スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

たくみの里 須川宿を訪ねてみよう

20060811131201.jpg

涼やかな水路にかかる孟宗竹の花壇

とても心をひかれる、すてきなアイディアです。

20060811131219.jpg

水車の家も、街の雰囲気をぐっと引き立ててくれますね。

記念撮影する人の姿もとても多いです。

ここは、群馬県みなかみ町、もとの新治村(にいはるむら)

たくみの里 です。

美しく整備された古い街並みは、観光のためのテーマパークではありません。
人が生活する街。

上の竹のガーデニングも地域住民のみなさんの協力で生まれました。

昔ながらの宿場町と農村。

その姿を守ろうと「観光と農業の共生」を目指した試みで、
その、成果は全国的にも知られます。

この「たくみの里」には、さまざまな「手作り工房」があり、
その1軒1軒に、その道の「匠」がいらっしゃいます。

手作業による作品を制作し、販売し、見学や体験もできる。
そんな、参加型の観光がここにあります。

歩くもよし、体験工房で手作りの品を作成するのもよし、お土産を買うのもよし。

と言うことで、ときどき、ここへは立ち寄らせていただいています。

20060811131131.jpg

三国街道・須川宿

この500~600mほどの街道には、火の見櫓、小学校など、
確かに人が住まっているという、生活を感じさせる風景が見られますが、
上手に景色を溶け込ませ、現代的な生活感は感じられないように
演出されています。

20060811131336.jpg

歴史国道 ご存知ですか?

旧建設省によって全国24箇所に設定されている道路で、

『歴史的、文化的価値を有する』道路。

いずれも、幹線道路として利用され、国として特に重要とされる道路。

世界遺産に登録された「熊野古道」などもそのひとつです。


この、須川宿は、越後から江戸への最短ルートでした。

三国峠近辺には、猿ヶ京温泉や苗場スキー場などの有名な観光地もありますね。

ここへ来ると、タイムスリップしたような、のどかな気分になれますよ。

ユニークですてきなお店がたくさんあります。
お気に入りの工房をぜひみつけてみてくださいね
たくみの里マップ

Scan10007.jpg

街道の直線エリアだけでなく、かなり広いエリアにお店は点在しています。
歩くのなら、2時間は欲しいところです。
貸し自転車も用意されていますので、効率よく回りたいなら自転車がお勧め。


ただし、住民の方の生活の場であることはお忘れなく。

とうもろこしやトマトなどの畑も、景色として味わってきてくださいね。
2006-08-11(Fri)
 
熊野古道熊野古道(くまのこどう)は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
[街-NAVI]  2007-08-01 15:08
三国街道三国街道(みくにかいどう)は、中山道の高崎市|高崎から分かれ、北関東と越後を結ぶ街道である。三国峠 (群馬県・新潟県)|三国峠は関東と越後を結ぶ交通路としてきわめて古くから利用されていたが、主要街道としての三国街道は、近世(江戸時代)に参勤交代に利用
[街-NAVI]  2007-08-01 16:12

コメントの投稿

非公開コメント

"涼"、ですなぁ 

水路への花壇、涼しげですね♪
季節を上手に過ごす景色、大好きです♪
そして緑も濃いですね~。
便利な東京からは正直離れられないけど、
人が住むにはこういう場所よね、と思います。^^

とうもろこしやトマト!
景色だけを味わうんですね!(笑)
それはちょっと辛いなぁ~。(笑)
2006-08-11 18:00 | Aya | URL   [ 編集 ]

採れたて売ってます 

Ayaさんへ
都会とは違う住まい方があるってことですね。
こういう価値観も大切だな。と、私も思います。

お店エリアからちょっとはずれると、畑がいっぱいの景色になります。
夏だったら、採れたてのトマトやとうもろこし。
店先で売ってますよ。
トマトは水で冷やしてそのままがぶり。です。
ここの名物は手打ち蕎麦とこんにゃく。

