなにお金を掛けられるのでしょう?
摩訶不思議な世界です。奥が深いですね。
中国にもこんな雰囲気の茶坊はありますか?
2006-06-13 10:52 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

お茶の旅 

雰囲気のある茶坊は少ないですね
その代わり、杭州あたりの流行ですが、週末は、郊外のお茶農家に宿泊して、田舎料理とお茶と澄んだ空気を楽しんで帰るということがあるそうです。
「茶道」のルーツも中国
唐代には、お抹茶を飲む習慣が中国にもありましたが
その後、無くなってしまいました。
このルーツを辿る旅も面白いですよ。
天台山、径山寺など、お茶と禅宗が一緒。
だから「茶の湯」の奥が深くなったのでしょうか???

**秀吉の金の茶室-MOA美術館で見ました。

2006-06-13 11:57 | 夢見るセブン | URL   [ 編集 ]

すごいですね。 

コメント38っていうサイト、初めて見ました。(笑)

今日はちょっとお知らせに来ました。

「看護よ変われ」を「幸せのタネを蒔く」に改名しました。
(アドレスはそのままです。)
誠に勝手ではありますが、リンクのサイト名を変更して頂ければ幸いです。
今後とも、よろしくお願いします。
2006-06-15 10:42 | なが | URL   [ 編集 ]

MOA 私も観ました 

夢見るセブンさんへ

金の茶室ね。私も観ましたよ。
あの美術館の客寄せパンダですね。
おもしろいけれど、詫び錆びとかけ離れた世界で、
千利休さんはあの世でさぞ驚いてるでしょうね。

展示品よりむしろ、丘からの景色が気に入った記憶があります。
昔は添乗では写真をとらなかったので、山のような後悔があります。
2006-06-15 11:41 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

幸せのタネを蒔く 

ながさま

ブログ名変更ですね。すてき、ピッタリの名前になりましたね。
余計なお世話を言ってしまったかしらと思ってたので、良かったです。
これからも楽しみにしてます。ご連絡ありがとうございました。

PS.コメント数は更新をサボっていると言うのが原因で・・・。
すみませんっ!!今、すごく忙しくって!
がんばりますので、見捨てないで下さいね。
2006-06-15 12:14 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

いえいえ 

見捨てるだなんてそんな・・・。
親愛なるSATOKOさま
ずーっとお付き合い下さいね(笑)
2006-06-15 20:22 | なが | URL   [ 編集 ]

ありがとう。嬉しいです。 

ながさま皆様へ
更新遅れてすみません。
土日は添乗員になって来ます。
週明けにご報告します。では。行ってきます。v-222
2006-06-16 20:34 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

なるほど… 

仕事、お疲れ様です。
今回はどちらに行かれたんでしょう?
見てるだけでも旅をしてるような気分が味わえるので、更新がとても楽しみです。


自分は更新遅れてるのは気になりませんよ。
こっちなんて一月近くも放置気味なってしまってますし。
いい加減、北海道旅行の最終日をアップせねば…(汗)


旅行の道中に時間の都合で急かされるのでなく、今しか見られないであろう景色を見るために旅程を早める。
何か、近代化の波に急かされてるような気がします…

旅ってのはのんびりとする為のものだと思っているのですが、これでは少し本末転倒な感じがしますね。
でも、今しかないっていう景色を見たいって気持ちに偽りはないのも事実なので、機会を見つけて行って見たいと思います。

幸い言葉の壁も無さそうだし、後はパスポートが無いってのが問題だなぁ(苦笑)
2006-06-18 23:27 | あんだーそん | URL   [ 編集 ]

その点ヨーロッパは 

あんだーそんさんへ
おはようございます。添乗から帰って来ましたよ。
今回は群馬の水上温泉です。
添乗は国内1泊2日が多くて、ツアーではないので近場が多いです。
そのマンネリになりがちなコースをいかにアレンジするかが勝負どころだったりして。

アジアの近代化の波。
本当にせわしないですね。お気持ち、わかります。
でもね、特に要注意は中国です。上海がいい例です。
20年前まではまだ租界の名残があったというのに。。。
もはや面影はありません。完全に別世界です。

ヨーロッパは人も町も建物も、あまり「変らない」ですね。
変ることに価値を見出していないのですね。
その点では、とっておいてもそんなに心配ないと思います。
ただし、カナダやグリーンランドの氷河は温暖化でものすごい勢いで溶けているそうです。
とても心配です。

私の経験ではベルリンの壁が崩壊したのがショックでした。
歴史的にはすばらしいことですが、個人的には行ってみたかったんです。
もう存在しません。
やっぱり、行きたい時が行き時なんですよね。
2006-06-19 10:35 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

おかえりなさい、お疲れ様でした 

思い立ったが吉日…と行きたいところですが、現実はそうもいかないもので。
仕事やその他のしがらみをかいくぐっての旅行やツアー参加になる事が多い現代…
だからこそ、目当ての土地や建物に巡りあえた時の嬉しさや感動はひとしおなのかも知れないですね。

そんな旅のコースのアレンジをされてるSATOKOさんには、今更ながらに頭が下がる思いです(^-^A


今しかない景色を見るために。 自分もそういった旅をして見たいものです。
自分の場合、目的地でなくそれまでの道中が目的だったりする事がしょっちゅうなので…

でもその分、訪れた土地で思いがけず受ける感銘は大きいんですけどね(笑)


親近感を覚えるアジア諸都市もいいですが、まったく別世界とも言えるようなヨーロッパ諸国というのもまた面白そうですね。

日常から非日常への脱却、海外旅行にはそんなイメージを感じます。


うーん……何か文面が硬くなりがちな気がする。
もう少し砕けた感じで書き込みできればいいんですけども…努力します(^^;
2006-06-19 21:19 | あんだーそん | URL   [ 編集 ]

遅レスですみません。 

あんだーそんさんへ
ようやく記事更新なりました。
先週はパソコンで他の業務をやる余裕がゼロでした。
ごめんなさい。
添乗レポももうちょっと先になりそう(汗)

非日常=旅 だと思ってます。
だから、遠くに行かなくても「旅」はありかな。と。
そして、「道中が目的」これも、いいですね~。
点と点の旅。って確かに現代的ですが、そうでない旅も捨てがたいです。
列車や船や徒歩。
地べたをきちんと伝わっていくことで、その地にたどり着く時の感動はひとしおでしょう。
あんだーそんさんの旅の仕方。好きですよ。
2006-06-24 18:56 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。