「景色だけ」って言ったのは、畑に勝手に入らないでね。っていう意味でした。
誤解させてごめんなさいね。
2006-08-11 18:11 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

 

 良さそうな場所ですねぇ。
 こんなところに絵を描きに行ってみたいものです。
2006-08-12 17:43 | のび太 | URL   [ 編集 ]

水彩画が似合いそうです 

のび太さま
絵にしたら面白いかもしれないですね。
ぜひ、のび太さまに描いていただきたいと思います。

この日はお天気が雨がちでしたが、青空だと遠くの山がきれいです。

そういえば、放送用のカメラの機材を持って歩いていたグループにも会いましたよ。
2006-08-12 18:17 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

涼やかな水路にかかる孟宗竹の花壇 

e-68こんばんは~^^今夜は忘れず絵文字付けたぞっ!って、、、ココはSATOKOさんとこでした(笑)

群馬ですと尾瀬・岩鞍、川場辺りは若かりし頃スキーでよく行きました^^
夏のみなかみも情緒溢れ良さそ~ですね。
「涼やかな水路にかかる孟宗竹の花壇」も素敵♪
で、どんな体験があるのですか~?!
2006-08-13 00:25 | tomozo | URL   [ 編集 ]

冷やしトマト、美味しいですよね^^ 

こんにちは。
とても素敵な場所なのですね。
他の方もおっしゃっておいでですが、私も
「水路にかかる花壇」、発想の素敵さに一目惚れしました。
水の綺麗な里なのですね。

まだ学生の頃に、友人と4人で河口湖の辺りですが
旅行した時に、機織の見学が出来るというおうちに
畑がありまして…
水で冷やしたトマトを頂きました。
都会のスーパーで買うものとは違い、甘くてびっくりしました^^
あの美味しさ、まだ他では味わっておりません。
やはり野菜は採れたてが一番美味しいんですね。

次の週末は主人の実家、岐阜県岐阜市に行ってきます。
何やら一泊でどこか近場に行くかもしれないとのこと、
どこへ行くのか楽しみです。
2006-08-13 16:14 | 銀猫 | URL   [ 編集 ]

涼やかな水路にかかる孟宗竹の花壇 

e-365こんばんは~^^
ウケてるんですけどぉ。e-68さん。

というのは、さておき。
いやぁ、これ、ステキです!
かわいくて、ナイスアイディアで、とっても好みv-346
2006-08-14 00:36 | かめこ | URL   [ 編集 ]

 

v-63ダイサンです。ご無沙汰です。
おや、久しぶりにのぞいてみたら、
かめこねえさんもおいででしたか。↑

群馬県須川ですか。渋いですねえ。
北関東は不案内なので、こういう情報、大好きです。
いつか再びライダーに戻るときがあったら、
訪れてみたい町です。

ダイサンの住んでる街も、田舎ですが、
半端に田舎なので、良くないです。
ほら、町が国道を中心に形成され、
郊外型の大型店や自動車ディーラーの看板があふれるような地方都市。

もそっと静かな街にすみたいわあ。
2006-08-14 21:56 | 弓道戦士ダイサン | URL   [ 編集 ]

 

涼しげでいい場所ですねぇ。
とりあえず水車に心を揺さぶられました!
昔は表に水車をあしらった蕎麦屋なんてのもけっこうあった気がするけど
最近はああいうの見かけませんね。

日本って水が豊かで、水を大事にしてきたでしょ。
こんな水車の文化、復活してほしいなぁ。
たくみの里ももちろんいいんだけど
いろんな場所で写真のような光景が見たいです。
2006-08-14 22:54 | ロッキン | URL   [ 編集 ]

では、お次に体験メニューを 

e-68tomozoさんへ
一気にコメント欄が華やぎましたね。どうも、ありがとう。
かめちゃんのページにきちゃったかと思いました(笑)。

ほとんどの工房で、何らかの体験メニューをようしているんですが、
面白いところでは、「農業体験」と言うのがあるそうです。
次に、体験メニューの記事アップしますね。
また、見に来てください!
2006-08-15 13:48 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

三国峠 

銀猫さんへ
谷川連峰をしょってますから、きっと水は清涼でしょう。
かつては、生活用水に使われていたと見え、
家々の前には流れに降り立つための石段がありました。
私も水に触れてみましたが、気持ちが良かったです。

三国峠とか三国山というのは、全国にあるらしいですが、
岐阜にも有名な三国山がありますね。
岐阜のお話も楽しみにしております。
お気をつけて、いってらっしゃいませ。
2006-08-15 13:58 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

花のある街並みに 

e-365かめこさんへ
このたくみの里では、花のある街並みを目指しているらしく、
季節に応じた花が植えられています。
といっても、公園のような大掛かりな物ではなく、
おそらくは、住民のみなさんの協力によって実現しているらしいです。
『オープンガーデン』というのも、見られるようになりましたね。
関東圏内では、伊豆高原、小布施、軽井沢などがあります。
最近はブームみたいで、この試みはあちこちで増えているみたいです。

日本にも公共のエリアを美しく。個人の財産も多くの人に恩恵を。
という傾向が見られてきて、嬉しいことだと思います。
2006-08-15 14:09 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

わが町 

v-63ダイサンさんへ
色気のない地方都市って、共通の景色がありますよね。
なんだか、そっくり想像できそう。
生活の利便を考えると、どうしても、そうなるのでしょう。

でも、そんな中でも、きっと自然を取り入れたり、ゆとりの街並みを作ったり、
独特のアイディアでちょっぴりデザイン化してみたり、
ということはできるはずなんですよね。
街にどうあって欲しいか。
そのコンセプトがなさすぎたんでしょう。今の日本は。
わが町を愛せるといいですね。
どんな街も将来的にそんな街にしていきたいですね。
2006-08-15 14:15 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

水車といえば 

ロッキンさんへ
都会人には適度にのんびり、なおかつ「ひなび」過ぎない。
と言うのでないと、ウケないので、ここは、結構いいバランスです。

水車といえば、私のイメージは信州安曇野の「大王わさび園」
ここには、黒澤監督の「夢」という作品のロケに使用された
水車小屋が残されています。
わさび畑の中にあるだけなんですが、それでもやはり「絵」になるんですね。
日本の原風景を体感したいなら、あの映画は「お勧め」です。
黒澤映画としては、映画ファンには評価されていないみたいですが、
監督は、愛する日本の美を、ぜひ後世に伝えたいと思ったに違いない。
と、私は思っています。
2006-08-15 14:26 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

日本の風景 

こんな感じの風景っていいですね。
しかも この水路、いいなー^^
『観光と農業の共生』初めて知りました。大賛成です^^
こういうところを、プラプラあるいてみたいですねぇ。
2006-08-15 18:20 | とろける、Pokopen | URL   [ 編集 ]

壮大なテーマですね 

Pokopenさんへ
大きく出たな。って思いましたよ。
でも、この「ビジネスモデル」は成功していると思いますよ。

たくみの里は、「里」ですから、普通に民家があります。
当然、入園料などはないわけです。
(最近、完全に人工的な、体験パークがいろいろできています)

観光的に有名な「宿(じゅく)」は過去にも多くありました。
大内宿、妻籠宿、馬籠宿そのたいろいろ。
でも、ここはそのどことも違いますね。
歴史の中の宿をそのまま保存したのではないからです。
本物ではないですが、そのさじ加減がいい感じ。ちょっとおもしろいと思います。
2006-08-15 18:38 | SATOKO | URL   [ 編集 ]

プロフィール

SATOKO

Author:SATOKO
旅行のお仕事をしています。
トラベルユアーズ という小さな旅行会社です。
業界の端っこに生息する私達はエージェント。
旅行のパートナーです。
旅のお話しいろいろ、いっしょにお話しませんか?
お気軽にコメントくださいね。

Click Here!

人気blogランキングへ ←参加してます。 よろしくね。
黒猫clock
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。